美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

京都府立堂本印象美術館Kyoto Prefectural Insho-Domoto Museum of Fine Arts

京都府立堂本印象美術館

京都府立堂本印象美術館についてABOUT Kyoto Prefectural Insho-Domoto Museum of Fine Arts

京都府立堂本印象美術館は、昭和41年、日本画家 堂本印象が自分の作品を展示するため、堂本印象自らデザインした美術館である。

京都府京都市北区にある、奇抜な外観を持つ美術館は、建物そのものが一つの作品して存在感を放つ。また、内装も堂本印象自らのデザインによるものである。

館内には、日本画家という枠にはおさまり切らない独特のタッチや色彩で、瑞々しさや躍動感にあふれた堂本印象の世界が広がる。

堂本印象(どうもといんしょう 1891-1975)は、明治24年京都生れ。本名三之助。明治43年京都市立美術工芸学校を卒業後、しばらく西陣織の図案描きに従事し、大正7年、日本画家を志し て京都市立絵画専門学校に入学。

翌8年、初出品した「深草」が第1回帝展に入選した。第3回展では「調鞠図」で特選、また、第6回展の「華厳」では帝国美術院賞を受賞するなど一躍画壇の花形となった。絵画専門学校の教授として、また私塾東丘社の主宰者としても多くの後進を育成、昭和19年、帝室技芸員となった。

戦後は、独自の社会風俗画により日本画壇に刺激を与え、さらに昭和30年以降は抽象表現の世界に分け入り、その華麗な変遷は世界を驚かせた。多くの国際展にも招かれ、昭和36年には文化勲章を受章した。

様々な技法を駆使しあらゆる画題をこなす画才は、各地の寺社仏閣の障壁画においても発揮され、多くの作品を残した。昭和50年9月逝去、83歳。

尚、美術館は、平成3年8月、堂本印象の所蔵作品とともに京都府に寄贈された。平成4年4月京都府立堂本印象美術館として開館。開館50周年に向けたリニューアル工事のため、2017年1月から2018年春まで休館ののち、2018年3月21日に、リニューアルオープンした。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒603-8355 京都府京都市北区平野上柳町26-3  TEL 075-463-0007
京都府立堂本印象美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

京都府立堂本印象美術館 公式サイトURL
http://insho-domoto.com/
所在地
〒603-8355 京都府京都市北区平野上柳町26-3
TEL 075-463-0007
最寄駅
JR京都駅 または 嵯峨野線 円町駅から 市バス「立命館大学前」下車
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日に休館
年末年始(12月28日~1月4日)
展示替えなどによる臨時休館
入館料・観覧料
一般 500円(400円)
高大生 400円(320円)
小中生 200円(160円)
※( )内は団体20名様以上の割引料金
入館料・観覧料についての追記事項
※65歳以上の方(年齢を確認できる証明等を要提示)、身体障害者手帳等をお持ちの方等は無料
※駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。お車の方は近隣のコインパーキングをご利用ください(満車の場合があります)
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
きょうとふりつどうもといんしょうびじゅつかん

京都府立堂本印象美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

京都府立堂本印象美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる

会期:

日本画家の堂本印象(1891-1975)は、生涯多くの仏画を描いています。 昭和10年代(1935-44)は、印象が宗教画家として最も活躍した時期であり、その...

堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる

開催予定堂本印象美術館に川端龍子がやってくる 圧倒的迫力の日本画の世界

会期:

東京で活躍した日本画家・川端龍子(1885-1966)は、従来の日本画の伝統にとらわれない斬新で豪快な作風を創出し、自ら主宰した青龍社を舞台に発表を続...

堂本印象美術館に川端龍子がやってくる 圧倒的迫力の日本画の世界

京都府立堂本印象美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに京都府立堂本印象美術館で開催された展覧会

会期終了絵になる姿 -装い上手な少女・婦人・舞妓たち-

会期:

大正・昭和・平成期の京都で活躍した日本画家が描いた女性の姿を紹介します。 菊池契月、中村大三郎、三谷十糸子、秋野不矩、三輪良平らによって描か...

絵になる姿 -装い上手な少女・婦人・舞妓たち-

会期終了漆軒と印象 明治生まれの堂本兄弟・うるしと日本画の競演

会期:

堂本漆軒と弟の印象の初となる兄弟の展覧会。 漆芸家・堂本漆軒(1889-1964)は、日展審査員、評議員を務めるなど、京都の漆芸界の発展に大きく寄与しま...

漆軒と印象 明治生まれの堂本兄弟・うるしと日本画の競演

会期終了【リニューアルオープン記念展Ⅱ】徳岡神泉 ―深遠なる精神世界―

会期:

徳岡神泉(とくおかしんせん)は、明治29年(1896)に京都市上京区(現・中京区)の神泉苑近くに生まれ、生涯の大半を京都で過ごしながら絵画制作を行...

【リニューアルオープン記念展Ⅱ】徳岡神泉 ―深遠なる精神世界―

会期終了蘭島閣美術館コレクション 京の日本画家が描く情景

会期:

広島県呉市下蒲刈にある蘭島閣(らんとうかく)美術館は、1991年の創設以来、日本の近現代絵画や地元ゆかりの作家の作品を数多く収集しています。 な...

蘭島閣美術館コレクション 京の日本画家が描く情景

会期終了堂本印象 創造への挑戦

会期:

堂本印象美術館は、日本画家で文化勲章受章者の堂本印象(1891~1975)によって設立され、昭和41年(1966)10月に開館し、平成4年(1992)に府立として再開館しました。 これまで印象の作品だけではなく...

堂本印象 創造への挑戦

会期終了堂本印象生誕125年 「INSHO EXPOSITION ~天才!! 印象ワールド~」

会期:

堂本印象は、1891年(明治24)京都に生まれました。1910年(明治43)に京都市立美術工芸学校を卒業...

堂本印象生誕125年 「INSHO EXPOSITION ~天才!! 印象ワールド~」

会期終了堂本印象生誕125年 「鮮やかなる筆の技 ―信貴山成福院の襖絵―」

会期:

堂本印象(どうもといんしょう 1891-1975)は、1918年に京都市立絵画専門学校に入学し、その翌年の第1回帝展に初入選して日本画家としての道を歩みはじ...

堂本印象生誕125年 「鮮やかなる筆の技 ―信貴山成福院の襖絵―」

会期終了特別企画展 堂本元次展 ー こころに映ゆ ー

会期:

堂本元次(どうもと もとつぐ 大正12年-平成22年)は京都市に生まれました。昭和16年、京都市立美術工芸学校卒業後、京都市立絵画専門学校(現 京都...

特別企画展 堂本元次展 ー こころに映ゆ ー

会期終了美を創る―京都市立芸術大学 日本画コレクションを中心に―

会期:

堂本印象美術館では、年に一回のペースで京都における美術教育を見つめ直す展覧会を企画しています。昨年の「京都市立銅駝美術工芸高等学校ゆかりの作...

美を創る―京都市立芸術大学 日本画コレクションを中心に―

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE