北海道立近代美術館Hokkaido Museum of Modern Art

北海道立近代美術館

北海道立近代美術館についてABOUT Hokkaido Museum of Modern Art

北海道立近代美術館は、1973年発足の新美術館建設準備室を経て、1977年7月、北海道札幌市中央区に開館した道立の美術館である。

明治以後の北海道美術の流れから、各分野のすぐれた作品を系統的に収集・保存、また、国内外の近代以後の作品、特にガラス工芸、パスキンを中心とするエコール・ド・パリの作品などを積極的に収集している。

展覧会では、所蔵作品をさまざまなテーマを設けて紹介する「近美コレクション」展、国内外の優れた作品を幅広く紹介する「特別展」を企画・開催している。また、道内各地での移動美術館も実施するなど、バラエティ豊かな展示活動に取り組む。

北海道立近代美術館では、地域性と国際性を視座としながら、コレクションの充実に取り組み、平成27年3月末現在、5,047点の作品を所蔵する。

◆北海道の美術のすぐれた作品を体系的に収集した作品
林竹治郎《朝の祈り》、木田金次郎《秋のモイワ》、国松登《氷人B》、難波田龍起《秋の詩》、神田日勝《室内風景》、岩橋英遠《道産子追憶之巻》、片岡球子《面構 浮世絵師歌川国芳と浮世絵研究家鈴木重三先生》、中原梯二郎《若きカフカス人》、一原有徳《SON・ZON》、小森忍《雪結晶文花瓶》 など。

◆日本近代の美術
国吉康雄《横たわる裸婦》など。

◆パスキンを中心としたエコール・ド・パリの作家の作品と関連作家の作品
ジュル・パスキン《花束をもつ少女》、アメデオ・モディリアーニ《フジタの肖像》、ハイム・スーチン《祈る男》

◆近代以降の国内外のすぐれたガラス工芸作品を系統的に収集
エミール・ガレ《鯉文花器》、ドーム《クロッカス文花器》、ルイ・コムフォート・ティファニィ《ランプ・きばなふじ》、ルネ・ラリック《花器・バッカスの巫女》、岩田藤七《貝》、藤田喬平《飾筥・弥生》、扇田克也(1957-)《ワタシノアヲゾラ/アメノヒモアル》、高橋禎彦(1958-)《花のような》

◆北海道の美術に関連した1960年代以降のすぐれた作家や多様な分野の現代の美術作品

ほかにも、歌川国貞を主とする江戸後期の浮世絵(高橋博信コレクション)、ルネサンスから近代までのヨーロッパ版画、オプティカル・アートなど、特色あるコレクションを含む。

なお、近接する北海道立三岸好太郎美術館は、大正から昭和初期の日本近代洋画史に鮮やかな光彩を放った札幌出身の画家・三岸好太郎の作品その他関係資料の収集と保存、展示、および調査・研究、普及活動を行うことを特色としている道立の美術館である。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

北海道立近代美術館
〒060-0001北海道 札幌市中央区北1条西17丁目  TEL 011-644-6882

利用案内INFORMATION

北海道立近代美術館 公式サイトURL
https://artmuseum.pref.hokkaido.lg.jp/knb
所在地
〒060-0001 北海道 札幌市中央区北1条西17丁目
TEL 011-644-6882
最寄駅
地下鉄東西線 西18丁目駅下車 4番出口から徒歩5分

JRバス、中央バス、ぶらりサッポロ観光バス 道立近代美術館バス停下車 徒歩1分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00 (最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日又は振替休日のときは開館、翌火曜日休館
※展示替え期間等
入館料・観覧料
展覧会ごとに観覧料が異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ほっかいどうりつきんだいびじゅつかん

北海道立近代美術館についての感想・評価REVIEWS

4.0

大好きな絵があります。

北海道育ちなので、神田日勝の「室内風景」
岩橋英遠の「道産子追憶の巻」等が無性に見たくなります。
他 小川原脩、岩船修三、など北海道出身者の絵は観ていると優しい気持ちになれます。
マリーローランサンのフワッとした絵もいいですね。

THANKS!をクリックしたユーザー
tonoさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

北海道立近代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

北海道立近代美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに北海道立近代美術館で開催された展覧会

神田日勝 大地への筆触

神田日勝 大地への筆触

会期終了

会期:

北海道の開拓民として、農業に従事しながら絵を描き続けた神田日勝。その作品は、まさに大地を耕すかのように、力強い筆致で描かれてい...

山川草木 美は自然に宿る

山川草木 美は自然に宿る

会期終了

会期:

美術の世界では、東西を問わず、古くから自然の事物や諸相を主題として、さまざまな表現が生み出されてきました。時代や地域によって表...

アイヌの美しき手仕事 柳宗悦と芹沢銈介のコレクションから

アイヌの美しき手仕事 柳宗悦と芹沢銈介のコレクションから

会期終了

会期:

民藝運動の主唱者として知られる柳宗悦は、染色家の芹沢銈介とともに、「アイヌ工藝文化...

バック・トゥ・ザ・フューチャー 来るべき20年代に向けて

バック・トゥ・ザ・フューチャー 来るべき20年代に向けて

会期終了

会期:

1920年代――それは、欧米では二つの大戦に挟まれ、いわゆる「狂乱/狂騒の時代」と呼ばれ...

カラヴァッジョ展

カラヴァッジョ展

会期終了

会期:

16世紀末、ローマに現れた天才画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ。圧倒的な描写力、強烈な明暗、観る者を引き込む生々...

風雅の人 蠣崎波響 展

風雅の人 蠣崎波響 展

会期終了

会期:

江戸時代後期に、松前藩の家老という重職に就きながら、優美な花鳥人物を描いた風雅の人、蠣崎波響(かきざき はきょう 1764-1826)の...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE