美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

生誕140年 吉田博展

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催中
自然への真摯な眼差しと高い技術で取り組み世界的に活躍した吉田博の初期から晩年までの水彩画、油彩画、木版画を一堂に展示
明治、大正、昭和にかけて風景画の第一人者として活躍し、ダイアナ妃や精神医学者フロイトも魅了した画家 吉田博(1876‐1950)の生誕140年を記念する回顧展です。 福岡県久留米市に生まれた吉田博は、10…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

明治、大正、昭和にかけて風景画の第一人者として活躍し、ダイアナ妃や精神医学者フロイトも魅了した画家 吉田博(1876‐1950)の生誕140年を記念する回顧展です。

福岡県久留米市に生まれた吉田博は、10代半ばで画才を見込まれ、上京して小山正太郎の洋画塾不同舎に入門します。仲間から「絵の鬼」と呼ばれるほど鍛錬を積み、1899年アメリカに渡り数々の作品展を開催、水彩画の技術と質の高さが絶賛されます。

その後も欧米を中心に渡航を重ね、国内はもとより世界各地の風景に取材した油彩画や木版画を発表、太平洋画会と官展を舞台に活動を続けました。

自然美をうたい多彩な風景を描いた吉田博は、毎年のように日本アルプスの山々に登るなど、とりわけ高山を愛し題材とする山岳画家としても知られています。制作全体を貫く、自然への真摯な眼差しと確かな技量に支えられた叙情豊かな作品は、国内外の多くの人々を魅了し、日本近代絵画史に大きな足跡を残しました。

本展では、水彩、油彩、木版へと媒体を展開させていった初期から晩年までの作品から200余点を厳選し、吉田博の全貌とその魅力に迫ります。

※会期中に一部展示替えあり
【前期】7月8日~7月30日
【後期】8月1日~8月27日

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 [MAP]
住所 東京都新宿区西新宿1丁目26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42F
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
(ただし7月17日は開館)
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
大学・高校生 800円(650円)
65歳以上 1,000円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
  • ※2回目以降は有料半券提示で
    一般 800円
    大学・高校生 500円
    ※中学生以下無料
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をご提示のご本人とその付添いの方1名は無料、被爆者健康手帳をご提示の方はご本人のみ無料
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル:美術館利用案内)
URLhttp://www.sjnk-museum.org/program/expect/4778.html

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

感想・評価REVIEWS

name

『吉田博展』を鑑賞して来ました!

5

13日に「吉田博展」を鑑賞して来ました。
1階のエレベータ前には開館前から20人程の列ができていました。テレビの宣伝効果が表れている様です。また、夏休みの宿題にするのか、親子連れもあちらこちらに。

私は昨年、千葉市美術館まで足を運んで鑑賞していましたが、展示数が多く、展示替えのため、初めて目の前にする作品もありました。「妥協を許さない反骨精神」を持ち、水彩、油彩、版画と実に多才で、伝統的な浮世絵の木版画技術と西洋画の視点を独自に融和させ、写実性と叙情性を描写するのが上手い画家です。

中でも、『雲井櫻』の大きな版画の前では、「え、これも版画なの」と思わず、声を上げる人が多く、私も見知らぬ方と顔を見合わせて驚嘆しました。大きな版画は絵具の浸透で紙が微妙に縮小するので、難しいとのことです。桜の花びらも霞んだ雲から覗く月の明かりは、とても木版画とは思えないほど、写実的で精緻な観察が成された作品と思いました。

また、あのダイアナ妃も購入した帆船の版画は実に見事です。朝、夕陽、夜の場面で、単に色を替えて刷るだけではなく、微妙なぼかしを施し、時間や気候の変化を表しています。ダイアナ妃の書斎の写真も展示されています。

やはり、独自の画風に到達した画家の絵は凄まじい訴求効果があり、いつまでも愛され続けるのですね。また改めて感動しました。

42階のフロアからはスカイツリーも東京タワーも同じ窓から眺望できますよ。
来年は美術館移転のため、この眺望は観れなくなるのでは。

BY kaino3suke

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

大満足!

5

メジャーな美術館にチラシおいてなかったし、ネットの美術展情報でたまたま知って行ってみて平日なのに、人いっぱいで驚き、そしてその展示数とレベルの高さに驚きでした。なんで今まで知らなかったんだろう。ダイアナ妃やフロイトも魅了したということは「心休まり系」なんだろうということでみていくと、出店数の多さ、自摺りの同版での朝昼晩と色変えた連作がなんとも見事でした。もう一度行きたい。連作は私の精神状態から「夜」がなんとも素敵。スフィンクスの上で瞬く星だったり、神楽坂の光が反射してる道だったり、版画でこんなに光が表現できるんだーって本当に感動しました。陽明門に至っては90工程摺ったって。。。 浮世絵なんかよりもっとすごいの作ってやるって言った人だから本当にすごい方です。あとこの方は、登山家でもあるので山の目線が高いのと形がすごくきれいだと思いました。大満足でした。

BY meguane

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

圧巻!! 多彩なアーティスト エピソードとともに

4

損保ジャパン東郷清治美術館の「吉田博展」に行ってきた。昨年2016年は吉田博の生誕140年だったそうで、どこかの番組で吉田博が取り上げられていのを見た。今年初め頃?「日曜美術館」でも見た。紹介された展覧会は、1996年に福岡市美術館他で開催された展覧会以来、20年ぶり二度目の回顧展で、出品点数は200-250点余り(展示替えあり)。前回展の二倍以上だという。情報ではこの出身地の久留米から各地巡回すると、2017年夏には新宿損保ジャパンへとなっていたため、これは何としても見に行かなくては、と、ずっと先の巡回期日を記憶したのだ。

明治期、日本の伝統的木版画が危機的状況に至る中、一方で開花した新版画の流れ。川瀬巴水、土屋光逸、吉田博らの作品は、とても魅力的で、私は大好きなのだ。いつか欲しいもの…などと思いながらも、夢のまた夢…、せめてとても高価い画集を、書店や図書館で見ている私なのだ。特別にアートファンでなくても、川瀬巴水は「スティーブ・ジョブスに愛された版画家」、そして吉田博は「ダイアナ妃に愛された版画家」、としての情報は持っているだろう。ダイアナ妃ばかりではなく、心理学者のフロイトや、他多くの著名人が彼の作品のファンであるらしい。日本のアーティストは多くがそうなのかもしれないが、吉田博の作品もまた、国内より海外での評価が高く、知名度もあるようだ。

「新版画」で認識していた彼が、実は洋画の水彩画からスタートして油彩をマスターし、版画を手がけたのは40代の終わりになってからで、しかも版画を始めてからも並行して水彩、油彩の絵を描いている、ということを件のTV番組で知った。後半生の約20年間に制作された250種ほどもの版画作品が、多くの美術館に収蔵されていること、さらにダイアナ妃のニュースなどが、版画家・吉田博の印象を強くしているのだろう。件の番組で彼の油彩や水彩をで目にし、その素晴らしさにとても驚いてしまった(そういえばトーハクでも彼の油彩画《精華》を見たがこちらは、単に個人的趣味の問題だが、技量はともかく、こちらは余り感動はなかった。トーハクさん、もっと違うのお願いします。)。

この展覧会の展示は、テーマや油彩画・水彩画・木版画のジャンル分けなどがなく、基本的に画業を時間で追った展示となっている。同時期に異なる3つの技法を用いて風景を描いていいて、それを見比べる、というのも楽しいかもしれない。ロビーVTR「痛快!吉田博伝(13分)」もなかなか面白い。吉田の伝記エピソードなどを分かりやすく楽しく伝えていた。

展覧会チラシの表紙を飾るのは、木版の「日本アルプス十二題 劔山の朝」。色に瑞々しく、さも陽の光が滲んでいるかのように美しいアルプスの景色。山の頂はうっすら赤らんでいる。博は「山と水の画家」と言われている。30代前半から50代前半までの20年間、ほぼ毎夏、1ヶ月から3ヶ月にわたって山にこもり、絵を描いた。「日本アルプスは全部登った」と豪語するその登山は本格的で、昭和6年に出版された博の著書『高山の美を語る』は、山の案内書となるほどの内容であるという。博の水彩、油彩、版画には、その地を踏んだ者にしか見ることができないであろう山の美が描かれているのだと思う。

また博は、不同舎の修業時代、あまりに徹底した写生に「絵の鬼」とあだ名されていた。博はまた、明治40年東京府勧業博覧会の審査を巡る騒動で、あまりに白馬会系に偏った審査の不公平を訴え、褒状返還運動の首謀者となり、後の噂から「黒田清輝を殴った男」とも呼ばれた。

吉田はチャレンジングな画家でもあった。明治32年に突如出国。しかも当時の白馬会系画家がこぞって出かけたフランスではなくアメリカへ。横浜でアメリカ人が水彩画をよく購入することを耳にし、それならば自分もと考え、英語もままならない状況で、私費で、渡米し、自作を売り歩いた。このひどく無謀な行動が成功し、やがてデトロイト美術館の館長の目に止まって水彩画展を開催し、翌年にはボストン美術館で2人展を行い、結果的に1000ドルもの資金を獲得したらしい。それを元手に、今度は皆も行くフランスへ出かけては、パリ万博で褒賞を受賞。さらに一時帰国したのちに再び渡米し、ニューヨークやワシントンで展示会を開いたほか、更にヨーロッパやエジプトまでも巡っては作品を制作し、20代の過半を海外で過ごしていたという。そうした中で、他の渡欧画家たち同様、貪欲に西洋絵画の技を摂取しようと、模写修業も怠らなかったようで、レンブラントやベラスケスの模写の展示があった。

インドに取材した《フワテプールシクリ(昭和6年)》のアラベスク模様の格子窓に滲む光の表現は、木版画のものと思えない美しさだ。驚くべき47度摺りというこの作品は、どのようにRead More摺ったのか見当もつかない。渡邊庄三郎の版画は欧米をマーケットとして、外国人のエキゾチシズムを刺激する作品づくりが見て取れるが、吉田博の私家版はそのような趣向をあまり感じさせない。洋画の表現、水彩画のタッチを版画に写すことに腐心し、伝統の木版画技法の全てと凄まじい数の刷りをもって、まさに空気の色まで再現しているようだ。

この展覧会では、これら代表作のほかに、大戦中従軍画家としての作品、戦後の作品、スケッチブック類、博が撮影した写真などの資料も出品されている。 昭和25年に吉田は74歳で生涯を閉じた。

日本人の自国アーティストへの関心度の低さと、日和見さ、黒田清輝「白馬会」に支配された当時の画壇の力関係、により、吉田博という天才はこの半世紀以上も、埋もれてしまっていたのかと、なにか残念な思いにもなった。

常設展のゴッホ、ゴーガン、セザンヌの3点並びと、東郷青児とグランマモーゼスなどの絵が掛けられている最後の部屋にまで、はみだしてまでめいっぱいスペースを使用しての、「吉田博伝」だった。お天気の不安定な日で、せっかくの損保ジャパンロビーの東京展望は今一だったが、展覧会は何故かあまり混雑もなく、とてもゆっくり楽しめた。

土屋光逸もどこかで企画してくれないものかと思う。
Close

BY ぷーりっちゅ

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

物凄い展示量!

5

全国4ヶ所を廻って、やっと東京に来た展覧会。
展示数前期だけで、181点、うち、前期だけが66点もあります。
美術史の知識として、フランス洋行組の黒田清輝らがもてはやされ、「白馬会」がブームとなったのを敵視して、「太平洋画会」をつくり、アメリカと繋がりを持つグループの代表を勤めた吉田博、「ヴェニスの運河」は、夏目漱石の「三四郎」にも、取り上げられている。
水彩画から入って、油彩画にも、木版画にも挑戦して成功を収めた吉田だが、初期の画風、靄や霞のかかった風景を好んだことは、木版画にも、また、この人の好んだ登山での山岳画にも活かされている。
また、あちこち外遊して、インドや中国朝鮮に、更に、陸軍の従軍画家としてまた中国に赴くなど精力的な活動は素晴らしい。

BY oki304

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE