山本大貴 - Dignity of Realism -

千葉県立美術館

  • 開催期間:2022年1月25日(火)〜2022年3月21日(月・祝)
  • クリップ数:15 件
  • 感想・評価:4 件
山本大貴 - Dignity of Realism - 千葉県立美術館-1
山本大貴 - Dignity of Realism - 千葉県立美術館-2
山本大貴 - Dignity of Realism - 千葉県立美術館-3
山本大貴 - Dignity of Realism - 千葉県立美術館-4
山本大貴 - Dignity of Realism - 千葉県立美術館-5
山本大貴:Standing Figure(feat.IKEUCHI HIROTO)
山本大貴:Aeolian Harp
山本大貴:the Third Kind(feat.IKEUCHI HIROTO)
山本大貴:the Lilac Fairy(from "Sleeping Beauty")
山本大貴:Sound+Around+-2021-
山本大貴 - Dignity of Realism - 千葉県立美術館-1
山本大貴 - Dignity of Realism - 千葉県立美術館-1
山本大貴 - Dignity of Realism - 千葉県立美術館-1
山本大貴 - Dignity of Realism - 千葉県立美術館-1
山本大貴 - Dignity of Realism - 千葉県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

千葉市出身の山本大貴(1982~)は、写実絵画の次代を担う画家です。

映画を撮るようにモデル、衣装、小道具、照明を綿密に計算して演出し、気品あふれる女性像から、精巧なデバイスをまとった女性像まで、「現代の中に生きる写実絵画」を提示し続けています。

本展は、美術館での初の個展となります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年1月25日(火)〜2022年3月21日(月・祝)
会場 千葉県立美術館 Google Map
展示室第1、2展示室
住所 千葉県千葉市中央区中央港1-10-1
時間 9:00〜16:30 (最終入場時間 16:00)
休館日 月曜日 
3月1日(火)
※ただし月曜日が祝日に当たるときは開館し、翌日休館
観覧料 一般 300円
高校・大学生 150円
65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は無料
TEL043-242-8311
URLhttp://www2.chiba-muse.or.jp/ART/

千葉県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

千葉県立美術館 千葉県立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

とにかく可愛くて美しい

浅見錦龍展を目当てに千葉県立美術館に行った際に、たまたま開催されていたので鑑賞しました。

これまで山本大貴氏を知りませんでしたが、圧巻でした。
まず驚いたのがリアルさ。
非常に写実的で繊細な表現。
リアルな女の子以上に透明感があって可愛くて綺麗で目を奪われました。
途中には洋服が展示してあって、絵のためにデザインさせたのかと思うと脱帽です。
中にはバレリーナやメカと少女などのシリーズがあり、どれも見応え充分でした。

入館料も300円と安価で、大変満足な展覧会でした。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん

4.0

近年隆盛している写実絵画の代表者

 近年、迫真の写実絵画が隆盛している。そのうちの代表的画家。
 特徴は、
・ほとんどの支持体が、カンバスでなくパネル
・マチエールが油絵の具にしては意外に艶消し。方解石などの細かい粉状の物質を混ぜているのかも知れない。
・構図的には、近景にはカーテンや椅子等を配し、遠景には窓の外等を描いているが、どちらも焦点をぼやかしており、カメラの光学的な視覚を利用した表現を用いている。このあたりは、フェルメールを研究した成果かも知れない。
 個人的にはバレリーナやメカニックよりも室内女性像が好み。

5.0

人気の写実画家 山本大貴

山本大貴(やまもと・ひろき)氏は千葉県出身の写実画家で、千葉県立美術館としては地元出身者ということで一押しの画家です。1982年生まれで40歳になります。
写真のように細密に描かれた人物画、それも美しく若い女性がモデルです。
衣装、調度品などや照明についても細かく演出されています。
展覧会は写真撮影OKでした。
貴重なのは、大学、大学院卒業時に描いた作品が展示されていること。
美しい女性モデルに、乙女チックな衣装を身につけてもらって、やわらかな陰影で写実的に描く他に、女性にメタリック、メカニックなモノを身につけて描く、バレエダンサーの踊っている一瞬を描くというシリーズもあります。
単に写真のようにきれいというのではなく、どんなポーズで、どんな衣装を身に着けるかにこだわって、新境地を開いてきている山本大貴氏は、目が離せないアーティストです。
東京方面から千葉県立美術館まで行くのは遠いかも知れませんが、たった300円の入場料で満足できる展覧会なので、ぜひお越しください。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん

5.0

次代の写真絵画を担う大人気の作家、初の美術館での個展

画廊での個展、即完売の人気作家、美術館での初個展です。初期から新作まで42点、クラシック、現代、近未来、バレエダンサーの各シリーズから、まんべんなく代表作中心に展示されております。当然ながら個人蔵作品を中心に全国から集め展示しているので、実物は本展示以後再び観れる保証はありません。必見です。会場は大盛況でした。?️可、SNS投稿可。

  • 1
  • BY TK

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
千葉県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

山本大貴:Standing Figure(feat.IKEUCHI HIROTO)

山本大貴:Aeolian Harp

山本大貴:the Third Kind(feat.IKEUCHI HIROTO)

山本大貴:the Lilac Fairy(from "Sleeping Beauty")

山本大貴:Sound+Around+-2021-

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE