EXHIBITION

日本博/紡ぐプロジェクト
特別展 京(みやこ)の国宝
―守り伝える日本のたから―

京都国立博物館

  • 開催期間:2021年7月24日(土)〜2021年9月12日(日)
  • クリップ数:14 件
  • 感想・評価:1 件
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-2
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-3
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-4
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-5
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-6
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-7
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-8
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-9
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-10
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-11
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-12
国宝 梵天坐像 平安時代(9世紀) 京都・東寺(教王護国寺)蔵 (通期展示)
国宝 御堂関白記 自筆本 寛弘元年上巻(部分) 平安時代(10~11世紀) 京都・陽明文庫蔵
(通期展示<寛弘元年上巻は前期展示>)
玉泉帖(部分) 小野道風筆 平安時代(10世紀) 宮内庁三の丸尚蔵館蔵(後期展示)
国宝 山科西野山古墓出土品のうち金装大刀 奈良~平安時代(8~9世紀) 京都大学総合博物館蔵(通期展示)
国宝 太刀 銘久国 鎌倉時代(13世紀) 文化庁蔵(通期展示)
国宝 十二天像のうち水天 平安時代 大治2年(1127) 京都国立博物館蔵(通期展示<水天は前期展示>)
国宝 本宮御料古神宝類のうち山水蒔絵箏 平安時代(12世紀) 奈良・春日大社蔵(後期展示)
国宝 法然上人絵伝 巻九(部分) 鎌倉時代(14世紀) 京都・知恩院蔵(通期展示<巻九は後期展示>)
春日権現験記絵 巻二(部分) 絵:高階隆兼筆 詞書:鷹司基忠ほか筆 鎌倉時代 延慶2年(1309)頃
東京・宮内庁三の丸尚蔵館蔵(通期展示<巻二は前期展示>)
国宝 天橋立図 雪舟筆 室町時代(16世紀) 京都国立博物館蔵(前期展示)
国宝 松に秋草図屏風 長谷川等伯筆 桃山時代 文禄元年(1592)頃 京都・智積院蔵 (前期展示)
国宝 風神雷神図屏風(右隻)俵屋宗達筆 江戸時代(17世紀) 京都・建仁寺蔵(8月24日~ 9月5日展示)
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1
日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 京都国立博物館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

いま私たちが目にすることの出来るいにしえの品々は、多くの人々の手を経て、過去から現代へと伝えられてきました。我が国はそうした貴重な文化財のうち、特に歴史上、芸術上たぐいない価値を持つものを国宝や重要文化財に指定し、国民共通の財産として保全を図っています。この制度の基礎である文化財保護法は、太平洋戦争後まもない昭和25年(1950)に制定され、今日に至る70年あまりの間、学術の発展や社会の変化とともに歩みながら、少しずつ指定を拡充させてきました。

とりわけ古都、京都の文化財は早くから重視され、文化財保護の進展に重要な役割を果たしてきました。この日本を代表する歴史都市は、同時に我が国の誇る学問や芸術の一大拠点でもあり、令和4年度には文化庁の京都移転も控えています。

本展は、そのような京都ゆかりの名高い国宝、皇室の至宝の数々を中心に、文化財のもつ不滅の魅力とその意義を紹介しようとするものです。会場では、長きにわたる我が国の文化財保護のあゆみや、日々の調査研究、防災、修理といった、文化財を守り伝える上で欠かせない様々な取り組みも取り上げます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年7月24日(土)〜2021年9月12日(日)
  • 前期展示:7月24日(土)~8月22日(日)
    後期展示:8月24日(火)~9月12日(日)
    ※一部の作品は上記以外にも展示替を行います
会場 京都国立博物館 Google Map
展示室京都国立博物館 平成知新館
住所 京都府京都市東山区茶屋町527
時間 9:00〜17:30 (最終入場時間 17:00)
休館日 月曜日
8月10日(火)
※ただし8月9日(月・休)は開館
観覧料 事前予約 優先制
一般 1,600円
大学生 1,200円
高校生 700円
※日時指定券は6月1日(火)よりローソンチケットで販売予定
TEL075-525-2473 (テレホンサービス)
URLhttps://tsumugu.yomiuri.co.jp/miyako2021/

京都国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

京都国立博物館 京都国立博物館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

梵天座像は、やっぱり美しい。

 京博では4年前に大規模な展覧会がありましたが、今回の展覧会の特徴は、
〇 京都ゆかりの国宝を中心に展示されている。
〇 皇室ゆかりの至宝が展示。特に、新たに国宝指定の答申がされたばかりの春日権現験記絵が展示されている
〇 文化財指定のあゆみと文化財保護への取り組みが紹介されている。
といったところでしょうか。
 国宝ばかりの展示は壮観ではありますが、期間限定も多いので展示替え予定表のチェックが必要です。
 私のイチオシは梵天座像。東寺講堂より間近に拝することができたのは幸せでした。
 後期の風神雷神図の展示に合わせて、再度訪ねるつもりです。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE