ランス美術館コレクション
風景画のはじまり コローから印象派へ

名古屋市美術館

  • 開催期間:2021年4月10日(土)〜2021年6月6日(日)
  • クリップ数:3 件
  • 感想・評価:1 件
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-2
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-3
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-4
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-5
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-6
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-7
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-8
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-9
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-10
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-11
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-12
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-13
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 《イタリアのダンス》 1865-70年 油彩/カンヴァス Inv. 887.3.1 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 《アルバーノ湖の思い出》 1865-70年 油彩/カンヴァス Inv. 887.3.51 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 《湖畔の木々の下のふたりの姉妹》 1865-70年 油彩/カンヴァス Inv. 887.3.82 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 《突風》 1865-70年 油彩/カンヴァス Inv. 899.16.23 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer
テオドール・ルソー 《沼》 1842-43年 油彩/カンヴァス Inv. 907.19.227 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer
シャルル・ジャック 《放牧地の羊の群れ》 1873年 油彩/カンヴァス Inv. 887.3.65 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer
ヨハン・バルトルト・ヨンキント 《オランダ、マースラン村からの眺め》 1862年 エッチング/紙 個人蔵
アドルフ・ポルティエ 《風景画家たち(レオン・ロワールに基づく)》 1876年 エッチング/紙 個人蔵
ウジェーヌ・ブーダン 《ベルク、船の帰還》 1890年 油彩/カンヴァス Inv. 907.19.35 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer
ウジェーヌ・ブーダン 《水飲み場の牛の群れ》 1880-95年 油彩/カンヴァス Inv. 907.19.33 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer
ピエール=オーギュスト・ルノワール 《風景》 1890年頃 油彩/板に裏打ちされた カンヴァス Inv. 949.1.61 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer
カミーユ・ピサロ 《ルーヴル美術館》 1902年 油彩/カンヴァス Inv. 907.19.208 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer
クロード・モネ 《ベリールの岩礁》 1886年 油彩/カンヴァス Inv. 907.19.191 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 名古屋市美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

フランス北東部の古都、ランス。歴代国王の戴冠式が行われた歴史とともに、シャンパンの産地としても有名です。ランス市と名古屋市は2017年に姉妹都市提携を結び、名古屋市美術館とも縁の深い藤田嗣治などの名品を紹介する「ランス美術館展」を開催しました。本展覧会では、再び同館の名画が来日。ランス市が誇る至高の風景画コレクションを中心に紹介します。

戸外制作をおこなったバルビゾン派の画家たちや、“空の王者”と賞賛されたウジェーヌ・ブーダン、そしてモネ、ルノワール、ピサロら印象派の選び抜かれた作品が来日します。なかでも注目は、木立や水辺を繊細かつ詩情豊かに描き出した作品で現在も高い人気を誇る、カミーユ・コロー。今回はコローの油彩画の傑作16点をまとめて紹介する、名古屋では初めてのたいへん貴重な機会です。

アトリエを飛び出し自然の光や大気の変化を捉えようとした画家たちによる、19世紀フランス風景画の展開をご堪能ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年4月10日(土)〜2021年6月6日(日)
会場 名古屋市美術館 Google Map
住所 愛知県名古屋市中区栄2-17-25 (芸術と科学の杜・白川公園内)
時間 9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • 金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
    ※祝日を除く
休館日 月曜日 
5月6日(木)
※ただし、5月3日は開館、
4月29日から5月5日までは休まず開館
観覧料 《平日限定券》
一 般 1,400円
高校・大学生 900円
【購入期間】
3月10日(水)~6月4日(金)

《土日祝日・日時指定券》
事前購入(来館の前日まで)
一 般 1,500円
高校・大学生 1,000円
【購入期間】
4月10日(土)~4月28日(水)分3月10日(水)~来館日の前日まで
4月29日(木・祝)~5月21日(金)分4月10日(土)~来館日の前日まで
5月22日(土)~6月6日(日)分5月10日(月)~来館日の前日まで

《土日祝日・日時指定券:当日購入》
一 般 1,600円
高校・大学生 1,100円
【購入期間】
前日までの予約購入に空きがあった時間帯のみ
※販売の有無は、当日朝9:30ごろに公式サイトTOPページのTwitterにて告知
  • ※中学生以下は無料(土日祝日に来館の場合でも、日時指定の必要はありません)
    ※障害のある方、難病患者の方は、手帳の提示により本人と付添者2名まで、それぞれの料金の半額で観覧できます
    ※混雑緩和のため、あらかじめローソンチケット等での入場券購入をおすすめします
    ※ローソンチケットで高校・大学生券あるいは障害者等割引券を購入された方は、当日受付で証明(学生証、障害者手帳など)を要提示。提示ができない場合には、差額のお支払いが必要です
    ※同時に多くの方が入場することを避けるため、団体割引は行いません
TEL052-212-0001
URLhttps://tv-aichi.co.jp/reims2021/

名古屋市美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

名古屋市美術館 名古屋市美術館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

風景画を旅する

コローの絵の印象は、森、霧、モヤ、幻想的、情緒的な雰囲気。無難な色使い、地味め、と言うもの。色彩が豊かになる印象派へと、どの様に移り変わって行くのかに興味が湧きました。

展覧会で同じ時代の絵ばかりが飾られていると、絵の見え方が変わりました。光の向こう側に描かれた風景の美しさ、奥行きと広がりを感じさせる遠近法の素晴らしさ、繊細なライン、コミカルな人物の表現に気付くことができました。

風景画の中を旅することで、心がとても癒される一日となりました。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
愛知県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 《イタリアのダンス》 1865-70年 油彩/カンヴァス Inv. 887.3.1 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 《アルバーノ湖の思い出》 1865-70年 油彩/カンヴァス Inv. 887.3.51 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 《湖畔の木々の下のふたりの姉妹》 1865-70年 油彩/カンヴァス Inv. 887.3.82 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 《突風》 1865-70年 油彩/カンヴァス Inv. 899.16.23 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer

テオドール・ルソー 《沼》 1842-43年 油彩/カンヴァス Inv. 907.19.227 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer

シャルル・ジャック 《放牧地の羊の群れ》 1873年 油彩/カンヴァス Inv. 887.3.65 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer

ヨハン・バルトルト・ヨンキント 《オランダ、マースラン村からの眺め》 1862年 エッチング/紙 個人蔵

アドルフ・ポルティエ 《風景画家たち(レオン・ロワールに基づく)》 1876年 エッチング/紙 個人蔵

ウジェーヌ・ブーダン 《ベルク、船の帰還》 1890年 油彩/カンヴァス Inv. 907.19.35 ランス美術館蔵
©MBA Reims 2019/ photo: C. Devleeschauwer

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE