第5回「私の代表作」展

ホキ美術館

  • 開催期間:2023年11月23日(木・祝)~2024年5月12日(日)
  • クリップ数:8 件
  • 感想・評価:2 件
第5回「私の代表作」展 ホキ美術館-1
第5回「私の代表作」展 ホキ美術館-2
第5回「私の代表作」展 ホキ美術館-3
第5回「私の代表作」展 ホキ美術館-4
第5回「私の代表作」展 ホキ美術館-5
原雅幸「ハートソップの羊牧場」 (2023年)
野田弘志「崇高なるもの」OP.9 (2023年)
五味文彦「百の風 百の雨 百の陽」 (2023年)
廣戸絵美「小さな物語」 (2023年)
第5回「私の代表作」展 ホキ美術館-1
第5回「私の代表作」展 ホキ美術館-1
第5回「私の代表作」展 ホキ美術館-1
第5回「私の代表作」展 ホキ美術館-1
第5回「私の代表作」展 ホキ美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

総勢13名の作家らによる、3年越しの全作描きおろし。
100号以上の大作が一堂に会し、作家自身の矜持とも言える、
自身にとっての代表作を描いた写実絵画の最前線


「私の代表作」の始まりは、2007年までさかのぼります。創設者の保木将夫は、美術館設立にあたり、ホキ美術館の特徴になるものを作ろうと考えておりました。そこで作家を集め、3年をかけて将来「私の代表作」と成るような100号以上の大作を作家自身が考えたテーマで描いていただくように依頼しました。

そうして2010年の開館のときに、描きあがった作品が特別な展示室、ギャラリー8に展示されました。大半が白い壁の展示室のなかで、ギャラリー8は唯一黒い壁、黒い床、黒い天井。ガラスで仕切った一人6メートルのスペースに、作品が1点ずつ展示されます。

自身の代表作を描く故に、費やされるエネルギーは凄まじく、同時に並ぶ作家の作品にも闘志を燃やし、一切の手抜きなく各自が磨き合ってきました。作家同士もどのような作品を描くかは、展示するまでお互いに知りません。もちろん私どもも納品されるまで知らされておりません。ホキ美術館の所蔵作家は現在60名あまりいますが、ここに展示できる作家は、いま一番輝いている作家です。そして作品は3年間継続して展示されます。こうして「私の代表作」の展示は4回の展示替えを経て、この度、第5回目を迎えます。

本展では、作家の生の声による作品解説をお聞きいただくことができる音声ガイドがございます。作品横に設置されたQRコードから専用サイトへアクセスしてご利用ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2023年11月23日(木・祝)~2024年5月12日(日)
会場 ホキ美術館 Google Map
展示室ギャラリー8
住所 千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15
時間 10:00~17:30
  • 入館は17:00まで
休館日 火曜日 
観覧料 一般 1,830円
高大生・65歳以上 1,320円
中学生 910円
小学生 760円
(大人1人につき小学生2人まで無料)
  • ※障がい者手帳等を提示の場合:
    一般 910円
    高校生・大学生・65歳以上 660円
    中学生 450円
    小学生以下 380円(保護者1人につき2人まで無料)
TEL043-205-1500
URLhttps://www.hoki-museum.jp/

ホキ美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

ホキ美術館 ホキ美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

2023年制作、全作描きおろしの13点

写実絵画の殿堂、ホキ美術館のgallery 8の作品が入れ替わりました。100号以上の大作全13点は圧巻です。他のgalleryは過去の代表作展の作品を中心に佳品が並びます。森本草介の作品群、「5:55」「言葉にする前のそのまま」等々、館を代表する作品も多数展示、野田弘の超ドデカイ作品も必見です。個人的に塩谷亮、島村信之作品が多めで嬉しい。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん
  • 1
  • BY TK

4.0

リアリティを追求した写実絵画の数々に圧倒

ホキ美術館の訪問は3回目。
展示会場は3フロア構成で、企画展「第5回 私の代表作展」は一番下のB2FのGallery8だけです。順路としては最後に鑑賞することになります。
そこに行くまで、まずは常設展示を観ます。
常設展示では、人物画、風景画、昆虫画、静物画、いずれもディテールに渡るまで写実を徹底的に追求した作品には改めて圧倒させられます。若い女性の人物画は、足に血管が浮き出たり、足の指がちょっと歪んでいたり、顔にホクロが多かったりしますが、そんなところも容赦なくありのままに描き込むことで、リアリティが増幅します。
企画展は、常設展示とは異なる題材の作品(男性や子どもがモデルだったり現代アート風の作品など)が目立ちます。写実絵画も指向を変えないと、飽きられてしまうのだと思います。写実絵画の最新動向の一端を感じることが出来ました。

THANKS!をクリックしたユーザー
uchikoさん、morinousagisanさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
千葉県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

原雅幸「ハートソップの羊牧場」 (2023年)

野田弘志「崇高なるもの」OP.9 (2023年)

五味文彦「百の風 百の雨 百の陽」 (2023年)

廣戸絵美「小さな物語」 (2023年)

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE