美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

和泉市久保惣記念美術館Kuboso Memorial Museum of Arts, Izumi

和泉市久保惣記念美術館

和泉市久保惣記念美術館についてABOUT Kuboso Memorial Museum of Arts, Izumi

和泉市久保惣記念美術館は、昭和57年に久保惣(久保惣株式会社)から、美術品、および美術館の建物、敷地、基金の寄附を受けて開館した和泉市立の美術館である。

和泉市で約100年綿業を営んできた久保惣は、初代久保惣太郎氏、二代惣太郎氏、忠清氏、三代惣太郎氏の四代にわたり引き継がれた泉州有数の企業で、昭和52年に繊維業の衰退とともに廃業の決断がなされた。それを機に三代惣太郎氏が代表して、地域文化の発展と地元への報恩の意を込めて、国宝2点、重要文化財28点(平成25年度、「源氏物語手鑑」が重要文化財新指定されたため現在29点)を含む約500点の第一次久保惣コレクションと、土地、建物を運営基金等とともに市に寄贈し、昭和57年10月に市立の美術館として開館したのが「和泉市久保惣記念美術館」である。

次いで、五代目の代表者久保恒彦氏によって、平成9年に美術館新館が完成、寄贈された。その後も音楽ホール、ギャラリー、創作教室、研究棟の相次ぐ寄贈があり、さらに第二次~第五次コレクション等も順次寄贈され、収蔵品約11,000点、敷地5,000坪の今の姿に至っている。この間、他のコレクターから美術品の寄贈も受けている。

日本、中国を主とした東洋古美術に関わる展覧会を企画、開催するとともに、新館では中国の玉器・青銅器・陶磁器などとモネやルノワール、ロダンなどの西洋近代美術の展示を行っている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒594-1156 大阪府和泉市内田町3-6-12  TEL 0725-54-0001
和泉市久保惣記念美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

和泉市久保惣記念美術館 公式サイトURL
http://www.ikm-art.jp/
所在地
〒594-1156 大阪府和泉市内田町3-6-12
TEL 0725-54-0001
最寄駅
泉北高速鉄道 和泉中央駅下車
南海バス① 「春木川」「若樫」行③ 「美術館前」「松尾寺」行乗り場より乗車(約10分)
     
JR阪和線 和泉府中駅下車
南海バス②乗り場より「春木川」「若樫」行(約30分)

南海本線 泉大津駅下車
南海バス②乗り場より「春木川」「若樫」行(約40分)

いずれもバス停「美術館前」にて下車

<車の場合> 阪和自動車道 岸和田・和泉インターより約3分(無料駐車場有)
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日が休館
年末年始
陳列替期間
※休館日は、年間カレンダーをご確認ください
(赤丸が休館日)
入館料・観覧料
<常設展>
一般 500円(400円)
高・大生 300円(240円)
中学生以下 無料

<特別陳列>
一般 600円(480円)
高・大生 400円(320円)
中学生以下 無料
※( )内は団体20名以上割引

<特別展>
企画により異なります
中学生以下 無料(無料)
入館料・観覧料についての追記事項
※団体(20名様以上)は2割引
※65歳以上は2割引
※各種障がい者手帳を提示された場合、本人及び介助者1名様は無料
※詳細については電話にてお問い合わせください
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
いずみしくぼそうきねんびじゅつかん

和泉市久保惣記念美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

和泉市久保惣記念美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中特別展 絵画でランデヴー −東西美術の出逢い−

会期:

葛飾北斎、伊藤若冲、モネ、ルノワールなど、日本人に親しみのある日本とヨーロッパの作家による人物と風景画を中心に陳列します。 近世から近代に活...

特別展 絵画でランデヴー −東西美術の出逢い−

開催予定修理完了記念 常設展 絢爛たる源氏絵−重要文化財 源氏物語手鑑−

会期:

所蔵品の重要文化財「源氏物語手鑑」は、近世初頭の堺で活躍した土佐派の絵師土佐光吉の絵と、それに対応する物語中の文章を18名の公家が分担して書写...

修理完了記念 常設展 絢爛たる源氏絵−重要文化財 源氏物語手鑑−

これまでに和泉市久保惣記念美術館で開催された展覧会

会期終了常設展 ジャパニーズ プリント−久保惣コレクションでたどる版の歴史−

会期:

奈良時代に制作された世界最古の印刷物といわれる「木造 百万塔」に収められた陀羅尼経から、江戸時...

常設展 ジャパニーズ プリント−久保惣コレクションでたどる版の歴史−

会期終了特別陳列 花鳥虫魚を描く−応挙・広重・シーボルト−

会期:

動物や植物など生きものの姿や形をとらえた絵を楽しむ展覧会。 本展覧会は、所蔵品の中から、動物や植物など生きものの姿や形をとらえた絵に着目し、...

特別陳列 花鳥虫魚を描く−応挙・広重・シーボルト−

会期終了常設展 愉しき源氏絵―土佐光吉と浮世絵版画から―

会期:

所蔵品の中から、桃山時代の土佐派を代表する土佐光吉が絵を描いた「源氏物語手鑑」(重要文化財)を主軸として、江戸時代の浮世絵師・三代歌川豊国(...

常設展 愉しき源氏絵―土佐光吉と浮世絵版画から―

会期終了常設展 漆器-彩りと光沢の魅力-

会期:

美術館が所蔵する日本と中国の漆器約60点を展示します。 漆を使った工芸品の歴史は古く、中国では新石器時代、日本では縄文時代から漆器が作られています。 硬く水を通さない特徴と美しい光沢から日常...

常設展 漆器-彩りと光沢の魅力-

会期終了特別展「土佐派住吉派の絵画-やまと絵の荘重と軽妙-」

会期:

本展覧会は、昨年度土佐光起生誕400年を記念して行われた大阪市立美術館での展覧会を端緒とし、和泉市久保惣記念美術館では光起の父にあたる土佐光則を...

特別展「土佐派住吉派の絵画-やまと絵の荘重と軽妙-」

会期終了浮世絵の妖術とモノノケ―「奇術競」と「和漢百物語」―

会期:

美術館が所蔵する浮世絵版画の中から、現代においては漫画やアニメの登場人物として知られる、ヒーローやヒロインたちと敵役となるモノノケたちを中心...

浮世絵の妖術とモノノケ―「奇術競」と「和漢百物語」―

会期終了地図 エクスパンション!-西洋古地図を旅する-

会期:

ヨーロッパの地図製作は16~17世紀にその隆盛を極め、アムステルダムからパリへとその中心地を変えながら発展していきました。 新しい大陸を求めて海...

地図 エクスパンション!-西洋古地図を旅する-

会期終了特別陳列「所蔵名品撰-久保惣コレクションの絵巻-」

会期:

本展覧会は、和泉市久保惣記念美術館が所蔵する絵巻作品15点を、展示替えや場面替えを行いながら、全点をまとまった形で紹介する初めての機会です。 ...

特別陳列「所蔵名品撰-久保惣コレクションの絵巻-」

会期終了四季をめぐる -源氏絵とともに-

会期:

所蔵品の中から、四季をテーマとして制作された絵画作品を選び紹介します。 重要文化財「源氏物語手鑑」は、桃山時代の土佐派を代表する土佐光吉が描いた絵と、18名の公家が分担執筆した詞、各80枚から...

四季をめぐる -源氏絵とともに-

会期終了開館35周年記念 特別展 ピカソと日本美術 -線描の魅力-

会期:

ピカソはデッサン力の高さと、その技術の高さにとどまらない自由な線によって多くの作品を制作しており、「線描の画家」とも呼ばれています。 一方、...

開館35周年記念 特別展 ピカソと日本美術 -線描の魅力-

会期終了常設展 北斎の富士 - 冨嶽三十六景と東海道 -

会期:

浮世絵版画のコレクションである第四次久保惣コレクションの中から、葛飾北斎が描いた富士山をテーマとした作品を中心にご覧頂く展覧会です。 富士山...

常設展 北斎の富士 - 冨嶽三十六景と東海道 -

会期終了常設展 墨の書画 - 日本と中国の筆技 -

会期:

本展覧会では、墨を用いて制作された日本と中国の書画約40点を展示します。 日本の作品は、奈良時代から平安時代に書写された経巻をはじめとして、平...

常設展 墨の書画 - 日本と中国の筆技 -

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE