樂美術館The Raku Museum

樂美術館

樂美術館についてABOUT The Raku Museum

京都府京都市にある、400余年続く樂焼の窯元・樂家に隣接する美術館。樂焼窯元の樂家第14代吉左衛門(樂覚入(かくにゅう))が昭和53年(1978)に開設した。初代・長次郎から当代 15代吉左衞門の作まで樂家歴代の作品を中心に、茶道工芸美術品、関係古文書など樂家に伝わった作品1000点余を収蔵する。運営は、公益財団法人樂美術館

これら樂家伝来の収蔵作品は、450年の永きにわたって、樂家歴代が次代の参考になるよう手本として残してきたもの。樂家の人々はこれらの作品を制作の糧として樂焼の伝統を学び、それぞれ独自な作陶世界を築いてきた。

樂焼は樂家の初代・長次郎が千利休と出会い、利休の侘茶の理想に適う茶碗を焼いたのが始まり。以来樂家では今も変わらぬ手法で、茶道のための焼きものを制作している。年に四回ほど樂焼と茶道美術の企画展を開催。人気の「樂歴代展」では初代から当代までの茶碗が一堂に並び、樂焼の創造の軌跡を感じられる。

ろくろを使わない手捏ねで、一碗ずつ制作されるその手法は同じではあるが、歴代それぞれには作風や個性の違いがあり、それを見比べながらじっくりと鑑賞することができる。茶碗だけでなく、樂焼の花入や香炉なども展示。樂家による作品のほか、樂家と深い関わりのある本阿弥光悦や家元による手捏ねの作品等も所蔵している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

樂美術館
〒602-0923京都府京都市上京区油小路通一条下る TEL 075-414-0304

利用案内INFORMATION

樂美術館 公式サイトURL
https://www.raku-yaki.or.jp
所在地
〒602-0923 京都府京都市上京区油小路通一条下る
TEL 075-414-0304
最寄駅
<京都市営地下鉄> 烏丸線今出川駅下車 6番出口より徒歩約13分

<JR京都駅より> 市バス9番(西賀茂車庫ゆき) 50番(北野天満宮 立命館大学前ゆき)、堀川中立売下車 徒歩約8分/市営地下鉄烏丸線(国際会館ゆき)、今出川駅下車

<阪急四条烏丸より>
四条烏丸バス停より市バス12番(金閣寺 立命館大学前ゆき)、堀川中立売下車/市営地下鉄烏丸線(国際会館ゆき)、今出川駅下車

その他、公式サイト交通機関をご利用の場合をご確認ください。
開館時間
開館時間 10:00〜16:30(最終入館時間 16:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は開館
展示替え期間
年末年始
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
らくびじゅつかん

樂美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

樂美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

特別展 玉水焼 三代

特別展 玉水焼 三代

開催中

会期:

玉水焼(たまみずやき)は樂家四代一入の庶子・一元(1662?~1722)が山城国玉水村(現在の京都府綴喜郡井手町玉水)において開いた楽焼窯です。 開窯は元禄年間と...

樂歴代 特別展 日本の色 ー 赤と黒の世界

樂歴代 特別展 日本の色 ー 赤と黒の世界

開催予定

会期:

「日本を代表する色は、何色をイメージしますか」と問えば、さまざまな答えが返ってくるでしょう。その中で伝統的な日本の...

樂美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに樂美術館で開催された展覧会

新春展「やわらかな、ぬくもり」

新春展「やわらかな、ぬくもり」

会期終了

会期:

夜中の零時、窯に小さな火が灯る。 数時間、窯は茶碗を迎え入れる時をじっと待つ。 夜が明け太陽が顔を出し始めた頃、火は炎となり、窯は本格的に動き出す。 樂家の...

秋期特別展 樂歴代  ~桃山、令和 紡ぐ茶碗~

秋期特別展 樂歴代  ~桃山、令和 紡ぐ茶碗~

会期終了

会期:

織田信長、豊臣秀吉が活躍する時代、千利休により樂茶碗は生み出されました。それは利休の考える「侘茶」に叶う、それまで...

特別展 樂歴代 用の美 -作陶の広がり-

特別展 樂歴代 用の美 -作陶の広がり-

会期終了

会期:

樂焼は千利休の意を受けて、初代長次郎によって創設されました。樂焼の代表といえば赤茶碗と黒茶碗を思い浮かべますが、茶...

新春展 ことのはの宴

新春展 ことのはの宴

会期終了

会期:

茶道具に欠かせない「銘」。「銘」のほとんどは、和歌や俳句から引用されてきました。 日本の元号「令和」も、日本最古の歌集といわれている萬葉集の「第五巻 梅...

秋期特別展 樂歴代 魂を映じて

秋期特別展 樂歴代 魂を映じて

会期終了

会期:

人にはそれぞれ「Ages(世代)」を通して伝えるべき大切なものがあるはずです。 それは人から人へと形を通じて受け継がれていきますが、それは単なる宝物ではありま...

夏期展 樂焼って何だろう? 茶碗 肌 ぬくもり

夏期展 樂焼って何だろう? 茶碗 肌 ぬくもり

会期終了

会期:

ゴツゴツ。ザラザラ。 ブツブツ。ツルツル。 茶碗の肌は、色々な表情を持っている。 お湯で温め、湿り気を含んだ土の感...

春期特別展 樂歴代 富士を見る

春期特別展 樂歴代 富士を見る

会期終了

会期:

今年は特別な年、新しい元号のスタートです。樂家も新しい元号と共に代替わりをします。新しき年への思いを込めて、樂歴代展を開催します。 本展では、特に日本の...

新春展 樂歴代 変わる  - 時代・元号・歳・代 -

新春展 樂歴代 変わる - 時代・元号・歳・代 -

会期終了

会期:

時代は平成から新たな元号へ変わろうとしています。昭和の空気感、平成の空気感といったように、時代はそれぞれ特有の雰囲...

開館40周年 秋期特別展「光悦考」

開館40周年 秋期特別展「光悦考」

会期終了

会期:

本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)は、元和元年(1615)京都・鷹峯の地を拝領、その地で茶の湯、書、陶芸など、数寄風流の世界を逍遙します。 中でも光悦の制作した樂...

開館40周年 夏期展 樂焼って何だろう? 炎の中の赤と黒

開館40周年 夏期展 樂焼って何だろう? 炎の中の赤と黒

会期終了

会期:

真夜中の樂家。樂焼の窯は静かに炎を灯す。 硬い備長炭がパチパチと声を上げ、鞴から優しく柔らかな風が送られる。 月明か...

開館40周年記念特別展 能と樂茶碗 幽玄と侘び − 形の奥にある美意識

開館40周年記念特別展 能と樂茶碗 幽玄と侘び − 形の奥にある美意識

会期終了

会期:

室町時代は固有の文化・美意識を生み出した日本の歴史上特筆すべき時代です。 ...

開館40周年 樂美術館 新春セレクション

開館40周年 樂美術館 新春セレクション

会期終了

会期:

樂美術館は、1978年樂家14代覚入によって設立され、2018年で開館40周年を迎えることとなりました。 千利休が考える侘茶の...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE