美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

金沢21世紀美術館21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

金沢21世紀美術館

Ph oto:撮影:渡邉修 写真提供:金沢21世紀美術館/レアンドロ・エルリッヒ《スイミング・プール》2004年 金沢21世紀美術館蔵(写真中央)

金沢21世紀美術館についてABOUT 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

金沢21世紀美術館は、石川県金沢市広坂に2004年10月9日に開館した現代美術を収蔵する美術館で、もと金沢大学附属中学校・小学校・幼稚園があった場所に建てられた。

独自の視点と取り組みによる収蔵作品の選定や美術館を盛り立てるためのさまざまな工夫により、開館当初から記録的な入館者数が、県内のみならず、全国や海外からの来訪者も多い。

平たい円形で銅ガラス張りの、どこからも正面として入館することができる街に向かって解放された美術館。設計した妹島和世+西沢立衛/SANAAが、この建物等によりヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展の最高賞である金獅子賞を受賞したことでも話題となった。

立地も、観光名所として知られる兼六園、金沢城公園からも近い市の中心部に位置し、その他、金沢能楽美術館、石川近代文学館、石川県立美術館、石川県立歴史博物館などの芸術・文化施設を多く擁する。歴史と伝統の色濃い金沢において、個性あふれる現代美術館が開館したことで、文化の香り漂う街をさらに魅力的なものにしている。

金沢21世紀美術館の特徴として、立方体のホワイトキューブを円形の館内に配置し、それぞれを独立した展示室とすることで、通常の美術館の展示室の順路に沿う鑑賞ではなく、自由なペース、自由な順番で、作品の鑑賞を楽しむことができ、美術館内の時間を思うがままに楽しめるつくりとなっている点である。

これらの独立した各展示室におかれた現代美術の多くは、この美術館に展示するために作家に制作を依頼したコミッションワークによるものである。

レアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」、オラファー・エリアソン 「カラー・アクティヴィティ・ハウス」、ジェームズ・タレル「ブルー・プラネット・スカイ」、パトリック・ブラン「緑の橋」、フローリアン・クラール「アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3」、 ヤン・ファーブル 「雲を測る男」、マイケル・リン 「市民ギャラリー 2004.10.09 -2005.03.21」、アニッシュ・カプーア「L'Origine du monde」、フェルナンド・ロメロ「ラッピング」、ピピロッティ・リスト「あなたは自分を再生する」

などの作品が、恒久展示されており、いずれも金沢21世紀美術館を色濃く印象付ける素晴らしい作品展示となっている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒920-8509 石川県金沢市広坂1-2-1  TEL 076-220-2800
金沢21世紀美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

金沢21世紀美術館 公式サイトURL
http://www.kanazawa21.jp/
所在地
〒920-8509 石川県金沢市広坂1-2-1
TEL 076-220-2800
最寄駅
<路線バス>
JR金沢駅バスターミナル 東口3番、6番乗り場よりバスにて約10分「広坂・21世紀美術館」にて下車すぐ。東口8~10番乗り場よりバスにて約10分「香林坊(アトリオ前)」下車、徒歩約5分

<城下まち金沢周遊バス>
JR金沢駅バスターミナル東口7番乗り場から約20分「広坂・21世紀美術館(石浦神社前)」にて下車すぐ

<兼六園シャトル>
JR金沢駅バスターミナル東口6番乗り場から約10分「広坂・21世紀美術館」にて下車すぐ

開館時間
開館時間 10:00〜18:00
開館時間についての追記事項
展覧会ゾーンは、10:00~18:00(金・土曜は20:00まで)
交流ゾーンは、9:00~22:00
※各施設の開室時間はそれぞれ異なります。詳しくはこちらをご覧ください。
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※展覧会ゾーンは、月曜日(祝休日の場合は翌平日)・年末年始
※交流ゾーンは、年末年始
※各施設の休室日は展覧会ゾーンに準ずる
※年間の休館日は開館時間のご案内箇所をご覧ください
入館料・観覧料
※展覧会ゾーン:有料(展覧会により料金異なる)
※交流ゾーン:無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
かなざわにじゅういっせいきびじゅつかん

金沢21世紀美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

金沢21世紀美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[1]

会期:

金沢21世紀美術館は2004年の開館から15周年を迎えます。その節目を記念して、展覧会「現在地:未来の地図を描くために」を開催します。 本展は、コレ...

開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[1]

開催中開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[2]

会期:

金沢21世紀美術館は2004年の開館から15周年を迎えます。その節目を記念して、展覧会「現在地:未来の地図を描くために」を開催します。 本展は、コレ...

開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[2]

開催中lab.4 Space Syntax

会期:

私たちは「空間」の中に生きています。さまざまな方法で私たちは空間を認知し、一方で空間が変われば私たちの行動も変わります。つまり空間のレイアウトと人間の行動とは深く関係していると言えます。そ...

lab.4 Space Syntax

これまでに金沢21世紀美術館で開催された展覧会

会期終了佐藤浩一 第三風景

会期:

この度金沢21世紀美術館は、今日でもなお視覚中心的な作品が多数を占める中、視覚のみならず、非視覚的な感覚、聴覚・嗅覚をも揺さぶる新たな表現を取り上げ、美術館活動の次なる可能性を探求する展覧会...

佐藤浩一 第三風景

会期終了粟津潔 デザインになにができるか

会期:

「デザインになにができるか」を問い続け、行動したデザイナー粟津潔(あわづ きよし)。 成熟していく日本のデザイン界のなかで、揺るぎない民衆とし...

粟津潔 デザインになにができるか

会期終了大岩オスカール 光をめざす旅

会期:

大岩オスカールは、光あふれる鮮やかな色彩とダイナミックな空間構成によって、ときに批評やユーモアを交えながら現代社会を生き生きと描き出してきました。 1965年にブラジルのサンパウロで日本人の両...

大岩オスカール 光をめざす旅

会期終了名和晃平 Foam

会期:

名和晃平は本展において、泡と光のインスタレーション作品「Foam」を展示します。 次々と終わりなく湧き出る小さな泡(セル)が次第に寄り集まり、泡の集合体(フォーム)として有機的な構造を自律的に...

名和晃平 Foam

会期終了横山奈美 LOVEと私のメモリーズ

会期:

横山奈美(1986- )は、日々の生活の中で消耗されていくもの、廃棄されていくものをモチーフに絵画を制作しています。 通常見向きもされない捨てられる運命をもった、いわば主役にならないものを主役に...

横山奈美 LOVEと私のメモリーズ

会期終了コレクション展 アジアの風景 / 粟津潔、マクリヒロゲル5

会期:

アジアからあふれ出る様々な表現は、土地の歴史や文化と密接に結び付きながら、伝統と急速なグローバル化の間での模索や試行が続いています。 ポスト...

コレクション展 アジアの風景 / 粟津潔、マクリヒロゲル5

会期終了東アジア文化都市2018金沢 コア事業連携企画 チウ・ジージエ 書くことに生きる

会期:

チウ・ジージエは、幼少から学んだ「書」を表現の中心に置き、書くことを通じて、普遍的で根源的な...

東アジア文化都市2018金沢 コア事業連携企画 チウ・ジージエ 書くことに生きる

会期終了DeathLAB:死を民主化せよ

会期:

2013年にコロンビア大学に設立された「DeathLAB」は、「持続可能な死と追悼のための空間」を探究する「死の研究所」です。 地球環境工学、宗教学、生物学といった諸分野を横断して、「死」を都市の中心...

DeathLAB:死を民主化せよ

会期終了起点としての80年代

会期:

1980年代には今日の美術に直接つながるいくつもの重要な動向が生まれました。 インスタレーションという形式、作品制作への参加や社会との関係への意識、オルタナティブ・スペース、メディア・アート、...

起点としての80年代

会期終了七搦綾乃

会期:

七搦綾乃(ななからげ あやの 1987-)は山や森などの雄大な自然や、虹や霧などのはかなく消えていく自然現象をテーマとし、そこに独自の解釈や見立てを交えて木彫作品にします。 本展で出品される、「ra...

七搦綾乃

会期終了アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意

会期:

アイ・チョー・クリスティン(Ay Tjoe Christine, 1973-)はインドネシアの西ジャワ州バンドン出身の、インドネシアで活躍している現代アーティストで...

アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意

会期終了コレクション展3 見ることの冒険

会期:

見ることは、多くの人にとって、当たり前の行為ですが、意識を持って見るということは案外に難しく、それゆえに色々なことを見過ごしてしまいがちです。 美術館という場所は、作品を「見ること」、「愛...

コレクション展3 見ることの冒険

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE