特集展示 雛まつりと人形

京都国立博物館

  • 開催期間:2022年2月19日(土)〜2022年3月21日(月・祝)
  • クリップ数:4 件
  • 感想・評価:1 件
特集展示 雛まつりと人形 京都国立博物館-1
立雛(次郎左衛門頭) 京都国立博物館
特集展示 雛まつりと人形 京都国立博物館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

華やかな御殿飾り雛を中心に、各種の雛人形とさまざまな京人形を展示します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年2月19日(土)〜2022年3月21日(月・祝)
会場 京都国立博物館 Google Map
展示室平成知新館1F-2
住所 京都府京都市東山区茶屋町527
時間 9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • ※夜間開館は実施しません
休館日 月曜日 
※ただし、2022年3月21日(月・祝)は開館
観覧料 一般 700円
大学生 350円
  • ※本観覧料で当日の平成知新館の全展示を観覧できます
    ※大学生の方は学生証を要提示
    ※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものを要提示)
    ※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は無料です
    (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
    ※キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証を提示いただくと無料になります
TEL075-525-2473 (テレホンサービス)
URLhttps://www.kyohaku.go.jp/jp/project/hina_2022.html

京都国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

京都国立博物館 京都国立博物館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

いろいろなカタチの雛人形。

展示室に所狭しと並ぶ雛人形や京人形たち。しかし、現代の一般家庭で見る雛人形とは印象が違います。立雛から坐雛へ、また「寛永雛」「享保雛」「次郎左衛門雛」などなど、趣の異なる雛人形が並んでいて、違いを見比べるのが面白いです。
そして「御殿飾り雛」は京都の旧家伝来品ということもあり、とても立派です。人形に表情や動きがあるし、おくどさん(かまど)の火が燃えてる感じやススが付いた感じも再現度が高く、博物館のジオラマのようです。
小さくてかわいい雛食器も展示されていて、ミニチュア好きは心躍ります。

ひとつひとつの作品を単体で展示するだけではなく、寄贈者が違う(来歴の違う)人形や雛道具、屏風などをうまく組み合わせて飾っていたりと、展示方法にも工夫が感じられました。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

立雛(次郎左衛門頭) 京都国立博物館

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE