EXHIBITION

特別展 工藝2020
-自然と美のかたち-

東京国立博物館

  • 開催期間:2020年9月21日(月・祝)〜2020年11月15日(日)
  • クリップ数:19 件
  • 感想・評価:2 件
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-2
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-3
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-4
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-5
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-6
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-7
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-8
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-9
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-10
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-11
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-12
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-13
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-14
奥田小由女 海から天空へ 平成30 年(2018) 個人蔵 【人形】樹脂、胡粉仕上げ、彩色
室瀬和美 柏葉蒔絵螺鈿六角合子 平成26 年(2014) 個人蔵 【漆工】漆、鉛、螺鈿、蒔絵、乾漆
春山文典 宙の響 平成29 年(2017) 個人蔵 【金工】アルミニウム、鋳造
前田昭博 白瓷面取壺 平成29 年(2017) 個人蔵 【陶磁】磁器
本間秀昭 流紋―2018 平成30 年(2018) 個人蔵 【木竹工】竹
森口邦彦 友禅着物 緋格子文 令和元年(2019) 個人蔵 【染織】絹、友禅
今泉今右衛門 色絵雪花薄墨墨はじき雪松文蓋付瓶 令和元年(2019) 個人蔵【陶磁】磁器、色絵、プラチナ、墨はじき
中井貞次 森只中 平成24 年(2012) 染・清流館蔵 【染織】麻布、糊防染、藍染め
伊藤裕司 赤富士 平成27 年(2015) 個人蔵 【漆工】色漆、金箔、蒔絵
中川衛 象嵌朧銀花器「チェックと市松」 令和2 年(2020) 個人蔵 【金工】朧銀、象嵌、彫金
村山明 欅緋拭漆舟形盛器 平成29 年(2017) 個人蔵 【木竹工】木、刳物、拭漆
林駒夫 呉女 平成27 年(2015) 個人蔵 【人形】木芯桐塑、木目込布貼
月岡裕二 切金砂子彩箔「凛」 平成27 年(2015) 個人蔵 【截金】金箔、彩箔、截金
安達征良 硝子絹糸紋鉢「夕陽」 令和元年(2019) 個人蔵 【ガラス】ガラス、切子
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1
特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 東京国立博物館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本では、自然との共生による密接な精神的感性と固有の生命観が芽生えて我が国特有の工芸を発展させてきました。

それは、長い歴史と文化が形成されるなかで、変化に富む地形と四季折々の気候、そして豊かな風土に育まれた自然観を要因とすることが大きいと考えられます。

日本が世界に発信する芸術文化を牽引する現代の工芸を一堂に会する本展では、82名の作家らが自由な感性によって多彩な芸術表現を発揮した、優れた近年の制作品82件をご覧いただきます。

連綿と継承された伝統を踏まえつつ、自然と美のかたちとの関係性を造形としたそれらは、日本人の自然への愛情や畏敬の念をもって新しい自然観が表されたものでしょう。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年9月21日(月・祝)〜2020年11月15日(日)
会場 東京国立博物館 Google Map
展示室東京国立博物館 表慶館
住所 東京都台東区上野公園13-9
時間 9:30〜17:00
  • ※金曜・土曜は21:00まで開館
休館日 月曜日
9月23日(水)
※ただし、9月21日(月・祝)は開館
観覧料 【事前予約制(日時指定券)】
混雑緩和のため、本展では事前予約制(日時指定券)を導入。詳細は展覧会公式サイトをご確認下さい。
特別展「桃山―天下人の100年」(10/6~11/29)は別途事前予約(日時指定券)及び観覧料が必要です。
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/

東京国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京国立博物館 東京国立博物館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

私たちと同じ時代を生きる工芸家たちの個性豊かな優品

曰く「変化に富む地形と四季折々の気候、自然との共生による密接な精神的感性と固有の生命感が芽生え、我々自身の自然観が、各地に特徴的な工芸を育んできた」と。それでいながら私たちは、自身の歴史や文化に対し、今一つ評価を上げられない不思議な国民性があります。他者からの高評価を聞いて初めて、私たちは自分たちの身近な技や美に、目を向けるかの様です。絵画はまだしも、ことに工芸は…です。今、私たちと同じ時代を生きる工芸家たちの、個性豊かな優品が82点、トーハク表慶館に集まっています。
東京国立近代美術館工芸館が移転して東京から消えてしまい、工芸ファンには寂しい限りです。けれど秋は毎年の三越「日本伝統工芸展」や日展でも工芸部門があり、そして今年は少し前、パナソニック汐留で「和巧絶佳展-令和時代の超工芸」は素晴らしかったですし、智美術館ではコレクション陶芸の一流どころオンパレードも見ごたえありました。そしてトーハクでは、この展覧会です。日頃外観しか拝めない片山東熊の表慶館内部が見られ、なおかつ建築家伊東豊雄氏の会場構成とは、ちょっぴり嬉しかったです。ゆるいアールの展示台は床から立ち上がるようなで、「自然」と言いつつ、天板に敢えて用いた人工素材のアクリル板はとてもハイセンスな印象でもあり、黒の天板はまるで磨き込まれた黒漆の様で、作品を引き立たせています。自然な感じの照明もしかり。伝統工芸展や日展の無機質な白布の展示台に全体照明と比べ、また智美術館の落ち着いた感じの展示台にスポットライト、とも違い、とても新鮮で引き付けられました。ガラスケースの中になる近代美術館工芸館やパナソニック汐留とは、多方向から鑑賞も出来、迫力もけた違いに思います。
素材や技法、あるいは地域や年代でもなく、色を中心とした四つのニュアンスで構成されていて、異なる分野の作品が並ぶのも少しユニークでした。
あと一つ言えば休憩ベンチはそれなりに考えられた結果とは思いますが、ちょっとどうかと…。
何れにせよ当サイトやトーハクサイトで見所はチェックできます。工芸に詳しくなくても気軽に味わえる内容です。空いていてゆっくりマイペースで鑑賞できます。日時指定は多分、当日受付でも大丈夫だと思います。「桃山」展もいいですが、こちらもお勧めの展覧会です。会期末が近いです。ぜひご覧頂きたいです。ついで… Read More

3.0

伝統講義優品展ですね

表慶館も普段入れない建物などで見どころたっぷりです。東博でこれを見てから日本橋三越の伝統工芸展へ廻りました。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都台東区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE