篠田桃紅展

東京オペラシティ アートギャラリー

  • 開催期間:2022年4月16日(土)〜2022年6月22日(水)
  • クリップ数:30 件
  • 感想・評価:2 件
篠田桃紅展 東京オペラシティ アートギャラリー-1
篠田桃紅展 東京オペラシティ アートギャラリー-2
篠田桃紅展 東京オペラシティ アートギャラリー-3
《熱望》2001年、墨・朱・銀地/カンヴァス、150.0×100.0cm、公益財団法人岐阜現代美術財団蔵
Eager, 2001, Sumi, Cinnabar Paint, Silver Leaf on Canvas, 150.0×100.0cm, Gifu Collection of Modern Arts Foundation
《舞》2001年、墨・銀泥/和紙、150.0×104.0cm、公益財団法人岐阜現代美術財団蔵
Play, 2001, Sumi, Silver Paint on Paper, 150.0×104.0cm, Gifu Collection of Modern Arts Foundation
《墨》1955年、墨/和紙、69.5×69.5cm、鍋屋バイテック会社蔵
Sumi, 1955, Sumi on Paper, 69.5×69.5cm, Nabeya Bi-tech Kaisha
篠田桃紅展 東京オペラシティ アートギャラリー-1
篠田桃紅展 東京オペラシティ アートギャラリー-1
篠田桃紅展 東京オペラシティ アートギャラリー-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

篠田桃紅(1913[大正2]-2021[令和3])は、70年を越える長きにわたる活動を通して、孤高の位置をまもりながら、前衛書から墨による独自の抽象表現の領域を拓き、探究しつづけました。

中国大連に生まれ、東京で育った篠田は、自立した生き方を求めて書の世界に身を投じ、戦後まもなく、40歳を越えて単身ニューヨークに渡り活動の場を大きく拡げます。新しい表現を求める熱気あふれるこの時代、欧米の抽象芸術と日本の前衛書が時代の先端で響きあうなか、篠田の表現は大きな注目と高い評価を獲得したのです。

帰国後は、書と絵画、文字と形象という二分法に囚われない、墨によるまったく新しい独自の抽象表現、空間表現を切り拓き、ときに建築的なスケールにまで及ぶ制作によって、他の追随を許さない位置を確立しました。

篠田はまた、版画の世界でも固有の表現を確立し、さらに豊かな教養と繊細な感性、そして怜悧な批判精神に裏打ちされたエッセイの名手としても、ひろく人々から愛されました。惜しくも107歳で逝去した篠田の没後1年をへて開催される本展は、桃紅の長きにわたる活動の全貌を紹介するとともに、その広い射程と現代性を今日的な視座から検証するものです。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年4月16日(土)〜2022年6月22日(水)
会場 東京オペラシティ アートギャラリー Google Map
住所 東京都新宿区西新宿3-20-2
時間 11:00〜19:00 (最終入場時間 18:30)
休館日 月曜日 
ただし5月2日は開館
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
大・高生 800円(600円)
中学生以下 無料
  • ※同時開催「収蔵品展073 1960-80年代の抽象」「project N 86 諏訪未知」の入場料を含みます
    ※( )内は各種割引料金。障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。割引の併用および入場料の払い戻しはできません
TEL050-5541-8600 (ハローダイヤル)
URLhttps://www.operacity.jp/ag/

東京オペラシティ アートギャラリーの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京オペラシティ アートギャラリー 東京オペラシティ アートギャラリー

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

書の魅力

ずっと気になっていて、やっと観にいくことができた。
どれもクールでかっこよく、大満足。
太い線や面が描かれるものよりも、私は初期のほうの「文字の形」が現れている作品にひかれた。リ・ウーファンと比較してみたい作品もあり、とても興味深かった。
実際に筆を持って作品を描いているところが観られる映画作品は、必見。

  • 0
  • BY m.m

5.0

大胆で自由で緊張の世界

初期から晩年まで長い作家人生を百を超える作品で紹介。
初期の前衛書から墨を使った絵画へと素晴らしい作品ばかり。
大画面に黒々と引かれた太い線、そこにスッと入る赤や金の鋭い線が緊張感をもたらし、単純なはずの線が物凄いエネルギーを持って広がる。
とてつもなくモダンでかっこいい!
ショップでは著作も沢山扱っている。エッセイは歯切れ良い文が楽しい。
菊池寛実智美術館でも6/16から展覧会が始まるので楽しみだ。

THANKS!をクリックしたユーザー
Tarさん、morinousagisanさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都新宿区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

《熱望》2001年、墨・朱・銀地/カンヴァス、150.0×100.0cm、公益財団法人岐阜現代美術財団蔵
Eager, 2001, Sumi, Cinnabar Paint, Silver Leaf on Canvas, 150.0×100.0cm, Gifu Collection of Modern Arts Foundation

《舞》2001年、墨・銀泥/和紙、150.0×104.0cm、公益財団法人岐阜現代美術財団蔵
Play, 2001, Sumi, Silver Paint on Paper, 150.0×104.0cm, Gifu Collection of Modern Arts Foundation

《墨》1955年、墨/和紙、69.5×69.5cm、鍋屋バイテック会社蔵
Sumi, 1955, Sumi on Paper, 69.5×69.5cm, Nabeya Bi-tech Kaisha

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE