ヨーロッパの宝石箱
リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展

大分県立美術館(OPAM)

  • 開催期間:2020年3月6日(金)〜2020年4月19日(日)
  • クリップ数:3 件
ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 大分県立美術館(OPAM)-1
ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 大分県立美術館(OPAM)-2
ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 大分県立美術館(OPAM)-3
フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー《磁器の花瓶の花、燭台、銀器》1839年、油彩・板
所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
© LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz–Vienna
ペーテル・パウル・ルーベンスと工房《ペルセウスとアンドロメダ》1622年以降、油彩・キャンヴァス
所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
© LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz–Vienna
ウィーン窯・帝国磁器製作所;ヨーゼフ・ガイア―《金地花文クラテル形大花瓶》1828年頃、硬質磁器
所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
© LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz–Vienna
ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 大分県立美術館(OPAM)-1
ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 大分県立美術館(OPAM)-1
ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 大分県立美術館(OPAM)-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

世界で唯一、侯爵家(君主)の家名が国名となっているリヒテンシュタイン。

スイスとオーストリアにはさまれた小国ながら、世界でも屈指の規模を誇る個人コレクションを有し、その華麗さが宝石箱にもたとえられ世界の注目を集めています。

本展は、侯爵家秘蔵のルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)、クラーナハ(父)を含む北方ルネサンス、バロック、ロココを中心とする油彩画と、ヨーロッパでも有数の貴族の趣向が色濃く反映された、ウィーン窯を中心とする優美な陶磁器など、合わせて126点が展示されます。

絵画と陶磁器の共演は、優雅さとくつろぎが調和する貴族の宮廷空間へと誘うことでしょう。

◎巡回情報
「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」広島県立美術館
2020年9月18日(金)〜2020年11月29日(日)


「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」宮城県美術館
2020年7月14日(火)〜2020年9月6日(日)


「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」東京富士美術館
2020年5月2日(土)〜2020年7月5日(日)


「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」宇都宮美術館
2020年1月12日(日)〜2020年2月24日(月・振)


「建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」Bunkamura ザ・ミュージアム
2019年10月12日(土)〜2019年12月23日(月)

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年3月6日(金)〜2020年4月19日(日)
会場 大分県立美術館(OPAM) Google Map
展示室大分県立美術館 3階展示室B
住所 大分県大分市寿町2番1号
時間 10:00〜19:00 (最終入場時間 18:30)
  • ※金・土曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 会期中無休 
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
高大生 800円(600円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は前売りおよび有料入場20名以上の団体料金
    ※障がい者手帳等をご提示の方とその付添者1名は無料
    ※学生の方は入場の際、学生証を要提示
TEL097-533-4500
URLhttps://www.opam.jp/

大分県立美術館(OPAM)の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

大分県立美術館(OPAM) 大分県立美術館(OPAM)

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
大分県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー《磁器の花瓶の花、燭台、銀器》1839年、油彩・板
所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
© LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz–Vienna

ペーテル・パウル・ルーベンスと工房《ペルセウスとアンドロメダ》1622年以降、油彩・キャンヴァス
所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
© LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz–Vienna

ウィーン窯・帝国磁器製作所;ヨーゼフ・ガイア―《金地花文クラテル形大花瓶》1828年頃、硬質磁器
所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
© LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz–Vienna

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE