入江泰吉記念奈良市写真美術館Irie Taikichi Memorial Museum of Photography Nara City

入江泰吉記念奈良市写真美術館

入江泰吉記念奈良市写真美術館についてABOUT Irie Taikichi Memorial Museum of Photography Nara City

春日大社の神職が住む町として古くからひらけ、柳生街道の始終地であることから賑わい発展してきた高畑(たかばたけ)は、大正から昭和にかけては多くの文人墨客に愛され、文化の町としても知られるようになった。白樺派の文豪・志賀直哉が9年間住んだ旧居が保存公開されている。そして、奈良を愛しその風物を撮り続けた写真家・入江泰吉の 功績を記念し開設し、1992年1月16日、奈良市写真美術館が、開館した。

建物は、建築家 黒川紀章の設計によるもので、新薬師寺の隣という歴史的な環境との調和に留意し、展示室など大部分は地下に埋め込まれている。また、屋根は瓦葺きにすることによって古都奈良のイメージを損なうことなく、外壁はガラス張りになっているため瓦葺きの大屋根がぽっかりと浮いているようなつくりとなっている。

入江泰吉は、1905(明治38)年、奈良市に生まれる。画家を志すが家族の反対で断念するも、長兄からアメリカ・イーストマン社のベスト・ポケット・コダックを譲り受け、写真に打ち込む。1931(昭和6)年、大阪で写真店「光芸社」を開業。文楽人形を撮影した「春の文楽」で世界移動写真展一等賞を受賞、文楽の写真家として活躍する。1945(昭和20)年3月、大阪大空襲に遭い自宅兼店舗が全焼、ふるさと奈良へ引き揚げる。同年11月17日、疎開先から戻される東大寺法華堂の仏像を目撃、そのときアメリカに接収されるとの噂を聞き、写真に記録することを決意。以後、奈良大和路の風景、仏像、伝統行事等の撮影に専念。晩年は「万葉の花」を手掛けるなど約半世紀にわたって撮り続けた。1992(平成4)年1月16日逝去。享年86歳。

入江泰吉記念奈良市写真美術館には、入江泰吉の全作品(約8万点・大半がフィルム)を収蔵している。また、入江が使用していたカメラ、余技作品であるガラス絵・木端仏(こっぱぶつ)・篆刻や収集品など多くの資料を収蔵する。

その他、古美術写真の先駆者 工藤利三郎(くどうりさぶろう 徳島市生まれ 1848~1929)に関する資料、ガラス乾板1025点(2008年国登録有形文化財に登録)、工藤精華堂が販売した絵葉書76点、写真集『日本精華』(11輯)ほか、日本の自然を切り撮る写真家 津田洋甫(つだようほ 奈良県吉野郡生まれ 1923~2014)より寄贈された「四季百樹の詩」プリント100点がある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

入江泰吉記念奈良市写真美術館
〒630-8301奈良県 奈良市高畑町600-1  TEL 0742-22-9811

利用案内INFORMATION

入江泰吉記念奈良市写真美術館 公式サイトURL
http://irietaikichi.jp/
所在地
〒630-8301 奈良県 奈良市高畑町600-1
TEL 0742-22-9811
最寄駅
JR奈良駅・近鉄奈良駅から市内循環バスで「破石町(わりいしちょう)」下車、 東へ徒歩10分、新薬師寺西側。
開館時間
開館時間 09:30〜17:00 (最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
※毎月第2・第4土曜日は、PM2時から展示担当者による作品解説があります。
※カフェ、休憩スペース 午前9時~午後5時(カフェラストオーダー午後4時半)
※資料閲覧室の利用 午前9時半~午後5時
※市民活動スペース等の貸出し時間 午前9時半~午後5時
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は最も近い平日
※祝日の翌日(祝日が平日の場合)
※展示替え期間中
※年末年始(12月27日〜翌年1月3日)
入館料・観覧料
一般 500円
高校・大学生 200円(高校生は土曜日無料)
小・中学生 100円(土曜日無料)
入館料・観覧料についての追記事項
※奈良市在住の70歳以上の方は無料です。
※障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方は無料です。
※団体(20人以上)は2割引
「団体観覧依頼書」はこちら
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
いりえたいきちきねん ならししゃしんびじゅつかん

入江泰吉記念奈良市写真美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

入江泰吉記念奈良市写真美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

これまでに入江泰吉記念奈良市写真美術館で開催された展覧会

元田敬三写真展「御意見無用」

元田敬三写真展「御意見無用」

会期終了

会期:

元田敬三は、1996年、「大阪新聞」に「ON THE STREET, OSAKA」と題し、路上で出会った人々を文章と写真で紹介するシリーズを連載、好評...

山内悠「惑星」

山内悠「惑星」

会期終了

会期:

モンゴルで観た「いま」同時に隣り合わせにある人類の歩みを俯瞰するような多元的な世界。私たちがいま此処に在るということ。その全て...

入江泰吉「灯り」展

入江泰吉「灯り」展

会期終了

会期:

私たち日本人は、古くから神仏に灯明をそなえ祈りを捧げてきました。ここ奈良では東大寺二月堂修二会(お水取り)をはじめ、春日若宮おん...

第四回入江泰吉記念写真賞受賞 岩波友紀「紡ぎ音」展

第四回入江泰吉記念写真賞受賞 岩波友紀「紡ぎ音」展

会期終了

会期:

このたび103点の応募作品の中から岩波友紀さんの「紡ぎ音」が、第四回入江泰吉記念写真賞...

マーク・ピアソン フォト・コレクション展 忘却の彼方へ―日本写真の黎明期から現在まで 第一章:日常生活 1850-1985

マーク・ピアソン フォト・コレクション展 忘却の彼方へ―日本写真の黎明期から現在まで 第一章:日常生活 1850-1985

会期終了

会期:

マーク・ピアソンは、来日して30年余り、日本をはじめアジアの写真文化の発展に貢献して...

入江泰吉  万葉大和路

入江泰吉  万葉大和路

会期終了

会期:

万葉集は、今から約1300年前の奈良時代後半に編纂されました。 日本で現存する最古の歌集です。天皇から庶民まで、老若男女と身分をこ...

妹尾豊孝「大阪環状線 海まわり」「5,000,000歩の京都」

妹尾豊孝「大阪環状線 海まわり」「5,000,000歩の京都」

会期終了

会期:

妹尾豊孝(せのおゆたか)は、会社勤めをしながら40歳の時に写真家を志し、関西を拠点に...

石川直樹写真展 Naoki Ishikawa photo exhibition 「山は人間が生き延びるための根源的な叡智を引きずり出してくれる。」

石川直樹写真展 Naoki Ishikawa photo exhibition 「山は人間が生き延びるための根源的な叡智を引きずり出してくれる。」

会期終了

会期:

「山は人間が生き延びるための根源的な叡智を引きずり出してくれる。」 「なぜ山に登る...

入江泰吉「奈良 古色大和路」展

入江泰吉「奈良 古色大和路」展

会期終了

会期:

入江泰吉(1905~1992年)は、奈良大和路の風物とそこに息づく歴史、表情豊かな自然をこよなく愛した写真家でした。 戦災に遭い、ふる...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE