美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

群馬県立館林美術館Gunma Museum of Art, Tatebayashi

群馬県立館林美術館

群馬県立館林美術館についてABOUT Gunma Museum of Art, Tatebayashi

群馬県立館林美術館は、平成13年10月26日、群馬県立近代美術館に次ぐ2館目の県立美術館として開館した。

群馬県館林市日向町の多々良沼畔にある、「自然と人間」をテーマとした美術館である。
近現代美術における豊かな創造の歩みを理解するための作品を収集することを基本に、「自然と人間」をテーマとして、調和、共生、対峙など自然と人間の様々な関わりを表現した、国内外の作品を収集している。

館林市郊外の水耕田跡地に建設された、広大な芝生と水辺に囲まれたように建つ美術館の建物は、第一工房(代表:高橋靗一氏)による設計で、2004年、第17回村野藤吾賞を受賞している。

また、付近には館林市が設置、管理する「彫刻の小径」と名づけられた散策路があり、多々良沼公園の生活環境保全林の中に、多くの彫刻作品を設置している。

群馬県立館林美術館では、フランスの彫刻家、フランソワ・ポンポン(François POMPON,1855-1933)の彫刻、素描作品、そして没後アトリエに残された多数の資料を収蔵し、コレクションの核としている。

フランソワ・ポンポンの作品は、毛並みを細かく再現するような写実的表現が主流であった動物彫刻において、細部を削ぎ落とした、滑らかで洗練されたフォルムの美を生み出しており、そしてルネサンス以来、人物像より格が低いとされてきた動物彫刻の歴史に大きな革新をもたらした。

その歴史的意義と親しみやすい表現から、コレクションのテーマである「自然と人間の関わり」を探求する上で有意義な作家として注目し、作品を収集している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒374-0076 群馬県館林市日向町2003  TEL 0276-72-8188 (代表)
群馬県立館林美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

群馬県立館林美術館 公式サイトURL
http://www.gmat.pref.gunma.jp/
所在地
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003
TEL 0276-72-8188 (代表)
最寄駅
東武伊勢崎線多々良駅から徒歩1.2km(徒歩20分)
東武伊勢崎線館林駅から約4km(タクシー10分)
東武伊勢崎線館林駅前ロータリーからバス「多々良巡回線」あり バス停「県立館林美術館前」からすぐ
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・祝日・振替休の場合はその翌日。ただし、8月15日を含む週は休館しません。
・ゴールデンウィーク、年末年始、展示替え等のため臨時に休館する場合があります。臨時休館日等はこちらでご確認ください。
入館料・観覧料
展覧会によって異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名、県民の日(10月28日)に観覧される方は、無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ぐんまけんりつたてばやしびじゅつかん

群馬県立館林美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

群馬県立館林美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

これまでに群馬県立館林美術館で開催された展覧会

会期終了ピカソ展 ゲルニカ[タピスリ]をめぐって

会期:

パブロ・ピカソ(1881-1973)は、1937年、故国スペインの内戦で起きた無差別爆撃への衝撃から、大作《ゲルニカ》(国立ソフィア王妃芸術センター)を描きま...

ピカソ展 ゲルニカ[タピスリ]をめぐって

会期終了企画展示 みつめる-見ることの不思議と向き合う作家たち-

会期:

日常の自然や風景、身辺の周りにあるものから受けとめたものを絵画表現とする、この見ることと描くことの間を橋渡しするものは何でしょうか。 本展覧...

企画展示 みつめる-見ることの不思議と向き合う作家たち-

会期終了熊谷守一 いのちを見つめて

会期:

熊谷守一(1880-1977)は、明治から昭和の時代を生き、世代を超えて多くの人に愛されている画家です。岐阜県恵那郡付知村、現在の中津川市付知町に生まれた守一は、物心がつく頃まで山深い自然豊かな環境...

熊谷守一  いのちを見つめて

会期終了エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

会期:

両大戦間期と言われる1920~30年代のフランスでは、美術や、ファッション、宝飾、家具などの装飾に新しい美意識が生まれました。 本展は、「アール・...

エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

会期終了時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画 1920s-1950s

会期:

板橋区立美術館は1979年の開館以来、「昭和の前衛美術」、とりわけ戦前に若い芸術家たちが集ったア...

時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画 1920s-1950s

会期終了デンマーク・デザイン展

会期:

アンデルセンの童話や玩具のレゴブロックなどが有名な北欧の国デンマーク。 九州ほどの国土に約570万人が暮らす小さな国ですが、充実した社会福祉制度や、自然再生エネルギーの積極的な導入で知られ、国...

デンマーク・デザイン展

会期終了アート遊覧紀行-自然と人間をめぐって-

会期:

群馬県立館林美術館は、2001年の開館以来「自然と人間の関わり」をテーマとした作品収集や展覧会活動を行ってきました。群馬県で2館目の県立美術館とし...

アート遊覧紀行-自然と人間をめぐって-

会期終了粋な古伊万里-江戸好みのうつわデザイン

会期:

江戸時代の初め、現在の佐賀県有田において国内初の磁器が生み出されました。伊万里港から積み出されたことから「伊万里焼」と呼ばれます。 磁器はそれ...

粋な古伊万里-江戸好みのうつわデザイン

会期終了鹿島茂コレクション フランス絵本の世界

会期:

フランス文学者の鹿島茂氏の所蔵する膨大な数の西洋古書・版画より、これまで秘蔵されてきたフランスの絵本コレクションを初公開する展覧会です。 フ...

鹿島茂コレクション フランス絵本の世界

会期終了カミナリとアート 光/電気/神さま

会期:

群馬県立館林美術館の位置する関東平野の北部は、昔から夏の雷の多さで知られています。冬のからっ風とともに夏の雷は上州名物にあげられており、暮ら...

カミナリとアート 光/電気/神さま

会期終了京都のみやびとモダン -京都国立近代美術館所蔵 日本画・工芸名品展-

会期:

京都国立近代美術館は、50年以上の多彩な活動を通して日本有数の近現代美術のコレクションを築き上...

京都のみやびとモダン -京都国立近代美術館所蔵 日本画・工芸名品展-

会期終了企画展示「深く澄んだ世界を求めて-清宮質文と版画の魅力」

会期:

2017年に生誕100年を迎える木版画家・清宮質文(せいみや・なおぶみ)(1917-1991)の作品は、静謐で詩的な心象世界で知られます。 画家・清宮彬(ひと...

企画展示「深く澄んだ世界を求めて-清宮質文と版画の魅力」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE