美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

千葉県立美術館Chiba Prefectural Museum of Art

千葉県立美術館

千葉県立美術館についてABOUT Chiba Prefectural Museum of Art

京葉線千葉みなと駅から整った街路を歩き約10分、広い敷地をもつ千葉県立美術館が姿を現す。印象的な傾斜屋根の下には全8室の展示室や講堂、アトリエが広がる。設計者は建築家の大高正人。近隣の緑豊かな美しい公園と千葉ポートタワーと併せて憩いの時間を過ごすことができる。

千葉県立美術館は、県ゆかりの美術資料を中心に収集、保管して後世に継承している。また、「みる・かたる・つくる」を活動理念に掲げ、新たな知見の創造と美術振興、美術活動をとおした人材育成と地域づくりに取り組んでいる。

◆みる
近・現代美術に焦点を当て、千葉県にかかわりのある美術家の作品を中心に、国内外の美術家の作品を収集する。特に、近代日本洋画の先駆者として活躍した浅井忠やその師弟(フォンタネージ、梅原龍三郎、石井柏亭など)、周辺美術家(ミレー、コロー、クールベなど)の作品、また近代日本工芸の発展に尽力した金工家の香取秀真、津田信夫を中心とした金工史上の代表的な美術家の作品をはじめ、千葉県ゆかりの代表的な美術家を柱とした体系的な収集を行う。

【アート・コレクション展】
本館が収蔵する日本画・洋画・彫刻・工芸・書・版画の各作品及び関係資料によりテーマを設けながら順次展覧する。

【企画展】
近代美術の展開や現代美術の動向などを紹介する展覧会を開催する。

【移動美術館】
県内の広範な地域の人々に優れた美術作品を鑑賞してもらうため、収蔵作品を中心とした巡回展を開催する。

◆かたる
美術作品を見て、その感動を互いに語り合い、楽しみながら鑑賞力を培うことを目的として、講演会の開催や美術図書の公開、その他各種イベントを行う。

◆つくる
多彩な実技講座や、子どもから大人まで楽しめるワークショップの開催等により、つくる喜びを感じる創作体験の場を提供する。

【沿革】
1968(昭和43)年にまとめられた県立博物館設置構想に基づき、1973(昭和48)年4月、教育庁文化課に美術館準備班が置かれ、開館準備が始められた。1974(昭和49)年3月に展示棟が竣工され、同年4月1日に機関設置された後、10月23日に美術館が開館。1976(昭和51)年2月に管理棟、1980(昭和55)年2月に県民アトリエ棟が完成し、1988(昭和63)年に第8展示室と収蔵庫、機械室が増築される。2013(平成25)年1月から2年間の耐震補強等改修工事による休館を経て、2015(平成27)年1月23日に再開館した。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒260-0024 千葉県千葉市中央区中央港1-10-1  TEL 043-242-8311
千葉県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

千葉県立美術館 公式サイトURL
http://www2.chiba-muse.or.jp/ART/index.html
所在地
〒260-0024 千葉県千葉市中央区中央港1-10-1
TEL 043-242-8311
最寄駅
JR京葉線・千葉都市モノレール『千葉みなと』駅下車(徒歩約10分)

JR総武線 『千葉駅』西口から《26番のりば》千葉みなとループバス千葉ポートタワー行「県立美術館入口(千葉みなとリハビリ病院)」下車(徒歩3分)
開館時間
開館時間 09:00〜16:30
定休日
月曜日 年末年始 
定休日についての追記事項
月曜日が祝日・振替休日に当たるときは開館し、翌日休館
入館料・観覧料
<常設展:アート・コレクション(収蔵作品展)>
一般 300円(240円)
高校・大学生 150円(120円)

<企画展・特別展>
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。

入館料・観覧料についての追記事項
※( )は20名以上の団体料金
※65歳以上/中学生以下/障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は無料
※企画展、特別展は別途料金が必要
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ちばけんりつびじゅつかん

千葉県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

千葉県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中絵のみち・祈りのこころ ー日本画家 後藤純男の全貌ー

会期:

大自然や古寺の崇高な美しさを生涯追求した日本画家、後藤純男の初期から晩年までの画業を作品60点余とスケッチや写真等をたどりつつ過去最大規模で紹...

絵のみち・祈りのこころ ー日本画家 後藤純男の全貌ー

これまでに千葉県立美術館で開催された展覧会

会期終了志村信裕展

会期:

映像インスタレーションを国内外で多数発表している現代美術家・志村信裕の作品展示。 木漏れ日、花火、川の水面を漂う光など、光や色彩の感覚を全身で感じることのできる作品を紹介します。 誰にとっ...

志村信裕展

会期終了夏のアート・コレクション 不思議の森美術館

会期:

夏休みの一日、子どもも大人も楽しめる展覧会です。 県立美術館の洋画・日本画・版画・書・彫刻・工芸のジャンルの収蔵作品には、美しくも面白い造形...

夏のアート・コレクション 不思議の森美術館

会期終了富取風堂―洗練の素朴―

会期:

富取風堂(1892-1983年)は、主に院展で作品を発表しながら、評議員や監事を歴任した日本画家です。 1924(大正13)年、市川市に移り住んだ作家は、千葉県美術会の創設に参加するなど千葉県の文化振興に...

富取風堂―洗練の素朴―

会期終了近代洋画の先駆者 浅井忠10 ー浅井忠の洋画ー

会期:

アート・コレクションでは、毎回テーマを設けて浅井忠の作品を展示してきました。第10期で着目するのは「洋画」です。 明治維新以後、日本でも制作さ...

近代洋画の先駆者 浅井忠10 ー浅井忠の洋画ー

会期終了屏風になった作品たち -それぞれの物語-

会期:

屏風には他の美術品にはない特徴があります。 例えば、大きく横長な画面を右から左へと視線を移動させながら鑑賞すること。 均等に区分された画面を...

屏風になった作品たち -それぞれの物語-

会期終了冬のアート・コレクション 具象彫刻展 ―具象彫刻の先駆者たち―

会期:

美術における「具象」とは、人物や身近な動物など具体物を題材にした作品に使われる用語です。 また、「彫刻」とは主に立体の美術作品を示す用語で、...

冬のアート・コレクション 具象彫刻展 ―具象彫刻の先駆者たち―

会期終了企画展 中山忠彦 ー永遠の美を求めてー

会期:

現在の洋画界を代表する洋画家・中山忠彦(昭和10年〜)の画業をたどる展覧会です。 千葉県市川市在住の中山忠彦は、夫人をモデルとした気品あふれる...

企画展 中山忠彦 ー永遠の美を求めてー

会期終了アリシヤ・ロガルスカ:闇に唄えば

会期:

千葉県立美術館は、PARADISE AIR(パラダイスエア)との共同企画として、国際的に活動するポーランドの作家アリシヤ・ロガルスカの展覧会を開催します...

アリシヤ・ロガルスカ:闇に唄えば

会期終了日本赤十字社所蔵美術展~いつまでも変わらない人道への想い~ 千葉県赤十字奉仕団創設70周年

会期:

通常は公開されていない、日本赤十字社が所蔵する美術コレクションを展示します。 このコレクショ...

日本赤十字社所蔵美術展~いつまでも変わらない人道への想い~ 千葉県赤十字奉仕団創設70周年

会期終了夏のアート・コレクション 明治150年記念 近代洋画の先駆者 浅井忠8 –浅井忠と周辺作家たち-

会期:

アート・コレクション(収蔵作品展)では、千葉県立美術館が所蔵する浅井忠の作品や資料を会期毎に...

夏のアート・コレクション 明治150年記念 近代洋画の先駆者 浅井忠8 –浅井忠と周辺作家たち-

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE