EXHIBITION

開館25周年記念
夢をめぐる ―絵画の名品より

アサヒビール大山崎山荘美術館

  • 開催期間:2021年3月20日(土・祝)〜2021年7月4日(日)
  • クリップ数:16 件
  • 感想・評価:2 件
開館25周年記念 夢をめぐる ―絵画の名品より アサヒビール大山崎山荘美術館-1
開館25周年記念 夢をめぐる ―絵画の名品より アサヒビール大山崎山荘美術館-2
開館25周年記念 夢をめぐる ―絵画の名品より アサヒビール大山崎山荘美術館-3
アメデオ・モディリアーニ 《少女の肖像》 1918年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
クロード・モネ 《睡蓮》 1907年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
ジスブレヒト・ランブレヒト・クロイク 《オランダ 色絵花鳥文八角瓶》 17世紀 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
開館25周年記念 夢をめぐる ―絵画の名品より アサヒビール大山崎山荘美術館-1
開館25周年記念 夢をめぐる ―絵画の名品より アサヒビール大山崎山荘美術館-1
開館25周年記念 夢をめぐる ―絵画の名品より アサヒビール大山崎山荘美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

アサヒビール大山崎山荘美術館は1996年4月に開館し、今年で25周年を迎えます。開館25周年を記念する本展では、作品をとりまく「夢」に焦点をあて、館蔵品を厳選し公開します。

19世紀後半から20世紀はじめのパリでは、夢を抱いた芸術家が集い、多彩な文化が次々に花開きます。絵画においては、クロード・モネが、光に着目して明るい画面に都市生活を描写しました。パブロ・ピカソは、《肘をつく女》といった「青の時代」の絵画にはじまり、めまぐるしく様式を変化させ、アメデオ・モディリアーニは、対象の奥にひそむ精神性を表出しようと、《少女の肖像》のようにデフォルメされた身体を特徴とする肖像画に到達しました。独自の表現を追いもとめた彼らの夢の精華が、のこされた数々の傑作にあらわれているといえます。

のちにモネは、パリ近郊のジヴェルニーに居を定め、自身の理想を凝縮させた庭園をつくりあげました。今回はこの夢の庭を題材にした、連作《睡蓮》をふくむモネの代表作を紹介します。

また、本展では、かつて白い宝石とよばれ珍重された東洋磁器を夢みて、試行錯誤の末に誕生した17-18世紀のデルフト陶器などもあわせて紹介します。名品にかくれた、あこがれ、希望、志などの背景をさぐりながら、さまざまな夢をめぐります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年3月20日(土・祝)〜2021年7月4日(日)
会場 アサヒビール大山崎山荘美術館Google Map
住所 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
観覧料 一般 900円
高・大学生 500円
中学生以下 無料
TEL075-957-3123 (総合案内)
URLhttps://www.asahibeer-oyamazaki.com/

アサヒビール大山崎山荘美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

アサヒビール大山崎山荘美術館 アサヒビール大山崎山荘美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

梅雨の晴れ間とモネ

緊急事態宣言で閉館していたので、会期が終わってしまうのでは、とひやひやしていました。再開後すぐに訪問しましたが、歴史ある建物と、安藤忠雄氏設計の地中館が広大な庭の中にしっくりなじんで、建築だけでも見る価値あり。加えてモネの睡蓮コレクションは、十年以上前に訪れたパリのマルモッタン美術館にひけをとらない展示でした。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん

5.0

ぜいたく

訪れたいと思っていた美術館、タイミングよく訪問ができた25周年記念展。

まだ朝早く、澄んだパキッとした空気の中、京都駅を出発してJRで15分ほど。
4月はじめの京都は桜のピンクも、木々の緑も生き生きしていて、
写真を撮りながらゆっくり自然を味わいたい一方で、
山荘まで歩く足が何となくはやく動く。

「夢をめぐる」の絵画は「夢の箱」と呼ばれる一室に9作品を展示。
モネ、ドガ、ボナール、ピカソ、ゴッホなど。どれもじっくり見入ってしまう名品ばかり。ピカソ、青の時代の《肘をつく女》、ゴッホ《窓辺の農婦》に特に惹かれた。

モネが友人に宛てた手紙も展示されている。
ほっこり可愛らしい文字と文章。
配布されたパンフレットにも載っていてうれしい。

2階のカフェで休憩し、今度は「地中の宝石箱」へ。
安藤忠雄さんの建築。
部屋の入り口までの演出にドキドキしながら宝石箱へ向かうと、
宝物というか、本当に宝石が待っている。
じっくり鑑賞でき、フランスのマルモッタン美術館を思い出した。

ただただ、ぜいたくな訪問でした。

Dream and Treasure. That sounds just like a precious thing.
So glad to visit this amazing museum. The building, the works, and the garden and its surrounding have the perfect mix to its existence.

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE