EXHIBITION

夢二がいざなう大正ロマン
―100年前の文化と女性を中心に―

竹久夢二美術館

  • 開催期間:2022年1月29日(土)〜2022年5月29日(日)
  • クリップ数:15 件
  • 感想・評価:2 件
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-1
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-2
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-3
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-4
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-5
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-6
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-7
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-8
竹久夢二・画「Mai」1926年(大正15)
竹久夢二・画「独占ひ」1926年(大正15)
竹久夢二・画 『新少女』秋期特輯号 表紙「テニス」1915年(大正4)
竹久夢二・画 セノオ新小唄「カチューシャの唄」 1920年(大正9)/20版
竹久夢二・画「APL・FOOL」1926年(大正15)
竹久夢二・画「涼しき装い」1925年(大正14)
高畠華宵・画「月夜のマンドリン」1925年(大正14)
『東京朝日新聞』復興記念号 1924年(大正13)
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-1
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-1
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-1
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-1
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-1
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-1
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-1
夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に― 竹久夢二美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

今から100年前の大正時代(1912-1926)は、わずか15年の短い年月でしたが、近ごろ「大正ロマン」と呼ばれる古き良き文化や風俗が注目されています。

本展では、大正ロマンを象徴する画家・竹久夢二の芸術と自由恋愛をクローズアップしながら、同時期に花開いた抒情画、芸能、おしゃれ、文化生活を紹介します。

加えてこの時代を過ごした年若い女性である女学生・令嬢・モダンガールにスポットを当て、彼女たちのライフスタイルや流行風俗も振り返ります。

レトロでノスタルジックな趣に留まらず、現代にも通じる魅力に満ちた、大正ロマンの世界をご堪能ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年1月29日(土)〜2022年5月29日(日)
会場 竹久夢二美術館 Google Map
住所 東京都文京区弥生2-4-2
時間 10:30〜16:30 (最終入場時間 16:00)
  • ※新型コロナウイルスの影響により、開館時間が変更になる場合があります
休館日 月曜日 
※4月26日(火)臨時休館
※ただし3月21日、5月2日、3日は開館
※新型コロナウイルスの影響により、会期、休館日が変更になる場合があります
観覧料 ◎入館にはオンラインによる事前予約(日時指定)が必要となります。美術館の公式サイトをご確認ください。
一般 1000円
大・高生 900円
中・小生 500円
TEL03‐5689‐0462
URLhttps://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

竹久夢二美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

竹久夢二美術館 竹久夢二美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

大正ロマンという時代

竹久夢二美術館を訪問するのは、10年ぶりになります。
今回は、大正ロマンという時代そのものにスポットを当てて、その頃の文化、流行りを知ることができる展示になっています。
朝ドラなどで大正時代を描いたものを観ると、モダンでおしゃれな輝いていたひと時だったと実感します。モダンガールがもてはやされ、少女雑誌が人気でした。
関東大震災、世界恐慌、その後の戦争の時代と対比すると、特別な時代だったんだなと思います。
竹久夢二も、そういう時代背景の中で、私生活では他万喜(たまき)、彦乃、お葉という3人の女性と関わりながら、絵を描きました。

5.0

大正ロマン!!

いつもながらの楽しい展示でした。夢二さんだけでなく、高畠華宵さん、蕗谷虹児さんなどもあって、この時代が好きな乙女たちには垂涎ものだと思います。
当時のプリントを再現した復刻の着物の展示もあり、(弥生美術館にしては珍しく、このコーナーはお写真OKでした!!うれしい!!)楽しめます!!

THANKS!をクリックしたユーザー
にゃんちゅうさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都文京区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE