EXHIBITION

忘れられた江戸絵画史の本流
―江戸狩野派の250年

静岡県立美術館

  • 開催期間:2021年5月22日(土)〜2021年6月27日(日)
  • クリップ数:1 件
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-2
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-3
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-4
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-5
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-6
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-7
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-8
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-9
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-10
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-11
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-12
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-13
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-14
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-15
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-16
狩野祐清邦信・狩野立信「花鳥図屏風」(左隻) 日照軒コレクション
狩野祐清邦信・狩野立信「花鳥図屏風」 (右隻) 日照軒コレクション
狩野洞白愛信「東方朔・西王母図屏風」(左隻) 日照軒コレクション
狩野洞白愛信「東方朔・西王母図屏風」(右隻) 日照軒コレクション
狩野寛静良信「孔雀牡丹図」 日照軒コレクション
狩野中信「鷹狩図」 日照軒コレクション
狩野洞白陳信「山水図屏風」(左隻) 日照軒コレクション
狩野洞白陳信「山水図屏風」(右隻) 日照軒コレクション
狩野寿石敦信「群仙図屏風」(左隻) 日照軒コレクション
狩野寿石敦信「群仙図屏風」(右隻) 日照軒コレクション
狩野典信「山水図」 日照軒コレクション
狩野常信「和漢流書手鑑」(個人蔵) 日照軒コレクション
狩野洞琳波信 「流水に梅鳥図」 日照軒コレクション
狩野探幽「臨画帖」(個人蔵)(重要文化財) ※こちら3点の画像は、特別展示「江戸狩野派の古典学習―その基盤と広がり」の出展作品です。
狩野古信「雪舟原本山水長巻」(東京国立博物館) ※こちら3点の画像は、特別展示「江戸狩野派の古典学習―その基盤と広がり」の出展作品です。
狩野常信「十二ケ月和歌歌意画帖」より ※こちら3点の画像は、特別展示「江戸狩野派の古典学習―その基盤と広がり」の出展作品です。
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1
忘れられた江戸絵画史の本流―江戸狩野派の250年 静岡県立美術館-1

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら ↓

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

近年、江戸絵画人気は高く、さまざまな画家が紹介されていますが、江戸絵画史の本流を形成した江戸狩野派は、最も活躍した数人の画家を除いて、ほとんど知られていません。江戸狩野派は巨大な組織で、江戸時代に将軍家や大名の注文を受け、江戸画壇の中心で活躍した主要な画家だけでも、100人を優に超えます。

本展では、個人コレクターの所蔵する江戸狩野派作品を選りすぐり、彼らの知られざる魅力を紹介します。展示では、江戸狩野派の基本的なスタイルを築いた奥絵師の作品だけでなく、民間画壇に接触し、江戸狩野派の画風に多様性をもたらした表絵師の作品にも注目し、江戸狩野派の幅広い展開を紹介します。

江戸初期から幕末まで。江戸時代の250年を江戸狩野派の作品によって駆け抜けます
現在の江戸絵画人気は、伊藤若冲、長沢芦雪ら、18世紀に活躍した画家が牽引しています。しかしながら、江戸狩野派に関しては、18世紀の画家はほとんど紹介が進んでいません。本展では、江戸時代を代表する17世紀の画家・狩野探幽や、近年人気の幕末狩野派だけでなく、これまであまり注目されてこなかった18世紀の江戸狩野派の作品も多数紹介します。

奥絵師4家、表絵師12家揃い踏み!総勢80人の画家によって江戸狩野派の全貌に迫ります
江戸狩野派は、江戸城にアトリエを持つ奥絵師4家を頂点に、それを支えた表絵師12家が中核となって活動しました。各家の当主だけでも、江戸時代には約140人もいます。本展では、彼らの作品を時系列で紹介し、その変遷を辿ります。表絵師の画家を系統立てて多数紹介することは本邦初の試みです。江戸狩野派の奥絵師・表絵師を総覧することで、知られざる実力者たちに光を当てます。

112点の展示作品のうち、4点以外すべて初公開!江戸狩野派の知られざる魅力を掘り下げます
本展では、1500点を超える江戸狩野派コレクターの所蔵品から精選した作品111点をご紹介します。展示作品は、3点を除く作品がすべて初公開です。なかには、近年人気の河鍋暁斎の師である狩野洞白陳信や前村洞和の作品もあります。知られざる作品を発掘し、江戸狩野派の再評価を進めます。
※1点のみ静岡県立美術館所蔵作品を展示します

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年5月22日(土)〜2021年6月27日(日)
会場 静岡県立美術館Google Map
住所 静岡県静岡市駿河区谷田53-2
時間 10:00〜17:30(最終入場時間 17:00)
休館日 月曜日 
※月曜日が祝日の場合はその翌日
観覧料 一般 1,200円(1000円)
70歳以上 600円(500円)
大学生以下 無料
  • ※( )内は前売り・団体料金
    ※身体障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
TEL054-263-5755
URLhttp://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/76

静岡県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

静岡県立美術館 静岡県立美術館

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様にご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトの【感想・評価】のほか【鑑賞レポート】や【アートブログ】へのご投稿をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

※ご招待チケットのお申込みには、会員登録が必要です。ログインの上、ご応募ください。
新規登録はこちらから

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
静岡県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE