十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展
名和晃平 生成する表皮

十和田市現代美術館

  • 開催期間:2022年6月18日(土)〜2022年11月20日(日)
  • クリップ数:4 件
  • 感想・評価:1 件
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-1
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-2
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-3
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-4
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-5
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-6
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-7
名和晃平《Biomatrix》2018年 ミクストメディア、サイズ可変
提供:SCAI THE BATHHOUSE 写真:表恒匡|Sandwich
名和晃平《PixCell_Saturation#4》2011年 ミクストメディア、サイズ可変
提供:SCAI THE BATHHOUSE 写真:豊永政史 | Sandwich
名和晃平「White Code」写真:表恒匡|Sandwich
名和晃平《Untitled》2000年 鉛筆、水彩インク、紙 44.5×35.2×2.8 cm
提供:Gallery Nomart 写真:表恒匡|Sandwich
名和晃平《PixCell-Deer#52》2018年 ミクストメディア 217.3×189.6×150cm
写真:小山田邦哉
名和晃平《Dot Array – Black #239》2022年 UVプリント、紙、アクリル、木製パネル 56×100cm
提供:Gallery Nomart 撮影:加藤成文
名和晃平
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-1
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-1
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-1
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-1
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-1
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-1
十和田市現代美術館 地域交流センター開館記念展 名和晃平 生成する表皮 十和田市現代美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

十和田市現代美術館と十和田市に9月から開館する(仮称)地域交流センター[設計者:藤本壮介]にて、彫刻家 名和晃平の個展「生成する表皮」を開催します。日程は、十和田市現代美術館:2022年6月18日(土)~11月20日(日)、(仮称)地域交流センター:10月1日(土)~11月20日(日)を予定しています。

名和は、セル(細胞・粒)で世界を認識するという独自の概念を軸に、ガラスや液体などのさまざまな素材や技法を横断しながら、彫刻の新たなあり方を一貫して追求しています。素材の探求を通じて彫刻の概念を拡張してきた名和の活動の変遷を、大学院生時代のドローイングシリーズ「Esquisse」と代表作の「PixCell」、そして新作「White Code」を含む多様な作品シリーズから紹介していきます。

◆展覧会に関して:名和晃平
太古から変わらない現象に、新たなイメージを重ね合わせることで、現象への解釈は無限にひろげることができます。例えば、「断続的な雨」という現象に「コード」という現代のイメージを重ねることで、その現象の意味を拡張するなどです。本展が取り扱うのは、そうした日々の理解からこぼれ落ちたマージナルな情報領域であり、それを受け止める感覚と想像の拡張です。

展覧会タイトル「生成する表皮(英語:Generative Interface)」は、名和晃平の作品に通底する制作概念を表しています。レンズ効果により視点の移動とともに表皮が映像的に姿を変える「PixCell」シリーズ、シリコーンオイルからグリッド状に泡が沸き立つ《Biomatrix (W)》。刻々と変化する界面は視触覚を静かに刺激して、見るものの感性を鋭敏に研ぎ澄まします。それは、情報化時代における知覚や認識のリアリティを背景に、物質と感性を介するインターフェースとしての「表皮」に焦点を当てています。

◆名和 晃平(なわ・こうへい)
彫刻家。Sandwich Inc.代表。京都芸術大学教授。1975 年生まれ。京都を拠点に活動。
2003 年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。2009 年「Sandwich」を創設。名和は、感覚に接続するインターフェイスとして、彫刻の「表皮」に着目し、セル(細胞・粒)という概念を機軸として、2002 年に情報化時代を象徴する「PixCell」を発表。生命と宇宙、感性とテクノロジーの関係をテーマに、重力で描くペインティング「Direction」やシリコーンオイルが空間に降り注ぐ「Force」、液面に現れる泡とグリッドの「Biomatrix」、そして泡そのものが巨大なボリュームに成長する「Foam」など、彫刻の定義を柔軟に解釈し、鑑賞者に素材の物性がひらかれてくるような知覚体験を生み出してきた。
近年では、アートパビリオン「洸庭」など、建築のプロジェクトも手がける。2015 年以降、ベルギーの振付家/ダンサーのダミアン・ジャレとの協働によるパフォーマンス作品「VESSEL」を国内外で公演中。2018 年にフランス・ルーヴル美術館 ピラミッド内にて彫刻作品《Throne》を特別展示。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年6月18日(土)〜2022年11月20日(日)
  • 十和田市現代美術館:
    2022年6月18日(土)~11月20日(日)
    地域交流センター(仮称):
    2022年10月1日(土)~11月20日(日)を予定
会場 十和田市現代美術館 Google Map
展示室十和田市現代美術館、(仮称)地域交流センター
住所 青森県十和田市西二番町10-9(官庁街通り沿い、消防署となり)
時間 9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
祝日の場合はその翌日
観覧料 一般 1800 円
団体(20名以上)200円引き
高校生以下 無料
TEL0176-20-1127
URLhttp://towadaartcenter.com/

十和田市現代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

十和田市現代美術館 十和田市現代美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

タイミングよく

運よくこちらの展示の時期に青森への美術巡りの旅行。

遠くから見て、透明な作品が多いのかなというくらいの知識しかなかったけれど
その作品たちを近くで鑑賞することで、また、解説にも大いに助けてもらいながら
少し親近感が持てた展示会だった。

特に有名な鹿の作品は、遠目で見て「かわいい」という印象だけど
目の前で、しかもぐるりと作品のまわりを回ったりして
その丁寧さというか緻密さがあっての美しさを感じる。
パンフレットに全面に載っている作品は、動いているところをじーっと見てしまう。
懐かしいような、未来的のような。

最近、作品によく出会うことのある人気アーティストだけれど、
自分の年齢とそれほど変わらないことに後でびっくりした。

あとはこの美術館の他の展示も様々、おもしろい。
大きなおばさんの作品に出迎えられ(ているような感じが!)
塩田千春さんの作品展示室も、色々な角度から見て長時間滞在。
オノ・ヨーコさんの作品に出会えたのも偶然だなあと感謝。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
青森県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

名和晃平《Biomatrix》2018年 ミクストメディア、サイズ可変
提供:SCAI THE BATHHOUSE 写真:表恒匡|Sandwich

名和晃平《PixCell_Saturation#4》2011年 ミクストメディア、サイズ可変
提供:SCAI THE BATHHOUSE 写真:豊永政史 | Sandwich

名和晃平「White Code」写真:表恒匡|Sandwich

名和晃平《Untitled》2000年 鉛筆、水彩インク、紙 44.5×35.2×2.8 cm
提供:Gallery Nomart 写真:表恒匡|Sandwich

名和晃平《PixCell-Deer#52》2018年 ミクストメディア 217.3×189.6×150cm
写真:小山田邦哉

名和晃平《Dot Array – Black #239》2022年 UVプリント、紙、アクリル、木製パネル 56×100cm
提供:Gallery Nomart 撮影:加藤成文

名和晃平

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE