EXHIBITION

「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念
アーノルド・ローベル展

市立伊丹ミュージアム

  • 開催期間:2022年4月22日(金)〜2022年6月5日(日)
  • クリップ数:19 件
  • 感想・評価:2 件
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-1
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-2
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-3
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-4
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-5
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-6
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-7
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-8
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-9
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-10
『ふたりはともだち』(1970)より「おてがみ」スケッチ
Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1970 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.
『ふたりはともだち』(1970)「すいえい」原画(墨版)
Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1970 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.
『ふたりはきょうも』(1979)表紙下絵
Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1979 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.
「がまくんとかえるくん」全 4 冊の合本表紙原画(墨版)
Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1979 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.
『ジャイアント・ジョン』(1964)試作本
Collection of The Eric Carle Museum of Picture Book Art, Gift of Adrianne and Adam Lobel, The Estate of Arnold Lobel. © 1964 Arnold Lobel.
『よるのきらいなヒルディリド』(1971) 原画
Collection of The Eric Carle Museum of Picture Book Art, Gift of Adrianne and Adam Lobel, The Estate of Arnold Lobel. © 1971 Arnold Lobel.
『ふくろうくん』(1975)表紙下絵
Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1975 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.
『ローベルおじさんのどうぶつものがたり』(1980)原画
Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1980 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.
『The Book of Pigericks』(ピゲリックス/未訳 1983)原画
Collection of The Eric Carle Museum of Picture Book Art, Gift of Adrianne and Adam Lobel, The Estate of Arnold Lobel © 1983 Arnold Lobel.
アーノルド・ローベル(1973) Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © Adam Lobel.
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-1
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-1
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-1
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-1
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-1
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-1
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-1
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-1
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-1
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 市立伊丹ミュージアム-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

深い友情で結ばれたふたりのかえる「がまくんとかえるくん」。この物語は日本でも小学校の教科書に採用されるなど、シリーズ最初の本が出版されてから半世紀を経た今なお世界中で愛されています。

生みの親であるアメリカの絵本作家アーノルド・ローベル(1933-1987)は、子どもの頃から絵やお話づくりが好きで、絵本作家になることが夢でした。そして、54年の短い生涯を閉じるまでの間に100冊もの絵本を世に送り出しました。

ローベルを日本ではじめて本格的に紹介する本展では、エリック・カール絵本美術館との共同企画により、代表作である「がまくんとかえるくん」のシリーズ全4冊をはじめ、『ふくろうくん』や『ローベルおじさんのどうぶつものがたり』など約30冊の絵本を、貴重な原画や下絵、スケッチなど約200点とともに紹介します。

あわせて、「つみきのいえ」で知られるアニメーション作家の加藤久仁生が、がまくんとかえるくんの日常を描いたアニメーション作品「一日一年」も特別上映します。ユーモラスで温かいローベルの世界を、ぜひお楽しみください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年4月22日(金)〜2022年6月5日(日)
会場 市立伊丹ミュージアム Google Map
展示室展示室 2・3・4
住所 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
・月曜日が祝日にあたるときその翌日
・年末年始(12月29日~1月3日)
・展示入替期間
観覧料 一般 1,000円 (900円)
大高生 700円 (600円)
中小生 400円 (300円)
  • ※( ) 内は20名以上の団体料金
TEL072-772-5959
URLhttps://itami-im.jp/

市立伊丹ミュージアムの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

市立伊丹ミュージアム 市立伊丹ミュージアム

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

ファンには嬉しい

美術館自体、かなりご無沙汰してたところ、リニューアルされたばかりの伊丹市立ミュージアムまで、大好きながまくんとかえるくんに会いに行ってきました。

初期の作品から、がまくんとかえるくんシリーズの制作の裏側がうかがえる編集者とのやりとり、今回のために制作されたアニメーションまで、想像を裏切らない内容でした。段ボールの什器も新鮮でした。

アーノルド・ローベル自身に関する資料で、作家に対する興味が増しました。生い立ちから趣味までを辿ることができ、えー、そうだったの?という事実を知ったり、動画をみて本人が生き生きしてかっこよかったんだな、と思ったりして、作品がまたちがった味わいに感じられそうです。

がまくんとかえるくんは、がさつな人には教えたくないようなデリケートさがあるので、ガシッと万人の心をつかむような展覧会ではないとは思いますが、これでちょうどいいのでしょう。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん、morinousagisanさん

4.0

かわいさだけじゃないことが、惹きつけられる理由

絵本を読んでいつも感じていた、優しいけど優しくないような、違和感のような、引っかかりの理由。喜びもあれば、悲しみもある。ローベルは「真実」を語ることを大切にしていたからだとわかったような気がします。エンピツの線は力強く、今にも飛び出てきそうな迫力。編集者の赤入れや、やりとりのメモ、レイアウトなど、アナログ手書き好きの心をとらえてはなしません。展示空間の色合い、段ボール素材で作られた作品ケースも新鮮で、場に包み込まれる雰囲気。読んだことがなかった「がまくんとかえるくん」以外の作品を読む楽しみができました。注意すべきは、ミュージアムショップでの散財!大きめのエコバック持参をお勧めします。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん、他1人

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
兵庫県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE