美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

郡山市立美術館Koriyama City Museum of Art

郡山市立美術館

郡山市立美術館についてABOUT Koriyama City Museum of Art

郡山市立美術館は、郡山市街から安達太良山までを一望できる丘陵地に、1992年(平成4年)11月に開館。

柳澤孝彦+TAK建築研究所による設計・建築は、1994年に第35回BCS建築賞を、1998年には公共建築百選に選ばれている。四季折々に見せる周囲の景観も美しい美術館である。

コレクションは、ターナーや、バーン=ジョーンズらのイギリス近代美術、岸田劉生などの明治以降の日本近代美術、佐藤潤四郎のガラス工芸や雪村などの郡山市ゆかりの美術、本(版)の美術、という4つの大きな柱に基づいており、特にイギリス近代美術について体系的に収集したコレクションは、これまでの国内の美術館において例を見ないもので、内外から大きな評価を得ている。企画展や海外展なども年5、6回行われている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒963-0666 福島県郡山市安原町字大谷地130-2  TEL 024-956-2200
郡山市立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

郡山市立美術館 公式サイトURL
https://www.city.koriyama.lg.jp/bijutsukan/index.html
所在地
〒963-0666 福島県郡山市安原町字大谷地130-2
TEL 024-956-2200
最寄駅
JR郡山駅より約4キロ
車で約10分
郡山駅前バス5番乗り場より「美術館経由東部ニュータウン」行き(所要時間約10分)「郡山市美術館バス停」から美術館までは、歩いてすぐ約1~2分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜日が祝日の場合はその翌日
年末年始
入館料・観覧料
<常設展>
一般 200円(150円)
高・大学生 100円(70円)
小・中学生 無料
※( )内は団体20名以上

<企画展>
展覧会によって異なります。
開催中の展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※企画展の観覧券で常設展もご覧いただけます。
※中学生以下、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は常設展、企画展とも無料です。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
こおりやましりつびじゅつかん

郡山市立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

郡山市立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中志村ふくみ展―滋賀県立近代美術館コレクションを中心に―

会期:

志村ふくみは、大正13年(1924)に医師の小野元澄、豊の次女として生まれました。 32歳の時、両親の住む滋賀県近江八幡に転居し、独自に染めと織りを学...

志村ふくみ展―滋賀県立近代美術館コレクションを中心に―

郡山市立美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに郡山市立美術館で開催された展覧会

会期終了くまのパディントン™展

会期:

イギリスを代表する児童文学「パディントン」シリーズは、1958年、作家マイケル・ボンド氏(1926-2017)によって誕生しました。 その後、40以上の言語に翻訳・出版されるとともに、絵本・アニメ・映画...

くまのパディントン™展

会期終了フジフイルム・フォトコレクション展 日本の写真史を飾った写真家の「私の一枚」

会期:

「フジフイルム・フォトコレクション」は、日本の写真文化を支え続けてきた富士フイルム株式会社が...

フジフイルム・フォトコレクション展 日本の写真史を飾った写真家の「私の一枚」

会期終了ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

会期:

16世紀のフランドル(現在のベルギーにほぼ相当する地域)を代表する画家ピーテル・ブリューゲル1世。聖書の世界や農民の生活、風景などを時に皮肉も交え...

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

会期終了〈眼の人〉今泉亀撤のコレクション

会期:

郡山市の名誉市民として顕彰された医学博士の今泉亀撤(いまいずみ きてつ 1907-2009)は、日本の角膜移植制度の確立とアイバンク創設の基礎づくりに多...

〈眼の人〉今泉亀撤のコレクション

会期終了ターナー風景の詩

会期:

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)は、イギリスで最も偉大な画家であり、風景画の歴史において最も独創的な画家のひとりです。 卓越した技法によって、嵐の海景、崇高な山、穏や...

ターナー風景の詩

会期終了自転車の世紀 ―誕生から200年、自転車の新たな100年が始まる―

会期:

19世紀初頭に自転車の原型が作られて、ちょうど200年になります。その開発の歴史とともに、自転車は人間の移動の考え方を常に革新し続けてきました。 ...

自転車の世紀 ―誕生から200年、自転車の新たな100年が始まる―

会期終了誕生50周年記念 リカちゃん展

会期:

1967(昭和42)年の誕生から50年。リカちゃん人形は、日本でもっとも親しまれている着せ替え人形と言えるでしょう。 4代にわたってモデルチェンジしながら、子どもたちの夢をかなえる憧れの存在として、...

誕生50周年記念 リカちゃん展

会期終了コレクション探訪 英国紳士の審美眼

会期:

郡山市立美術館が誇る所蔵品から、2つのテーマで名作をご紹介します。 1つ目に取り上げる「ローダー・コレクション」は、イギリスの美術研究者、ロバ...

コレクション探訪 英国紳士の審美眼

会期終了東日本大震災復興支援 MOA美術館名品展

会期:

MOA美術館(静岡県熱海市)は、国宝3件、重要文化財66件を含む約3,500件のコレクションを所蔵しています。日本や中国をはじめとする東洋美術の逸品の数...

東日本大震災復興支援 MOA美術館名品展

会期終了もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20's Paris

会期:

印象主義や新印象主義のスタイルを継承しつつ、20世紀初頭の華やかなパリで活躍した、いわば「最後の印象派」と称されるべき芸術家たち。 同時代に始...

もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20's Paris

会期終了マリー・アントワネットも愛した美布 西洋更紗トワル・ド・ジュイ展

会期:

更紗は、さまざまに模様染めがほどこされた綿布です。インドにはじまり、17世紀頃からは交易品とし...

マリー・アントワネットも愛した美布 西洋更紗トワル・ド・ジュイ展

会期終了生誕140年 吉田博展

会期:

久留米市出身で、明治から昭和にかけて活躍した吉田博(1876~1950)は、世界各地の風景を油彩・水彩・木版で表現しました。吉田の画業全体を約230点の作品から振り返る大回顧展です。 吉田博(明治9年...

生誕140年 吉田博展

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE