美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

大原美術館Ohara Museum of Art

大原美術館

大原美術館についてABOUT Ohara Museum of Art

大原美術館は、倉敷を基盤に幅広く活躍した事業家大原孫三郎が、前年死去した画家 児島虎次郎を記念して1930年(昭和5年)に設立した、日本最初の西洋美術中心の私立美術館である。

日本美術のコレクターでもあった孫三郎は、親しい友人虎次郎の才能と、美術に対する真摯な姿勢を高く評価し、三度にわたる渡欧をうながした。虎次郎は、そこで制作に励むかたわら、孫三郎の同意のもと、日本人としての感覚を総動員してヨーロッパの美術作品を選び取るという作業に熱中する。

明治の気骨を持つ虎次郎の選択は、東洋の感覚と西洋美術の精華との真剣勝負でした。彼は、エル・グレコ、ゴーギャン、モネ、マティス等、今も大原美術館の中核をなす作品を丁寧に選び、倉敷にもたらした。

同時に進めた中国、エジプト古美術の収集にも、東西の狭間で悩みつつ文化の源流に迫ろうとした虎次郎の心情が伺い知れる。

大原美術館は、その後も、倉敷の地にあって活発な活動を続け、西洋の近代から現代の美術、日本の近代から現代の美術、民芸運動にかかわった作家たちの仕事等にコレクションを広げ、日本人の心情に裏打ちされた独特の個性を発揮するユニークな民間総合美術館として世界に知られるようになった。

現在では、大原美術館は、現場で子供達や社会人と触れ合う種々の教育普及活動に加え、毎夏の美術講座や、世界を代表する音楽家を迎えてのギャラリーコンサート等を通じ、諸芸術のフロンティアと広く関わりながら、21世紀に生きて躍動する美術館として、多彩な活動を展開している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒710-8575 岡山県倉敷市中央1-1-15  TEL 086-422-0005
大原美術館

利用案内INFORMATION

大原美術館 公式サイトURL
https://www.ohara.or.jp/
所在地
〒710-8575 岡山県倉敷市中央1-1-15
TEL 086-422-0005
最寄駅
JR山陽本線倉敷駅より 徒歩約15分
開館時間
開館時間 09:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
※ゴールデンウィークなどは一部開館時間を延長する場合があります。開館カレンダーをご参照ください。
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※休館日が祝日、振替休日と重なった場合は開館
※夏季≪7月下旬~8月≫、10月は無休
入館料・観覧料
<本館/分館/工芸・東洋館>

一般 1300円(1200円)
大学生 800円(700円)
高校・中学・小学生 500円(300円)
入館料・観覧料についての追記事項
※( )内は20名以上の団体料金
※団体利用の入館料減免に関する詳細はこちら
各種割引などの詳細はこちら
割引クーポン
https://www.ohara.or.jp/visitor_info/
美術館名 よみがな
おおはらびじゅつかん

大原美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

大原美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中AM倉敷Vol.16 ワタリドリ計画 ―絵から旅する大原⇔岡山―

会期:

AM倉敷(Artist Meets Kurashiki)は、アーティストが倉敷との出会いを通じた作品を制作し、その発表を行う事業です。 今展でご紹介するのは「ワタリド...

AM倉敷Vol.16 ワタリドリ計画 ―絵から旅する大原⇔岡山―

これまでに大原美術館で開催された展覧会

会期終了ARKO2019 黒宮菜菜

会期:

ARKO(Artist in Residence Kurashiki, Ohara)は、「若手作家の支援」「大原美術館の礎を築いた洋画家児島虎次郎が暮らした無為村荘内のアトリエ活用」「倉敷からの発信」の3点を目指し、大原美術館が2005...

ARKO2019 黒宮菜菜

会期終了 平成31年春の有隣荘特別公開 緑御殿的美緑(みどりごてんてきみりょく)―ミレー、セザンヌ、会田…

会期:

日本近代の名建築 有隣荘。 この度は、有隣荘が「緑御殿(みどりごてん)」とも呼ばれてきたことに...

 平成31年春の有隣荘特別公開 緑御殿的美緑(みどりごてんてきみりょく)―ミレー、セザンヌ、会田誠、ロスコ色々

会期終了平成30年秋の有隣荘特別公開 三瀬夏之介 倣玉堂

会期:

三瀬夏之介(みせなつのすけ)は、芸術とは何か、日本とは何かという深く大きな問いかけをベースに、和紙に墨といった日本の伝統的な素材を用いた絵画...

平成30年秋の有隣荘特別公開 三瀬夏之介 倣玉堂

会期終了コレクション展43 ナビ派をめぐって 画家たちの捧げたオマージュ

会期:

1880年代末のパリで、友情のもと、ゆるやかに結成された「ナビ派」は、若い芸術家たちの秘密結社のようなグループでした。 モーリス・ドニやポール・...

コレクション展43 ナビ派をめぐって 画家たちの捧げたオマージュ

会期終了AM倉敷(Artist Meets Kurashiki) vol. 15 津久井利彰 ―はじまりを求めて

会期:

「AM倉敷(Artist Meets Kurashiki)」は、アーティストが倉敷との出会いを通じた作品を制作し、その...

AM倉敷(Artist Meets Kurashiki) vol. 15 津久井利彰 ―はじまりを求めて

会期終了ARKO2017 水野里奈

会期:

ARKO(Artist in Residence Kurashiki, Ohara)は、大原美術館によるアーティストのレジデンス・プログラムです。 「若手作家の支援」「大原美術館の礎を築いた洋画家児島虎次郎の旧アトリエ:無為村荘の...

ARKO2017 水野里奈

会期終了 「コレクションテーマ展42 児島虎次郎とベルギー」展

会期:

児島虎次郎(1881-1929)が飛躍する契機となったのは、ベルギーのゲント美術アカデミーでの研鑽によるものでした。 本展では、ジャン・デルヴァン、エミ...

 「コレクションテーマ展42 児島虎次郎とベルギー」展

会期終了平成29年春の有隣荘特別公開 美術に耳をすまして

会期:

音楽のインスピレーションは、美術の作家たちのあいだにも響いていました。作曲家、演奏家に着想を得た古今東西の作品から、その時代の文化を物語るよ...

平成29年春の有隣荘特別公開 美術に耳をすまして

会期終了AM倉敷 vol.14「柏原由佳 最初の島 再後の山」

会期:

柏原由佳は、ドイツのライプツィヒを拠点に活躍する画家。 大原美術館から南方に広がる平野部の多くが江戸時代に干拓されて出来上がった土地であるこ...

AM倉敷 vol.14「柏原由佳 最初の島 再後の山」

会期終了AM倉敷(Artist Meets Kurashiki) vol. 13 井上涼のとらとらまごまご展

会期:

「AM倉敷」(Artist Meets Kurashiki)は、アーティストが倉敷との出会いを通じた作品制作・公開を行...

AM倉敷(Artist Meets Kurashiki) vol. 13 井上涼のとらとらまごまご展

会期終了平成28年春の有隣荘特別公開 客間のモネ、座敷の蕪村―創建当時の有隣荘

会期:

爽やかな緑の佇まい美しく、倉敷の町並みとともにその歴史を刻んできた有隣荘。大原美術館本館を設...

平成28年春の有隣荘特別公開 客間のモネ、座敷の蕪村―創建当時の有隣荘

会期終了コレクションテーマ展40 VOCA大原美術館賞の10年

会期:

「VOCA(Vision Of Contemporary Art)現代美術の展望・新しい平面の作家たち」展は、推薦委員に指名された全国各地の美術館学芸員や美術評論家、記者等...

コレクションテーマ展40 VOCA大原美術館賞の10年

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE