美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画

国立西洋美術館

  • 開催期間:2016年7月9日(土)〜2016年9月19日(月・祝)
  • クリップ数:8 件
  • 感想・評価:5 件
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-1
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-2
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-3
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-4
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-5
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-6
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-7
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-8
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-9
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-10
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-11
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-12
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-13
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-1
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-2
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-3
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-4
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-5
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-6
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-7
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-8
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-9
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-10
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-11
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-12
聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画 国立西洋美術館-13

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

イスラエル・ファン・メッケネム(c.1445-1503)は、15世紀後半から16世紀初頭にライン川下流域の町で活動したドイツの銅版画家です。

当時人気のショーンガウアーやデューラーら他の作家の作品を大量にコピーする一方、新しい試みもいち早く取り入れました。また、作品の売り出しにも戦略を駆使するなど、その旺盛な活動から生まれた作品は今日知られるだけでも500-600点あまりにのぼります。

メッケネム作品の多くはキリスト教主題をもち、人々の生活における信仰の重要性をしのばせます。もっとも、像の前で祈る者に煉獄での罪の償いを2万年分免除する《聖グレゴリウスのミサ》など、なかには当時の信仰生活の「俗」な側面が透けて見えるものも含まれます。

また、当時ドイツの版画家たちは、まだ絵画では珍しかった非キリスト教的な主題にも取り組むようになっていましたが、メッケネムも、男女の駆け引きや人間と動物の逆転した力関係などをユーモアと風刺を込めて描いています。

本展は、ミュンヘン州立版画素描館や大英博物館などからも協力を得て、版画、絵画、工芸品など100点あまりで構成されます。聖俗がまじりあう中世からルネサンスへの移行期にドイツで活動したメッケネムの版画制作をたどるとともに、初期銅版画の発展と受容や工芸との関わり、コピーとオリジナルの問題、作品に映された当時の社会の様相などにも目を向けます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年7月9日(土)〜2016年9月19日(月・祝)
会場国立西洋美術館Google Map
住所 東京都台東区上野公園7番7号 [MAP]
時間 9:30〜17:30(最終入場時間 17:00)
  • ※毎週金曜日は、9:30〜20:00まで
    (最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
※ただし、7月18日、8月15日、9月19日は開館
7月19日(火)
観覧料 【当日】
一般 1,000円
大学生 750円
高校生 500円

【団体】
一般 800円
大学生 600円
高校生 300円
  • ※団体料金は20名以上。
    ※中学生以下は無料。
    ※心身に障害のある方および付添者1名は無料
    (入館の際に障害者手帳をご提示ください)
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://www.tokyo-np.co.jp/event/meckenem/

国立西洋美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立西洋美術館 国立西洋美術館

感想・評価REVIEWS

行って良かった!

5

地味な展覧会という気がしてましたが、銅版画というのが生まれてすぐの時代に活躍した画家で、今のドイツ北部で、過ごした画家ですが、作品には、ラテン語とドイツ語が書き入れられていたりーつまり、ラテン語とドイツ語を理解出来る人に向けて作品を作ったことになりますが、当時の公用語はラテン語で、哲学者カントの時代まで、それが続くことを考えると、ドイツ語を理解出来る人はほとんどいなかったと考えられるのでードイツ語訳聖書もまだ誕生していないーある意味凄いことだなと。
さすが、西洋美術館、良い展覧会をやりますね〜

BY oki304

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

偉大なるコピー作家メッケネム

3

今回は地味な内容の展覧会なので、いつでも空いているだろうと、のんびり構えていました。しかしながら、7月17日に国立西洋美術館が世界遺産に登録され、翌日から入場者の行列ができたため、沈静化を待って一ヶ月後に見に行きました。
メッケネムは、15世紀後半から16世紀初頭に活動したドイツの銅版画家とのことですが、私にとっては全く未知の画家で、どんな作品が見られるか期待していたのですが、驚いたことに彼はコピー作家だったのですね。オリジナル版画とメッケネムのコピー作品を並べて展示していますので良くわかりますが、他の著名な版画家の作品の一部を変えたもの、あるいは左右を反転させただけで全く同じものを堂々と自作として発表しています。著作権の概念のゆるい時代だとはいえ驚くばかりです。
コピーのほかに彼のオリジナル作品というものも多数展示されていますが、ほとんどの作品には手本があるようです。
「聖なるもの、俗なるもの」という副題からわかるように、版画の大半はキリスト教を主題とした作品で、そのほか、男女の駆け引き等の俗な作品もあります。はっきり言って、彼はあまりうまい版画家ではないと思います。比較のために展示されているデューラーの版画の力強さのみが目立ちました。高価な銅版画のコピー作品を広く安く庶民に普及させた職人兼商人として、彼の功績を理解すれば良いのではないでしょうか。
なお、メッケネム展の後、常設展に入り、今まで気づかなかったコルビュジエ建築の素晴らしさを実感できたのは幸せでした。

BY keiichi

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

銅版画の歴史をたどる。

3

世界遺産登録後、最初の日曜日のお昼に訪問。
企画展・常設展ともにそこまで混雑はしていませんでした。
特にメッケネム展は、さらーっと観る人がほとんどだったのでゆっくり観れました。キリスト教版画は、予備知識があったらもっと楽しめたかな…。デューラーもいくつか出ていたのと、最期の章のメッケネムによるデザインが良かったです。

BY riemu

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

世界遺産に登録された美術館で105点の展示

4

平成28年7月17日。3連休の中日の日曜日。午後2時から2時間程度観賞。作品点数105点。混雑度はほぼ1点に一人が張り付いている感じ。たまに観賞中に横から他の鑑賞者の顔が突き出てくるという程度。同日世界遺産登録が発表されたので今後鑑賞者が増えるか?作品のサイズはA5版にも満たない小さなものが大半。カタログA5版292ページで2300円。予習の必要度、高。中世ヨーロッパの人々の暮らし、キリストはなぜ殺されたのか?煉獄とは?当日の印刷物の意味などなど。ざーっと事前勉強しておくと楽しみがより深くなると思います。阿部謹也先生だったらどんな解説をしてくれたのあなあ?という思いを抱きながら常設展も駆け足でめぐりました。

BY happytown

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

版画好きにはたまらない!!

5

待ちに待った展覧会、版が好きデューラーや中世の世界観がすきなのでジックリ堪能しました。作品がちいさいものが多いですがアクリル板つきの額いりだったので近寄ってジックリ。線の細かさや繊細さ、デザイン画のようなアルファベットシンボルなどもあって、トワルドジュイ展やエミールガレ展、ミケランジェロ展とも通ずるところもあり、楽しみました。
宝飾品の展示もあるのでこれも見所かも。何回もリピートしい展覧会でした。

BY sasaneko0211

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都台東区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE