美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

名物裂と古渡り更紗

静嘉堂文庫美術館

  • 開催期間:2019年11月2日(土)〜2019年12月15日(日)
  • クリップ数:7 件
  • 感想・評価:3 件
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-1
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-2
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-3
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-4
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-5
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-6
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-7
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-8
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-9
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-10
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-11
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-12
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-13
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-14
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-1
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-2
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-3
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-4
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-5
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-6
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-7
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-8
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-9
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-10
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-11
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-12
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-13
名物裂と古渡り更紗 静嘉堂文庫美術館-14

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

わが国特有の発達をみせた茶の湯文化、そして文人の嗜みとして流行した煎茶文化の世界では、中国をはじめ海外から舶載された文物を用い、大切に伝えてきました。

そのうちには高級な染織品も含まれ、それらは室町時代以降の唐物賞玩のなかで、絵画・墨蹟の表具裂や、茶道具を包み飾る「仕覆(仕服)」となり、茶人たちの鑑賞の対象となりました。

この貴重な渡来織物である「金襴」「緞子」「間道」などは、今日“名物裂”と総称されています。

また江戸時代以降、型や手描きによる草花・鳥獣、幾何学文様などを色鮮やかに染めた木綿布“更紗”が、ポルトガルやオランダの南蛮船や紅毛船、中国船などによってもたらされると、これも数寄者たちを大いに魅了しました。

とりわけ江戸時代中期頃までに輸入されたインド製更紗の一群は、後世“古渡り更紗”と呼ばれ、茶道具では箱の包み裂に、煎茶道具では、茶銚・茶心壺の仕覆や敷物として重用されました。

本展は、静嘉堂所蔵の茶道具と煎茶道具に含まれる優れた染織品を精選し公開するものです。永い歴史をへて、今日に美しいデザイン、繊細な手の技を伝える染織の優品を、この機会にどうぞご堪能下さい。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年11月2日(土)〜2019年12月15日(日)
会場静嘉堂文庫美術館Google Map
住所 東京都世田谷区岡本2-23-1 [MAP]
時間 10:00〜16:30(最終入場時間 16:00)
休館日 月曜日 
11月5日(火)
※ただし11月4日は開館
観覧料 一般 1,000円
大高生 700円
障害者手帳をお持ちの方および同伴者1名 700円
中学生以下 無料
  • ※20名以上の団体、200円割引
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)
URLhttp://www.seikado.or.jp/

静嘉堂文庫美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

静嘉堂文庫美術館 静嘉堂文庫美術館

感想・評価REVIEWS

至福の仕覆♥静嘉堂文庫初の染織展

5

お茶道具の所蔵がとにかく素晴らしい、静嘉堂文庫初の染織展ということと、
久しぶりの好天なのでしょうか。なかなかの人出でした。
名品を守る仕覆の布小物たちを、思う存分に楽しめました。染織の可愛らしさにほっこりし、美しさにため息が出ます。
大名茶人・松平不昧公の編纂による「古今名物類聚」、菊蒔絵の棗と金襴の仕覆の展示は、昨年に三井記念美術館で開催された松平不昧展を思い出しました。
 久しぶりの当館への訪問、庭園の階段も歩きやすく改装されていて道沿いのツワブキの黄色い花が素敵でした。

BY goldfish

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

曜変天目と油滴天目にそれぞれの仕覆が勢ぞろい

5

エントランスに油滴天目(写真撮影可)、展示室の入ってすぐに曜変天目と初めから豪華な展示に眼福です。仕覆(袋)も一緒に拝見するのはとても珍しく、豪華な生地に見とれました。

生地の拡大写真もあり、特徴の説明も読みやすく、仕覆と供に置かれている茶道具等も小さくてかわいらしいものがたくさん。

帰りにショップでA5判の「名物裂と古渡り更紗 鑑賞の手引き」350円を購入。写真と解説文が満載で、いい記念になりました。この体裁とお値段はうれしいです。先に買って読みながら展示室を回ればよかったとちょっと後悔。

二子玉川駅行の帰りのバス、平日だったためか珍しく時間通り来て、次の目的地の五島美術館までスムーズに移動できました。静嘉堂行の東急バス、11月から経路と時刻が変わっていますので、ご注意ください。

五島美術館でも名物裂の展示があり、静嘉堂で見たのと同じ?と思う名物裂や更紗がありました。

BY はるにゃん

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

名物とともに美しい古裂がたくさん

5

名物とともに大切に扱われてきた古裂。本来は大事な名物(茶器など)を守るために作られた袋物ですが、数寄者たちはさらにとっておきのお気に入りのぬのでこしらえたため、ものによっては中身よりも価値の高いものもあったりして、実はひそかな豪華品が勢ぞろいです。
国宝の曜変天目もその仕覆と一緒に展示されていますが、仕覆の美しいこと!!単眼鏡でその織目のひとつひとつをじっくり見ていただきたい!!繊細な手仕事が伝わってきます。油滴天目も同じく仕覆も展示されており、静嘉堂さんのいいものがでそろった感じです!!絶対に必見!!

BY sasaneko0211

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE