現代日本画 夜

郷さくら美術館

  • 開催期間:2022年9月13日(火)〜2022年11月20日(日)
  • クリップ数:26 件
  • 感想・評価:3 件
現代日本画 夜 郷さくら美術館-1
現代日本画 夜 郷さくら美術館-2
現代日本画 夜 郷さくら美術館-3
現代日本画 夜 郷さくら美術館-4
現代日本画 夜 郷さくら美術館-5
現代日本画 夜 郷さくら美術館-6
現代日本画 夜 郷さくら美術館-7
現代日本画 夜 郷さくら美術館-8
現代日本画 夜 郷さくら美術館-9
現代日本画 夜 郷さくら美術館-10
中川 脩《醍醐寺螢》2020年
那波多目功一《明けゆく(アッシジ)》2001年
渡辺信喜《叢(くさむら)》2005年
二川和之《湖畔静夜》1993年
佐藤 晨《冬の月》2007年
村居正之《アクロポリスの月》2005年
福井爽人《晨》1989年
平松礼二《彩秋記》2012年
仲 裕行《パオの夜》2001年
高橋秀年(天山)《献灯》1994年
現代日本画 夜 郷さくら美術館-1
現代日本画 夜 郷さくら美術館-1
現代日本画 夜 郷さくら美術館-1
現代日本画 夜 郷さくら美術館-1
現代日本画 夜 郷さくら美術館-1
現代日本画 夜 郷さくら美術館-1
現代日本画 夜 郷さくら美術館-1
現代日本画 夜 郷さくら美術館-1
現代日本画 夜 郷さくら美術館-1
現代日本画 夜 郷さくら美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

陽が沈むと辺りは暗闇に包まれます。この光景は、しばしば絵画・音楽・文学の題材になってきました。「夜」は、闇によって畏怖の念を抱かせると同時に、昼の世界とは異なる森羅万象の魅力を教えてくれるからです。

私たちは、季節や時間によって移ろいゆく夜を眺めながら、自然の趣や日々の記憶に思いを馳せてきました。本展は、郷さくら美術館の所蔵作品から厳選した静かな風景や、月明かりに浮かび上がる人物・花・建物を紹介します。

夜が長くなる秋の季節に、日本画家の眼を通して描かれた様々な「夜」の魅力をどうぞご堪能ください。

◆ 出品作家
伊藤はるみ、栗原幸彦、佐藤 晨、千住 博、仲 裕行、中川 脩、 那波多目功一、平松礼二、二川和之、村居正之、渡辺信喜 他(五十音順)

※本展覧会は写真撮影が可能です。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年9月13日(火)〜2022年11月20日(日)
会場 郷さくら美術館 Google Map
住所 東京都目黒区上目黒1-7-13
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
9月20、10月11日
※但し9月19日、10月10日は開館
観覧料 一般 500円
シニア(70歳以上)400円
大学生・高校生 300円
中学生 100円
小学生 無料(保護者の同伴が必要です)
  • ※障害者手帳・療育手帳の提示で、上記該当料金の半額
TEL03-3496-1771
URLhttps://www.satosakura.jp/

郷さくら美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

郷さくら美術館 郷さくら美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

秋、昼でも美術館で夜の美しさにひたれます。

郷さくら美術館は、桜で有名な目黒川近く、桜の葉は早くも秋色に変わり、ちらほら散り始めています。秋散歩の途中でも、ぜひ寄って頂きたい、現代日本画の美術館です。今回は「夜」がテーマ。日本画の夜の美しさは、平山郁夫や東山魁夷のブルーだけじゃないと。3階で同時開催の「桜百景vol.29」もやはり夜桜に。心を静かにしてくれる、素敵な夜に沢山出会えました。

4.0

雄大で繊細

現代日本画を楽しめる郷さくら美術館。
夜 がテーマとなれば、美しくないわけがない!

いろいろな夜が見られるわけだが、とりわけ
印象的だったのは同時開催の桜百景。
本テーマに合わせ夜桜が堪能出来る。

オススメは
中島千波『春夜三春の瀧櫻』1998
濃紺に映える櫻が特に美しい。

季節外れの花見を楽しんでみてはいかがだろうか。

THANKS!をクリックしたユーザー
Tarさん

5.0

開館10周年開催展覧会中、確実にBest5に入る展覧会

本展は「100号以上の大画面の夜」、「青い夜の静寂」、「夕暮れ時から夜明けまでの夜」と3つのテーマで、日本画で描かれた様々な夜を紹介。情感の深さを表現するのに長けた日本画の魅力を実感出来ます。個人的に好きな中川 脩の《醍醐寺螢》が展覧会メインビジュアル、初公開も含め中川作品多数展示され、いつもなが?️可なのも嬉しい。SNS等で郷さくら美術館、現代日本画の魅力が更に発信されていくと良いですね、

THANKS!をクリックしたユーザー
Tarさん、micco3216さん
  • 2
  • BY TK

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都目黒区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

中川 脩《醍醐寺螢》2020年

那波多目功一《明けゆく(アッシジ)》2001年

渡辺信喜《叢(くさむら)》2005年

二川和之《湖畔静夜》1993年

佐藤 晨《冬の月》2007年

村居正之《アクロポリスの月》2005年

福井爽人《晨》1989年

平松礼二《彩秋記》2012年

仲 裕行《パオの夜》2001年

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE