特別展 翼に希望をのせて
ガレ、ドーム、ラリック
-ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥-

北澤美術館

  • 開催期間:2022年3月19日(土)〜2023年3月14日(火)
  • クリップ数:2 件
  • 感想・評価:1 件
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-1
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-2
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-3
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-4
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-5
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-6
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-7
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-8
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-9
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-10
ガレ《旭日鳥文花瓶》1919-1924年 高さ14.5cm 阿部信博氏寄贈
ドーム兄弟《ツバメ文鶴頸花瓶》1897年頃 高さ34.3cm
ドーム兄弟《ツバメ文円筒形花瓶》1897年頃 高さ24.5cm
エミール・ガレ《雪中松に鴉図花瓶》1898年頃 高さ44.6cm
ドーム兄弟《カモメに帆船文花瓶》1900年頃 高さ20.0cm
ドーム兄弟《鷺に水草文三耳花瓶》1895年 高さ27.5㎝
ルネ・ラリック 大型常夜灯《インコ》1920年 高さ47.0cm
エミール・ガレ《笹に雀文花瓶》1898年頃 高さ26.8cm
ルネ・ラリック 香水瓶《三羽のツバメ》1920年 高さ12.0cm
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-1
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-1
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-1
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-1
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-1
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-1
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-1
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-1
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-1
特別展 翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック -ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥- 北澤美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ガレ、ドーム、ラリックのコレクションで知られる北澤美術館では、コロナ終息の願いをこめて、空高く飛びたつ鳥をテーマにした特別展を開催します。

皇帝を表すワシやフランスの象徴オンドリは、西洋の紋章にもみられる伝統のモチーフですが、ガレとドームが脚光を浴びた19世紀末のアール・ヌーヴォー期には、開国間もない日本に対する関心の高まりから、ツバメやスズメのような身近な小鳥、あるいはガンやサギといった水辺の野鳥など、日本の浮世絵や工芸にみられる鳥たちが、異国情緒ただよう洒落たモチーフとして人気を博しました。

ガラスに映る優雅な翼の彼方に希望の光が輝きます。《ひとよ茸ランプ》、《フランスの薔薇》をはじめ、北澤美術館が誇るガレの傑作もあわせてお楽しみください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年3月19日(土)〜2023年3月14日(火)
会場 北澤美術館 Google Map
住所 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
時間 9:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • 9:00~18:00(4~9月)
    9:00~17:00(10~3月)
    ※入館は閉館時間の30分前まで
休館日 年中無休 
9月30日(金)は一部展示替えのため休館
観覧料 一般(高校生以上)1,000円
中学生500円
小学生以下無料
  • ※団体(8人以上)各料金から100円引き
TEL0266-58-6000
URLhttp://kitazawa-museum.or.jp/
割引券https://kitazawa-museum.or.jp/coupon/

北澤美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

北澤美術館 北澤美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ 記念講演会
『ガラス工芸にみるジャポニスムの鳥』
日時:2022年9月18日(日) 14:00~15:00
講師:池田まゆみ(北澤美術館主席学芸員)
参加費:聴講無料(要入館料)

■ワークショップ『アロマ香る鳥せっけん作り』
お好きな精油を加えて鳥のモチーフのアロマ石鹸を作ります。
講師:佐川尚恵氏(Neilikka Aroma 主宰)
日時:8月6日(土)、27日(土)、9月24日(土)
各日 ①10:30、②13:00、③14:30 より(約60分)
各回最大4名まで
(予約優先・空席があれば当日受付可)
参加費:1,300円(税込/別途要入館料)
※材料費含む

■ワークショップ『ポーセリンアート体験』
鳥や花の絵付シールを貼りマイカップを作ります。
講師:柿澤朱美氏、小平さちこ氏(アトリエAS主宰)
日時:7月23日(土)、8月20日(土)、9月10日(土)
各日①10:30、②13:00、③14:30より(約60分)
各回最大4名まで
(予約優先・空席があれば当日受付可)
参加費:3,000円(税込/別途要入館料)
※材料費含む
焼付け後郵送時、要別途送料 550円

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

たくさんの名品に触れる

翼をテーマにドームやガレのガラス工芸を集めた展覧会。
日本美術の図柄がどのように受容されていったのかがわかる内容でした。
特に烏に関する展示は面白かったです。

素人の見方ではありますが、ラリックの作品はやはり透明感が素晴らしく、ガレは曲線の美しさと図柄の面白さ、ドームは様々な技法による作品があり、それぞれに見どころがあって、飽きがこない内容でした。
想像していたよりも点数が多く、満足度の高い展覧会でした。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
長野県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

ガレ《旭日鳥文花瓶》1919-1924年 高さ14.5cm 阿部信博氏寄贈

ドーム兄弟《ツバメ文鶴頸花瓶》1897年頃 高さ34.3cm

ドーム兄弟《ツバメ文円筒形花瓶》1897年頃 高さ24.5cm

エミール・ガレ《雪中松に鴉図花瓶》1898年頃 高さ44.6cm

ドーム兄弟《カモメに帆船文花瓶》1900年頃 高さ20.0cm

ドーム兄弟《鷺に水草文三耳花瓶》1895年 高さ27.5㎝

ルネ・ラリック 大型常夜灯《インコ》1920年 高さ47.0cm

エミール・ガレ《笹に雀文花瓶》1898年頃 高さ26.8cm

ルネ・ラリック 香水瓶《三羽のツバメ》1920年 高さ12.0cm

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE