美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

北海道立函館美術館Hakodate Museum of Art, Hokkaido

北海道立函館美術館

北海道立函館美術館についてABOUT Hakodate Museum of Art, Hokkaido

北海道立函館美術館は、函館および道南地域における美術文化センターとして、1986年9月に開館。建築は、北海道を代表する建築家 田上義也の設計によるものである。

開館以来、「道南の美術」「東洋美術と書」「文字記号に関わる現代美術」を中心とする近代以降のすぐれた作品を収集する一方、さまざまな時代、分野にわたる企画展を開催し、講演会や、講座をはじめとする多彩な教育普及活動を展開している。

展覧会活動においては、特別展では、道南ゆかりの作家の展覧会、書の展覧会を毎年実施。また、広く国内、海外に視野を向けた展覧会や、各道立美術館との提携による巡回展、コレクション展などを企画・開催している。

常設展では、道南の美術および現代の美術を展示する常設展示室及び書家・金子鷗亭(かねこ おうてい)のコレクションを紹介する鷗亭記念室では、年4回の展示替を行い、北海道立函館美術館の所蔵品をさまざまな角度から紹介している。

北海道立函館美術館のコレクションは、現在(平成27年3月末)2222点に至る。開館当初は、所蔵作品40点に対して、寄託作品がその約10倍の400点弱でスタートしたが、それは、美術を愛好し、美術館の設立を願った多くの函館市民の強い強力を得た事情によるものである。  

所蔵作品では、コレクションの核となる道南地域に関わりの深い作品に加え、ブールデル等の西洋彫刻、中国や朝鮮の工芸・絵画などの東洋美術、さらに寄託作品には道南の美術を牽引した田辺三重松の油彩約30点、松前出身で日本を代表する書家、金子鷗亭の作品約300点が含まれている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒040-0001 北海道函館市五稜郭町37-6  TEL 0138-56-6311
北海道立函館美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

北海道立函館美術館 公式サイトURL
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hbj/
所在地
〒040-0001 北海道函館市五稜郭町37-6
TEL 0138-56-6311
最寄駅
市電 函館駅前から湯の川方面乗車「五稜郭公園前」下車 徒歩7分

バス 函館駅前から函館バス5-1、6-2、50、59、60、105系統、106ループ27、130系統乗車「五稜郭公園入口」下車 徒歩3分

タクシー JR函館駅より10分/函館空港より20分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は開館
※祝日開館に伴う振替日
※年末年始及び展示替期間,その他
入館料・観覧料
<ミュージアム・コレクション観覧料>
一般 170円(140円)
高大生 100円(70円)
中学生以下 無料
※( )内団体10名以上

<特別展観覧料>
展覧会によって異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
次の方は無料でご覧いただけますのでお申し出ください。
(特別展)
1. 学校の教育活動で利用する小中高校生及びその引率教員
2. 盲・聾・養護学校の児童生徒及びその引率者
3. 児童・老人福祉施設入所の方及びその付添の方
4. 障害者手帳・療育手帳等の交付を受けている方及びその付添の方

(ミュージアム・コレクション及び所蔵品展)
上記、1~4のほか
5. 65歳以上の方
6. 小中学生及びその引率教員
7. 次の日に利用する高校生:毎週土曜日/こどもの日/文化の日
8. 生活保護を受けている方
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ほっかいどうりつはこだてびじゅつかん

北海道立函館美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

ケータイ絵文字のほっこりワールド NTT DOCOMO の初期の絵文字から

開催期間:

携帯電話(以下、ケータイ)からメールを打つとき、みなさんは、どんな「絵文字」を主に...

ケータイ絵文字のほっこりワールド NTT DOCOMO の初期の絵文字から

「文字」に関わる最新の「アート」
ただいま開催中

ハコビ・コレクションの文字と記号

開催期間:

北海道立函館美術館は、「書」ならびに「文字と記号に関わる現代美術」を、コレクションの重要なテーマとしています。 文字を含む広告...

ハコビ・コレクションの文字と記号

所蔵品から書と現代美術の名品を展示
ただいま開催中

これまでに北海道立函館美術館で開催された展覧会

歌川広重 二つの東海道五拾三次 江戸っ子たちの旅ログ!?

開催期間:

浮世絵師・歌川広重(うたがわひろしげ/1797[寛政9]~1858[安政5])は、1833(天保4)年に《東海道五拾三次之内》(保永堂版東海...

歌川広重 二つの東海道五拾三次 江戸っ子たちの旅ログ!?

「保永堂版」と「丸清版」を同時に紹介
会期終了

奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界

開催期間:

ぴん!とはねあげた口ひげ、ぐにゃりとゆがんだ時計、棒つきキャンディのポップなデザイン。誰もがきっとどこかで目にしているこれらは...

奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界

20世紀のスペインを代表する画家 ダリ
会期終了

北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下…

開催期間:

「アートギャラリー北海道」は、本道が「北海道」と命名されてから150年目となる2018年を...

北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達

命名から150年を迎える「北海道」
会期終了

追悼特別展 高倉健

開催期間:

戦後の日本映画界の第一線で活躍し、北海道や函館ともゆかりの深い映画俳優・高倉健。 生涯の出演作205本のダイジェスト映像と貴重な資...

追悼特別展 高倉健

生涯の出演作205本のダイジェスト映像!
会期終了

招き猫亭コレクション 猫まみれ展

開催期間:

古今東西、人間のパートナーとして親しみ愛されてきた猫の姿は、多くの美術作品に登場してきました。 「招き猫亭」は、猫と美術への愛...

招き猫亭コレクション 猫まみれ展

猫を題材とした作品約300点!
会期終了

生誕120年記念 田辺三重松展

開催期間:

函館生まれの田辺三重松(たなべ・みえまつ/1897年~1971年)は、力強いタッチと大胆な色づかいにより北海道の雄大な自然を生涯描き続け...

生誕120年記念 田辺三重松展

雄大なスケールで描き出す北海道の自然
会期終了

ニッポンの写実 そっくりの魔力

開催期間:

何かにそっくりなものを目にしたとき、私たちは「すごい!これ、本物?」と、素朴なおどろきをおぼえます。目に見えるものをあるがまま...

ニッポンの写実 そっくりの魔力

「すごい!これ、本物?」
会期終了

昭和の洋画を切り拓いた若き情熱 1930年協会から独立へ ― 始まりはパリ。展

開催期間:

本展は、日本近代洋画史を語る上で欠かすことのできない二つの美術団体「1930年協会」の...

昭和の洋画を切り拓いた若き情熱 1930年協会から独立へ ― 始まりはパリ。展

一時代を築いた寵児たちの作品を一堂に
会期終了

開館30周年記念 ハコビ・グランド・コレクション「文字と記号セレクション」

開催期間:

北海道立函館美術館のコレクションのテーマ[文字と記号の美術]から選りすぐった名品を展...

開館30周年記念 ハコビ・グランド・コレクション「文字と記号セレクション」

文字と記号の美術をテーマに選抜
会期終了

開館30周年 生誕110年記念 金子鷗亭の世界

開催期間:

松前町出身の書家・金子鷗亭(かねこ おうてい)の生誕110年を記念し、その書業を回顧します。 鷗亭は戦後、時代に即した書のあり方「...

開館30周年 生誕110年記念 金子鷗亭の世界

金子鷗亭の書の世界
会期終了

開館30周年 画家の詩、詩人の絵 ―絵は詩のごとく、詩は絵のごとく

開催期間:

古来、西洋では「絵は黙せる詩、詩は語る絵」といわれてきました。日本でも画賛(がさん...

開館30周年 画家の詩、詩人の絵 ―絵は詩のごとく、詩は絵のごとく

絵画と詩の密接なつながりを検証する
会期終了

フランス近代美術をめぐる旅

開催期間:

旅は19世紀前半にドラクロワが描いたエキゾチックな人物像に始まり、ミレーの眼に映る穏やかな農家の光景、印象派の画家達がとらえた光...

フランス近代美術をめぐる旅

印象派から19世紀以降の近代フランス美術
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE