美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

岐阜県現代陶芸美術館Museum of Modern Ceramic Art Gifu

岐阜県現代陶芸美術館

岐阜県現代陶芸美術館についてABOUT Museum of Modern Ceramic Art Gifu

岐阜県現代陶芸美術館は、岐阜県多治見市に「陶磁器をテーマにした産業振興・文化振興・まちづくりの拠点」として誕生した美術館、イベントホール、国際会議場などで構成される複合施設“セラミックパークMINO”内に、2002年に開館した美術館である。

国内外にこだわらず、世界各地の近現代の陶芸作品を収集し、さまざまな展覧会を開催している。

コレクションには、個人作家による陶芸作品のみならず、これまで美術館の収集対象となりにくかった実用陶磁器や、すぐれたデザインを伝える産業陶磁器も含まれている。

代表的な所蔵品には、初代宮川香山《浮彫蓮子白鷺翡翠図花瓶》(19世紀後半)や富本憲吉《色絵金銀彩四弁花模様飾壺》(1960年)、森正洋(デザイン)《G型しょうゆさし》(1958年)などがある。

「セラミックパークMINO」は、世界的に著名な建築家・磯崎新(いそざきあらた)氏による設計の建物である。自然環境との調和を意識した設計になっており、シデコブシをはじめとする周囲の貴重な生態系を保全するための配慮がなされている。タイルや煉瓦など、地元の陶磁器製品を建物に多用している点も特徴の一つである。

「県民と陶芸とを結びつける新しい文化の拠点をめざす」「県民の創作意欲を高める場をめざす」「デザインなど他分野との提携を強め、国際的な情報を提供して、陶磁器産業の発展に寄与する美術館をめざす」などの運営方針を掲げ、陶磁器を通じた人的ネットワークの構築や地域との連携なども視野に入れた活動を展開している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒507-0801 岐阜県多治見市東町4-2-5(セラミックパークMINO内)  TEL 0572-28-3100
岐阜県現代陶芸美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

岐阜県現代陶芸美術館 公式サイトURL
http://www.cpm-gifu.jp/museum/01.top/index1.html
所在地
〒507-0801 岐阜県多治見市東町4-2-5(セラミックパークMINO内)
TEL 0572-28-3100
最寄駅
JR中央線 多治見駅

JR多治見駅からは、多治見市コミュニティーバス(ききょうバス)、または東鉄バス
バスでのアクセス詳細はこちらをご確認ください

JR多治見駅からタクシー(所要時間約10分)
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜日が休日の場合は翌平日
年末年始 12月29日~1月3日
入館料・観覧料
<コレクション展>
一般 330円(団体270円)
大学生 220円(団体160円)

<特別展>
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※特別展開催時は、特別展入館券にてコレクション展も観覧できます。
※幼児、小・中・高校生は無料
※大学生は、大学の学生に準ずる方も含まれます。
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方、およびその付き添いの方(1名まで)無料
※学校教育活動などの場合、引率者の方は無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ぎふけんげんだいとうげいびじゅつかん

岐阜県現代陶芸美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

岐阜県現代陶芸美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化

会期:

大正8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして世界に誇る作品を生み出してきました。 「良...

華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化

岐阜県現代陶芸美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに岐阜県現代陶芸美術館で開催された展覧会

会期終了コレクション展 明治150年記念2 近現代の美濃陶芸 古典復興からの展開

会期:

岐阜県東濃地方は桃山期に志野や織部を生み出し、現代では国内外で有数の陶磁器産地として知られる...

コレクション展 明治150年記念2  近現代の美濃陶芸 古典復興からの展開

会期終了フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア

会期:

フィンランドの美術・工芸は、1900年のパリ万国博覧会において高く評価され、世界的な注目を集めます。 万博での成功は、当時ロシアからの独立を目指...

フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア

会期終了マリメッコ・スピリッツ フィンランド・ミーツ・ジャパン

会期:

マリメッコは、1951年にアルミ・ラティアによって創業されたフィンランドを代表するテキスタイルメーカーです。 初期よりデザイナーやアーティストを...

マリメッコ・スピリッツ フィンランド・ミーツ・ジャパン

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE