EXHIBITION

生誕110年 香月泰男展

神奈川県立近代美術館 葉山

  • 開催期間:2021年9月18日(土)〜2021年11月14日(日)
  • クリップ数:5 件
  • 感想・評価:2 件
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-1
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-2
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-3
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-4
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-5
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-6
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-7
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-8
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-9
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-10
香月泰男《青の太陽》1969年 油彩、方解末、木炭、カンヴァス 山口県立美術館蔵 *シベリア・シリーズ
香月泰男《水鏡》1942年 油彩、カンヴァス 東京国立近代美術館蔵
香月泰男《雨〈牛〉》1947年 油彩、カンヴァス 山口県立美術館蔵 *シベリア・シリーズ
香月泰男《風》1948年 油彩、カンヴァス 東京藝術大学蔵
香月泰男《電車の中の手》1953年 油彩、カンヴァス 香月泰男美術館蔵
香月泰男《鷹》1958年 油彩、方解末、木炭、カンヴァス 山口県立美術館蔵 *シベリア・シリーズ
香月泰男《洗濯》1965年頃 油彩、方解末、木炭、カンヴァス 香月泰男美術館蔵
香月泰男《復員〈タラップ〉》1967年 油彩、方解末、木炭、カンヴァス 山口県立美術館蔵 *シベリア・シリーズ
香月泰男《公園雪》1971年 油彩、方解末、カンヴァス 島川美術館蔵
香月泰男《日本海》1972年 油彩、方解末、木炭、カンヴァス 山口県立美術館蔵 *シベリア・シリーズ
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-1
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-1
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-1
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-1
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-1
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-1
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-1
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-1
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-1
生誕110年 香月泰男展 神奈川県立近代美術館 葉山-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

太平洋戦争とシベリア抑留の体験を描いたシベリア・シリーズで、戦後洋画史に確固たる地位を築いた香月泰男(1911-74)。東京美術学校(現・東京藝術大学)時代から最晩年まで、シベリア・シリーズ全57点を含む各年代の代表作を制作年順に紹介し、香月泰男の画業の全容をたどります。

1931年、香月は東京美術学校に入学し、ファン・ゴッホや梅原龍三郎などの先達にならいながら自身のスタイルを模索しました。従軍とシベリア抑留を経て復員した1947年以降は、折に触れて大陸での体験を主題に制作しましたが、一方で台所の食材や庭の草花など身の回りのモチーフも色彩豊かに描きました。

1950年代前半には色彩と形態、材料における試行錯誤を繰り返し、1950年代後半に後期の作品を特徴づける黒色と黄土色の重厚な画風に到達した香月は、その画風で太平洋戦争とシベリア抑留の体験を主題とする作品を描き、「シベリアの画家」としての評価を確立します。

本展では、一大叙事詩として読み取られることの多いシベリア・シリーズを解体し、同時期に制作された他の作品とあわせて紹介することで、画家の創作活動における同シリーズの位置づけを再検証し、香月の芸術の多彩な魅力に迫ります。

◆ 展覧会の見どころ
1. シベリア・シリーズ全57点を公開します
香月は1943年に満州国へ動員され、戦後はシベリアで抑留生活を送りました。1947年に帰国するまでの戦争体験をもとに描かれた、シベリア・シリーズ全57点が一堂に会します。

2. 東京美術学校時代から最晩年まで、香月泰男の画業の全容をたどります
香月が体験した出来事の順番に紹介されることの多いシベリア・シリーズを含め、代表作と素描などあわせて146点を制作年順に展示します。シベリア・シリーズを同時期に制作された他の作品と並置し、画家が生涯を通じて追求した造形の本質に迫ります。  

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年9月18日(土)〜2021年11月14日(日)
会場 神奈川県立近代美術館 葉山 Google Map
展示室展示室1-3
住所 神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
時間 9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※ただし祝日および振替休日の場合は除く
観覧料 一般 1,000円
20歳未満・学生 850円
65歳以上 500円
高校生 100円
※コロナウィルス感染防止策として、密を避けるため入場制限を行う場合があります。最新情報は、美術館ウェブサイトにてご確認ください。
  • ※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料です
    ※「生誕110年 香月泰男展」の観覧券で、同日に限りコレクション展「内なる風景」を観覧できます
    ※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:10月3日、11月7日)は、18歳未満の子ども連れの家族は割引料金(65歳以上の方を除く) で観覧できます。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、同日の会話を楽しむ日「オープン・コミュニケーション・デー」は中止します
    ※その他の割引につきましては直接美術館までにお問い合わせください
TEL046-875-2800(代表)
URLhttp://www.moma.pref.kanagawa.jp/exhibition/2021-kazuki-yasuo

神奈川県立近代美術館 葉山の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

神奈川県立近代美術館 葉山 神奈川県立近代美術館 葉山

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

圧巻のシベリアシリーズ

香月泰男、凄かったです。

シベリアシリーズ、刮ぐ抉る剥ぐ絵肌の豊かさ深淵を堪能しました。
ガラス無しでじっくり鑑賞出来るのが嬉しい。
大満足。

来年練美に巡回しますが葉山で観たく行ってみて正解でした。
広い展示室にズラリ整然と屹立している様に圧倒されます。
コレクション展では松本竣介自画像が観られました。思ったよりデカイです。

葉山女子旅きっぷを利用。
すぐ近くの山口蓬春記念館も併せて楽しめます。
12月上旬が葉山の紅葉の見頃だそうです。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん、Orizomeさん

5.0

言葉を失う

前半の作品ははっきりした色のコントラストや独特の構図が楽しい。
ところがシベリアシリーズになった途端に暗く重い世界が広がる。苦しい戦争、捕虜生活を経て、やっとの思いで帰郷して何年も経ってからこの絵を絞り出すように描き続けた画家の気持ちを思い、呆然と絵の前に立ち尽くしてしまった。戦争をやりたがっている人間どもはこれを見てみればよいのだ。
せっかく素晴らしい企画展示なのに、照明がひどくて正面からはまともに見られない絵が多数あるのは腹が立った。ガラスの入った額で色の濃いものは自分や後が写り込んでまったく見えない。展示するときに気付かないものか???

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
神奈川県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE