鑑賞レポート一覧

めぐりあう大津絵 笠間日動美術館・小絲源太郎コレクションと神戸女子大学古典芸能研究センター・志水文庫の大津絵

めぐりあう大津絵 笠間日動美術館・小絲源太郎コレクションと神戸女子大学古典芸能研究センター・志水文庫の大津絵

八王子市夢美術館|東京都

開催期間:

  • VIEW319
  • THANKS0

期待してなかったけど、めっちゃ良かった!

大津絵。恥ずかしながら知識がなく、期待せずに行きました。

結果的にとてもおもしろく、二巡してしまいました!

まず絵が可愛かったり面白かったり。量産するために直線でささっと書いてるのに、しっかり描写されてるのも絵師の腕が光っていたり。またユーモアのある絵柄だったり、大津絵とすぐに分かる絵柄で、だからこそ後々題材として浮世絵に描かれるようになるのも納得でした。

それと解説文が良かった。当時の人達の思いや文学背景にも思いを馳せながら見られました。また絵の思想的背景も理解しながら鑑賞することが出来ました。

ネズミに酒をすすめて、酔わせてから食べようとしている猫。

雷様が太鼓を落としてしまい、雲の上からふんどしをつるして引っ掻けて引き上げようと苦労している図。

鬼が風呂に入って「身体は綺麗にしても心が綺麗にならない」風刺

それと、藤娘という絵柄の歴史的な背景など。

藤娘に興味をもって研究題材にした先生も紹介してあり、その書籍も販売していて学芸員さんの配慮も細かくて好感が持てました。

そして、大津絵を題材にした浮世絵や物語も紹介してあり、興味深く見ました。鬼や雷様、藤娘などが代表的で全国的に認知されていたからこその浮世絵だったのもよくわかりました。

今後も題材で大津絵が書き込まれたものを見たら、「これ大津絵だ!」って分かるので、それも楽しみです。

また、常設展も良かった。清原 啓子さんのエッチングがとても良く、記憶に残りました。

鑑賞レポート一覧に戻る

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE