鑑賞レポート一覧

松江泰治 マキエタCC

松江泰治 マキエタCC

東京都写真美術館|東京都

開催期間:

  • VIEW171
  • THANKS1

高いところは好きですか?

「松江泰治 マキエタCC」展

チラシの、ビルの写真に惹きつけられて行ってきました。

松江泰治 (まつえたいじ)
1963年 東京生まれの写真家

世界各地の地表を、独自の視点で撮影してきたらしい。

その中から、今回は〈CC〉と〈makieta〉という二つのシリーズを新作と共に見られる展覧会です。

〈CC〉シリーズは 、世界の風景を俯瞰で撮影。

空や地平線を全く写さず、被写体すべてにピントを合わせて撮影しているのが特徴。

〈CC〉(City Code) シティコードとは、都市名コードのことで、東京はTYO、大阪はOSAとあらわされ、作品タイトルに、このシティコードがつけられています。

そして、〈makieta〉(マキエタ)シリーズは、都市の模型を〈CC〉シリーズと同じ手法で撮影。

〈makieta〉は、ポーランド語で模型のことらしい。

さて、展覧会ですが、

展示室は薄暗く、作品だけにライトが当たっています。

〈CC〉〈makieta〉の表示がないので、知らずにみると、すべてが、実際の風景に見えてしまうかも。

現実?模型?と、鑑定士のようにみたり、知ってる風景を、これ、大阪のどこかな?と、記憶をたどってみたり、なんか楽しい。

いっしょに行った娘は、都市コードを検索しながら見ています。

作品から少し離れると、密集したビルや、カラフルなヨーロッパの景色が、なんだかデザインや、模様にもみえてきます。

逆に、模型を意識して見ると、16世紀にヨーロッパで作られた物があったりして興味深いです。

現実と模型の風景をランダムに見る。
不思議な感覚でした。

◎Perfume の かしゆか さんと松江泰治さんの対談記事です。

BRUTUS 2021.12.21

https://brutus.jp/taijimatsue_kashiyuka/?heading=1

◎サカナクションの山口 一郎さんは北海道出身で、今回展示されている札幌の作品を所有されています。

STVラジオ『加藤さんと山口くん』

https://news.radiko.jp/article/station/STV/61246/

https://news.radiko.jp/article/station/STV/61480/


◎これは模型か本物の都市か 松江泰治が問う写真の本質

日本経済新聞 2021.12.3

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD266XO0W1A121C2000000/

THANKS!をクリックしたユーザー
Tarさん

鑑賞レポート一覧に戻る

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE