美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

軽井沢現代美術館THE MUSEUM OF CONTEMPORARY ART, KARUIZAWA

軽井沢現代美術館

軽井沢現代美術館についてABOUT THE MUSEUM OF CONTEMPORARY ART, KARUIZAWA

11月下旬〜4月中旬は冬期休館

軽井沢現代美術館は、2008年夏、緑あふれる軽井沢に、東京・神保町で海画廊を主宰する谷川憲正(たにがわのりまさ)によって開館した美術館。海を渡り海外で高い評価を得ている日本人アーティストの作品をコレクションし、展示をしている。

軽井沢駅から車で5分の林の中の好立地。JRの保養施設であった建物を全面的にリノベーションし、軽井沢の自然の外光を取り入れたユニークな館内は、奥行50mのメイン展示室、2階企画展示室、ギャラリーと、ミュージアムグッズ&カフェコーナーからなる。

軽井沢現代美術館では、海外で活動し高い評価を受ける日本人アーティスト「海を渡った画家たち」の油彩、立体、彫刻等、様々なジャンルの作品を収蔵する。白髪一雄、荒川修作、草間彌生、奈良美智(よしとも)、田中敦子らの作品をテーマに合わせて展示している。
2階企画展示室では年に2回の企画展を開催。また、2階ギャラリーでは展示作家の版画作品や彫刻からアートポスターまで、幅広い作品を販売している。入館料にはお茶とお菓子のサービスが付くので、作品鑑賞の後はアートの余韻にゆっくりと浸ることができる。

<主な収蔵作家>
アイオー/荒川修作/今井俊満/川俣正/木村忠太/草間彌生/白髪一雄/菅木志雄/菅井汲/関根伸夫/高崎元尚/田中敦子/堂本尚郎/流政之/名坂有子/奈良美智/名和晃平/浜口陽三/東恩納裕一/前川強/南桂子/宮脇愛子/山崎つる子/村上隆/元永定正/安田侃/ロッカクアヤコ

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2052-2  TEL 0267-31-5141
軽井沢現代美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

軽井沢現代美術館 公式サイトURL
http://moca-karuizawa.jp/
所在地
〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2052-2
TEL 0267-31-5141
最寄駅
く電車・バスをご利用の場合>
JR軽井沢駅北口より町内循環パス乗車「中軽井沢駅」行きのご利用で「図書館前」下車。徒歩5分

<タクシーをご利用の場合>
JR「軽井沢駅」北口から約5分
しなの鉄道「中軽井沢駅」から約3分

く車をご利用の場合>
上信越自動車道碓氷軽井沢インターより約28分 軽井沢駅方面より国道18号線「南原」信号を右折後、すぐ左折、離山図書館先の小径を直進約200m
開館時間
開館時間 10:00〜17:00
開館時間についての追記事項
※4月下旬~11月下旬の開館時間となります。
定休日
定休日についての追記事項
※4月下旬~11月下旬の火・水曜日(祝日・夏期は無休)
※11月下旬~4月中旬は冬期休館

入館料・観覧料
大人 1,000円
65歳以上・大高生 800円
中小生 500円
未就学児 無料
※入館料にはお茶のサービスが含まれています。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
かるいざわげんだいびじゅつかん

軽井沢現代美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

軽井沢現代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中もの派の作家たち -関根伸夫を中心にー

会期:

ほとんど手が加えられていない木や石、金属、ガラスなどの物体を、「素材」から「作品」へと昇華させる試みを行った作家たち、「もの派」。 戦後に登...

もの派の作家たち -関根伸夫を中心にー

開催中海を渡った画家たち

会期:

アートの国際舞台に立つために、いま、作家たちにはさまざまなことが求められています。 これまでにない新しい表現はもちろん、作品を他者に発信すること、そして他者からの価値付けを得ること。 目覚...

海を渡った画家たち

これまでに軽井沢現代美術館で開催された展覧会

会期終了海を渡った画家たち -時の共演-

会期:

めまぐるしく流転する斬新な表現や、高値で作品が取引されるマーケットが賑わいを見せる世界のアート・シーン。 ここ日本でもすっかり「現代美術」と...

海を渡った画家たち -時の共演-

会期終了草間彌生 近作版画を中心に

会期:

「アート」を凌駕し、ファッションやライフスタイルなど、「文化」という巨大な枠組みにおけるアイコンとして、日々私たちに驚きとパワーを与え続ける前衛芸術家、草間彌生。 反復し増殖するドットやネ...

草間彌生 近作版画を中心に

会期終了菅井汲 - 疾走するイメージ

会期:

「ここで車をやめたら負けやと思うんです。ですから、前のよりももっと速いやつを買うたんです。」 1967年の夏、愛車ポルシェでハイウェイを走行中に大事故を起こし、九死に一生を得たわずか翌年に菅井...

菅井汲 - 疾走するイメージ

会期終了海を渡った画家たち 「- コレクションの軌跡 -」

会期:

軽井沢現代美術館は、今年開館10年目を迎えます。 本展では「海を渡った画家たち」をコンセプトに収集された当館のコレクションの系譜を、作品ととも...

海を渡った画家たち 「- コレクションの軌跡 -」

会期終了蟹江杏作品展 - 世界、或いは万物への眼差し

会期:

軽井沢は蟹江杏(かにえあんず)にとって、第二の故郷ともいえる場所です。 幼少期から軽井沢で過ごす事の多かった彼女は、豊かな森や動物達、川のせ...

蟹江杏作品展 - 世界、或いは万物への眼差し

会期終了海を渡った画家たち - 「WOMAN POWER - 輝ける女性アーティスト -」

会期:

開館から9年目を迎える軽井沢現代美術館では、一貫して「海を渡った画家たち」をコンセプトに、作品...

海を渡った画家たち - 「WOMAN POWER - 輝ける女性アーティスト -」

会期終了世界を見つめる“眼” プロジェクト/ポップ

会期:

日本と世界を横断し、独自のアプローチで活動を続けるふたりの芸術家、川俣正と奈良美智。 川俣正は、完成した作品だけでなく、そこに至るまでに現地...

世界を見つめる“眼” プロジェクト/ポップ

会期終了松本路子展「Portraits 女性アーティストの肖像」

会期:

松本路子は1980年代からニューヨーク、パリ、東京など世界各地で現代を代表するアーティストやダンサーを撮り始め、その肖像を中心に作品を発表してい...

松本路子展「Portraits 女性アーティストの肖像」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE