すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合

大阪中之島美術館

  • 開催期間:2022年10月22日(土)〜2023年1月9日(月・祝)
  • クリップ数:13 件
  • 感想・評価:3 件
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-1
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-2
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-3
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-4
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-5
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-6
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-7
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-8
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-9
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-10
吉原治良「作品」1962年 東京都現代美術館
田中敦子「電気服」1956/86年 高松市美術館
撮影|加藤成文©Kanayama Akira and Tanaka Atsuko Association
松谷武判「繁殖 65-24」1965年 国立国際美術館
白髪一雄「天暴星両頭蛇」1962年 京都国立近代美術館
嶋本昭三「1962-1」1962年 大阪中之島美術館
白髪⼀雄「ミスター ステラ」1958年 大阪中之島美術館
名坂千吉郎「作品」1970ca. 宮城県美術館
名坂有子「作品」1960年 宮城県美術館
元永定正「作品」1962年 東京都現代美術館
吉原治良「作品(黒地に白丸)」1967年 大阪中之島美術館
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-1
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-1
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-1
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-1
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-1
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-1
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-1
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-1
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-1
すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 大阪中之島美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

具体美術協会は、1954年、兵庫県の芦屋で結成された美術家集団です。画家の吉原治良(1905-72)を中核に据えたこの集団は、絵画をはじめとする多様な造形実践をとおして、「われわれの精神が自由であるという証を具体的に提示」しようとしました。吉原による指導のもと、会員たちがそれぞれの独創を模索した18年の軌跡は、いまや国内外で大きな注⽬を集め、戦後日本美術のひとつの原点として、なかば神話化されるに至っています。

本展覧会は、そんな具体の歩みを、「分化」と「統合」というふたつの視点からとらえなおす試みです。誰の真似にも陥らず、互いに異質であろうとしながら、あくまで⼀個の集団としてまとまろうとするその姿勢は、吉原の考える美術のあるべき姿、つまり「人間精神と物質とが対立したまま、握手」している状態とも、重なりあうものだと言えるでしょう。

大阪中之島美術館と国立国際美術館、2会場によって構成される本展覧会は、具体の活動拠点である「グタイピナコテカ」が建設された地、大阪の中之島で開催される初の大規模な具体展です。大阪中之島美術館で具体を「分化」させ、それぞれの独創の内実に迫りつつ、国立国際美術館では具体を「統合」し、集団全体の、うねりを伴う模索の軌跡を追う。それによって⽬指すのは、新しい具体の姿を提示することにほかなりません。解散後50年となる2022年、「すべて未知の世界へ」と突き進んでいった彼ら/彼女らのあゆみをご覧ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年10月22日(土)〜2023年1月9日(月・祝)
会場 大阪中之島美術館 Google Map
展示室5 階展示室
住所 大阪府大阪市北区中之島4丁目3-1
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
12月31 日(土)、1月1日(日・祝)
※ただし、1月9 日(月・祝)は開館
観覧料 ⼀般 1,400円(1,200円)
大学生 1,100円(900円)
館国立国際美術館との共通券 2,500円
  • ※高校生以下・18歳未満無料(要証明)
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※心身に障がいのある方とその付添者1名について半額(要証明)
TEL06-6479-0550(代表)(9:15-18:00)
URLhttps://nakka-art.jp/exhibition-post/gutai-2022/

大阪中之島美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

大阪中之島美術館 大阪中之島美術館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

知らない具体の作家がたくさん見られる

 具体美術協会のメンバーとしては、吉原治良、白髪一雄、田中敦子、元永定正、嶋本昭三、村上三郎、今井祝雄、上前智祐、堀尾貞治、正延正俊、松谷武判、向井修二、山崎つる子、ヨシダミノルあたりまでは見たことがあるが、初めて見る作家が多いのに驚いた。
 今後は個々の作家を深堀りする展覧会も見たい。特に山崎つる子。晩年のシンナーで薄く溶いたラッカーをブリキに流した作品は今回は展示されていなかったが、良い作品だ。それと、2020年東京オペラシティアートギャラリーで新型コロナ禍によって途中休館しそのまま閉幕して見逃した白髪一雄の個展も見たい。

4.0

具体という捉えどころのない集団の特徴を捉える試み

中之島美術館と国立国際美術館の同時開催。隣り合ってるし、併せて行くのがおすめです。

具体は18年も続いてメンバーも多く、一枚岩でない集団だと思いますが、その中でも個々の活動の特性が分かった気がします。

田中敦子の電気服を見られて嬉しかったです。何分かに一回、30秒だけ点灯してました。菅野聖子の幾何学的な作品も好きでした。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

REPORT

おもろうて やがて哀しき 具体かな

会場に入るとまず目に入るのが押しボタン1個。田中敦子の作品とある。
いきなりわけのわからん具体作品の登場だなぁと思うも、作品には手を触れないでくださいとの注意書きはない。

あれ?ひょっとして?と、近くに立ってる係員のかたに聞…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
さいさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
大阪府で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

吉原治良「作品」1962年 東京都現代美術館

田中敦子「電気服」1956/86年 高松市美術館
撮影|加藤成文©Kanayama Akira and Tanaka Atsuko Association

松谷武判「繁殖 65-24」1965年 国立国際美術館

白髪一雄「天暴星両頭蛇」1962年 京都国立近代美術館

嶋本昭三「1962-1」1962年 大阪中之島美術館

白髪⼀雄「ミスター ステラ」1958年 大阪中之島美術館

名坂千吉郎「作品」1970ca. 宮城県美術館

名坂有子「作品」1960年 宮城県美術館

元永定正「作品」1962年 東京都現代美術館

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE