美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

新潟市美術館Niigata City Art Museum

新潟市美術館

新潟市美術館についてABOUT Niigata City Art Museum

新潟市美術館は、新潟市中央区に1985年10月13日に開館した。建築は、巨匠ル・コルビュジエのもとで学び、日本の近代建築のパイオニアとして長く活躍した新潟市出身の建築家 前川國男(1905〜1986)の設計によるものである。

翌1986年、優れた設計者、施工者、建築主の三者に対して表彰が行われる建築業協会賞(BCS賞)を受賞。前川國男の最晩年を飾る格調高い作品として、毎年、建築関係の研究者や学生も見学に訪れている。

新潟市美術館のコレクションは、ピエール・ボナール,オディロン・ルドン,パブロ・ピカソ、ルネ・マグリット、パウル・クレー、オーギュスト・ロダン、マックス・エルンスト、アルベルト・ジャコメッティなどの西洋近代美術、そして、横山操、阿部展也など新潟ゆかりの作家たちを核とした4700点あまりからなる。

1985年の開館から数えて30年目の2015年、約9カ月に及ぶ工事休館を経て、7月にリニューアル・オープンした。一新された館内外のサイン・ロゴ・シンボルマークは、アートディレクター 服部一成のデザインによるものである。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒951-8556 新潟県新潟市中央区西大畑町5191-9  TEL 025-223-1622
新潟市美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

新潟市美術館 公式サイトURL
http://www.ncam.jp/
所在地
〒951-8556 新潟県新潟市中央区西大畑町5191-9
TEL 025-223-1622
最寄駅
新潟駅前 万代口バスターミナルから

【観光循環バス】「朱鷺メッセ先回り」または「白山公園先回り」乗車約30分「新潟市美術館入口」下車

【C6八千代橋線】乗車約16分「西堀通八番町」下車 徒歩約5分

【B1萬代橋ライン(BRT)】など 乗車約10分「古町」下車 徒歩約12分(約860m)※一番便数が多いです。「古町」から【C6八千代橋線】または【C5西堀通線】入船営業所行に乗り継ぎもできます。
開館時間
開館時間 09:30〜18:00
開館時間についての追記事項
観覧券の販売は17:30まで
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日または振替休日の場合は、その翌日
・年末年始、その他臨時に休館日を変更することがあります
入館料・観覧料
<コレクション展>
一般 200円(160円)
高校・大学生 150円(110円)
小・中学生 100円(70円)
※( )内団体20名以上

<企画展>
その都度、定めます。
開催展覧会情報をご確認ください。
※新潟市美術館が主催の企画展観覧券で、コレクション展も見ることができます。
入館料・観覧料についての追記事項
<観覧料の免除>
・障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方および一部の介助者は、コレクション展と当館主催の企画展が無料となります。受付でご提示ください。
・新潟市内の小・中学校、特別支援学校、養護学校の児童・生徒が教育活動としてコレクション展、当館主催の企画展を観覧する場合は、事前の免除申請により観覧料が無料となります。※申込書式は、書式ダウンロードからダウンロードしてご利用ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
にいがたしびじゅつかん

新潟市美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

新潟市美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催予定アンドリュー・ワイエス展 オルソン・ハウスの物語 丸沼芸術の森所蔵

会期:

アメリカの国民的画家アンドリュー・ワイエス(1917-2009)は、生まれ故郷であるペンシルヴェニア州...

アンドリュー・ワイエス展 オルソン・ハウスの物語 丸沼芸術の森所蔵

新潟市美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに新潟市美術館で開催された展覧会

会期終了バウハウス開校100年 きたれ、バウハウス ーアート/デザインの原点ー

会期:

1919年、ドイツに造形芸術学校「バウハウス」が開校しました。 クレーやカンディンスキーら魅力的...

バウハウス開校100年 きたれ、バウハウス ーアート/デザインの原点ー

会期終了2019コレクション展Ⅰ SUMU -すむ- あなたのおうちはどこですか

会期:

人間はより快適な暮らしを求め、文明の力で自らの環境を変えてきました。 「棲む」という字はもともと、鳥が樹上にひっそりと休んでいる姿を現したも...

2019コレクション展Ⅰ SUMU -すむ- あなたのおうちはどこですか

会期終了コレクション展Ⅲ「美術の偶然!」

会期:

美術にとっての「偶然」とは、どのようなものでしょうか。 多くの芸術家は、作品を制作するための高い技術を有し、その技術は絵筆のストロークや色彩...

コレクション展Ⅲ「美術の偶然!」

会期終了東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館収蔵 東郷青児展

会期:

憂いを帯びた女性像で広く知られる洋画家・東郷青児(1897-1978)。 1915年、初個展の出品作が有島生馬の目にとまったことをきっかけに、翌16年の第3回...

東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館収蔵 東郷青児展

会期終了フランス国立図書館版画コレクション ピカソ 版画をめぐる冒険

会期:

20世紀最大の芸術家パブロ・ピカソ(1881-1973)。近代美術において造形革命を起こし、絵画、彫刻、陶芸など様々なジャンルで功績を残しました。美術...

フランス国立図書館版画コレクション ピカソ 版画をめぐる冒険

会期終了コレクション展Ⅱ LANDSCAPE 水土の作家×NCAMコレクション

会期:

「水と土の芸術祭2018」(通称「水土〔みずつち〕」、7月14日〜10月8日)が開催されるのにあわせ、新潟市美術館の所蔵作品から、これまで同フェスティ...

コレクション展Ⅱ LANDSCAPE 水土の作家×NCAMコレクション

会期終了阿部展也 ―あくなき越境者

会期:

新潟県五泉市出身の、阿部展也(あべのぶや、1913~71年、本名:芳文)。1937年、詩人で美術評論家の瀧口修造との共作、詩画集『妖精の距離』で一躍注目され、画家としての本格的なスタートを切りました...

阿部展也 ―あくなき越境者

会期終了滋賀県立近代美術館所蔵 小倉遊亀 絵筆にこめた愛

会期:

1895年(明治28年)滋賀県大津市に生まれた小倉遊亀(おぐら・ゆき)は、奈良女子高等師範学校(現在の奈良女子大学)に学び、教職に就きますが、絵に...

滋賀県立近代美術館所蔵 小倉遊亀 絵筆にこめた愛

会期終了コレクション展Ⅲ 美術のドラマツルギー 「名場面」のつくりかた

会期:

映画のワンシーンのような名場面。 そのイメージの秘密を、カメラワークやアングル、構図などから解き明かします。 美術家という名監督の作劇術(ドラ...

コレクション展Ⅲ 美術のドラマツルギー 「名場面」のつくりかた

会期終了野口久光 シネマ・グラフィックス

会期:

野口久光(のぐちひさみつ、宇都宮市生まれ、1909~1994)は、映画配給会社・東和商事(のちの東宝東和)で、およそ30年間に1,000点を超える映画ポスタ...

野口久光 シネマ・グラフィックス

会期終了東京国立近代美術館工芸館名品展 ー人為と天然 Art/Natureー

会期:

東京国立近代美術館工芸館から、陶磁・ガラス・漆芸・木工・竹工・染織・金工の名品が新潟にやってきます。 明治から現代までに生み出された作品が伝...

東京国立近代美術館工芸館名品展 ー人為と天然 Art/Natureー

会期終了石川直樹 この星の光の地図を写す

会期:

世界をフィールドとして活躍する写真家、石川直樹(1977-)は22歳で北極点から南極点までを人力で踏破、23歳で七大陸最高峰の登頂に成功しました。その後も国内・世界各地を旅し、人類学や民俗学などの観点...

石川直樹 この星の光の地図を写す

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE