美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

メアリー・カサット展

京都国立近代美術館

  • 開催期間:2016年9月27日(火)〜2016年12月4日(日)
  • クリップ数:5 件
  • 感想・評価:3 件
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-1
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-2
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-3
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-4
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-5
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-6
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-7
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-8
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-9
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-10
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-1
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-2
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-3
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-4
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-5
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-6
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-7
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-8
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-9
メアリー・カサット展 京都国立近代美術館-10

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

印象派を代表する米国人女性画家、メアリー・カサット(1844-1926)の回顧展が35年ぶりに日本で開催されます。

米国ペンシルヴェニア州ピッツバーグ郊外に生まれたカサットは、画家を志して21歳のときにパリに渡りました。古典絵画の研究から出発し、新しい絵画表現を模索するなかでエドガー・ドガと出会い、印象派展に参加するようになります。

そして、軽やかな筆づかいと明るい色彩で身近な女性たちの日常を描き、独自の画風を確立しました。特に温かい眼差しで捉えた母子の姿は多くの共感を呼び、「母子像の画家」と呼ばれるようになりました。女性の職業画家がまだ少なかった時代に、さまざまな困難を乗り越えて画家となる意志を貫いたカサットの生き方は、現代の我々にも勇気を与えてくれます。

本展では、カサットの油彩画やパステル画、版画の代表作に加え、エドガー・ドガ、ベルト・モリゾなど交流のあった画家たちの作品、画家が愛した日本の浮世絵版画や屏風絵なども併せて合計約100点を展観し、初期から晩年にいたる画業の全貌が紹介されます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年9月27日(火)〜2016年12月4日(日)
会場京都国立近代美術館Google Map
住所 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町 [MAP]
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
10月11日(火)
※ただし、10月10日(月・祝)は開館
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
大学生 1,100円(900円)
高校生 600円(400円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は前売り・団体料金《20名以上》
    ※本料金でコレクション展もご覧いただけます
    ※心身に障がいがある方とその付添者1名は無料(入館の際に証明できるものをご提示ください)
    ※前売券は、7月15日から9月26日までの期間限定発売
TEL075-761-4111(代表)
URLhttp://www.momak.go.jp/

京都国立近代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

京都国立近代美術館 京都国立近代美術館

感想・評価REVIEWS

ひと粒で何度も美味しいかも…

5

 母と子を題材に油絵を描く女性画家でドガに師事した事しか知らなかった私には、今回の展覧会で同じ女性画家のモリゾとの親交を知り、カサットとドガ、モリゾとマネは本当のところどのような関係だったのか、絵画を鑑賞するよりもこの事に妄想を膨らましそうに…。「桟敷席にて」では風俗的な意味合いを知り、「母の愛撫」では無償の愛を感じ、目の前にした作品それぞれを楽しむことができました。中でも浮世絵の影響を受けた「ランプ」や「沐浴をする女性」などの版画は、版画なので当たり前ですが筆のタッチが消えのっぺりしてるのが妙に新鮮に感じて良かったです。他にもカサットに影響を与えたドガの「踊り子」やモリゾの「赤ん坊の顔」、歌麿の「合せ鏡」や北斎の「富嶽三十六景」などの展示もあって、ひと粒で何度も美味しい展覧会でした。

BY Natural

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

良かったです

5

平日の10時半ごろに行きました。まだ人も少なく、絵の前に柵などもなく(一部あり)近くでよく見られて幸せな時間でした。やはり母と子の作品が愛にあふれていて素敵でした。浮世絵に影響を受けたと言われる版画の数々も色使いが可愛らしく魅力的でした。

BY asougi

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

「母子像の画家」メアリー・カサット

5

深い絆で結ばれた母と子の最も親密な時を、女性らしい優しく温かな眼差しで捉え、子供の素のままの無邪気な表情や仕草が、明るくやわらかな色彩で愛らしく描かれていて、観る者を自然と微笑ませ、穏やかで心温まる作品でした。
メアリー・カサットの絵画を鑑賞しながら、自分が子供の頃や子育ての頃のことを思い出して懐かしく、何でもない日常生活の中にあるキラキラした大切で幸せな時間を感じられる素敵な展覧会でした。

BY migu02

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE