EXHIBITION

生誕300年記念 伊藤若冲 展

相国寺承天閣美術館

  • 開催期間:2016年7月1日(金)〜2016年12月4日(日)
  • クリップ数:6 件
  • 感想・評価:4 件
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-2
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-3
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-4
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-5
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-6
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-7
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-8
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-9
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-10
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-11
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-12
重要文化財 「鹿苑寺大書院旧障壁画」 双鶏図貼付 伊藤若冲筆 鹿苑寺蔵
重要文化財 「鹿苑寺大書院旧障壁画」 竹図襖絵 伊藤若冲筆 鹿苑寺蔵
釈迦如来像 伊藤若冲筆 相国寺蔵
重要文化財 「鹿苑寺大書院旧障壁画」 葡萄図襖絵 伊藤若冲筆 鹿苑寺蔵
竹虎図 梅荘顕常賛 伊藤若冲筆(左幅) 鹿苑寺蔵
竹虎図 梅荘顕常賛 伊藤若冲筆(右幅) 鹿苑寺蔵
鳳凰之図 伊藤若冲筆 相国寺蔵
伊藤若冲像 久保田米僊筆 相国寺蔵
芭蕉小禽図 伊藤若冲筆 大光明寺蔵
普賢菩薩像 伊藤若冲筆 相国寺蔵
文殊菩薩像 伊藤若冲筆 相国寺蔵 
厖児戯帚図 伊藤若冲筆 鹿苑寺蔵 
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1
生誕300年記念 伊藤若冲 展 相国寺承天閣美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

今年は伊藤若冲(1716~1800)生誕300年を迎えます。これを記念し、若冲の名品の数々を展示いたします。

宝暦9年(1759)鹿苑寺(金閣寺)大書院に描いた障壁画50面(重要文化財)全て。また明和7年(1770)若冲が相国寺へ永代供養として奉納した「動植綵絵30幅」は毎年6月、相国寺方丈で厳修される観音懺法法要に明治まで掛けられておりました(現在は宮内庁三の丸尚蔵館所蔵)。

この度コロタイプ印刷により精密に復元された「動植綵絵30幅」を一堂に展示いたします。若冲畢竟の作品をぜひ御堪能下さい。

◆ コロタイプ印刷
ゼラチン水溶液に重クロム酸塩を加えた感光液をガラス板に塗布・乾燥させ、これに撮影されたネガフィルムを密着し紫外線を当てる。これによってできる細かい“しわ”にインクを付着させ印刷する。多色印刷は、幾度も撮影を繰り返し、各色の製版を作り、重ね刷りをする。複雑な手間と高度な技術により、本物と見紛うほど精密に復元される。現在では、世界的に希少な技術となっている。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年7月1日(金)〜2016年12月4日(日)
会場 相国寺承天閣美術館 Google Map
住所 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 年中無休 
観覧料 一般 800円 
65歳以上・大学生 600円
中高生 300円 
小学生 200円
  • ※一般の方に限り、20名様以上は100円団体割引させていただきます。
TEL075-241-0423
URLhttps://www.shokoku-ji.jp/museum/

相国寺承天閣美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

相国寺承天閣美術館 相国寺承天閣美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

生誕300年記念 伊藤若冲展

宮内庁三の丸尚蔵館所蔵の「動植綵絵30幅」はコロタイプ印刷による複製とのことでしたが、実物と見紛う程に色鮮やかで素晴らしく、目を見張る美しさでした。
若冲の色鮮やかな”赤”や”緑”や”青”も素敵ですが、雪を現した”白”が一番目映く美しくて心に残りました。
長い時間と手間をかけ、当時の高価で最高の色(顔料や染料)を惜しげもなく使い、魂を込めるように丁寧に精緻に描かれた数珠玉のような作品は、美しく生命の輝きがあり圧巻でした。
「釈迦三尊像」と「動植綵絵三十幅」の33幅は、全ての生物が共存する心穏やかな世界であり、貧困や天災や争いのない平和な世界への祈りのようであり、若冲の思いを深く感得しました。

4.0

久方ぶり

9年前に開催された若冲展以来の訪問。
今回は旅の途中ということもあり、ゆっくり鑑賞できました。
年を重ねるたび、こちらの感じ方にも変化があり、また数年後に訪れたくなりました。

5.0

最高でした!

細見美術館のついでに…と軽い気持ちで立ち寄ったのですが、素晴らしい若冲の障壁画に圧倒されました!個人的には動植綵絵以上の感動でした。もう一度見に行きたいと思います。

4.0

圧巻

東京の若冲展は入館に3時間と聞き断念し、写しとはいえ見たくて行ってきました。
圧巻ですね。人もあまりいなくて、ゆっくりじっくり見られて良かったです。
去り際に団体さんが来て、それにもびっくり。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE