ボイス+パレルモ

豊田市美術館

  • 開催期間:2021年4月3日(土)〜2021年6月20日(日)
  • クリップ数:3 件
  • 感想・評価:2 件
ボイス+パレルモ 豊田市美術館-1
ボイス+パレルモ 豊田市美術館-2
ボイス+パレルモ 豊田市美術館-3
ボイス+パレルモ 豊田市美術館-4
ボイス+パレルモ 豊田市美術館-5
ヨーゼフ・ボイス《そして我々の中で⋯我々の下で⋯大地は下に》1965年のアクション
bpk | Sprengel Museum Hannover, Archiv Heinrich Riebesehl, Leihgabe Land Niedersachsen / Heinrich Riebesehl / distributed by AMF
VG Bild-Kunst, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2021 E4044
ブリンキー・パレルモ、1973年ハンブルクにて bpk | Angelika Platen / distributed by AMF
VG Bild-Kunst, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2021 E4044
右:ヨーゼフ・ボイス《直接民主制の為のバラ》1973年 左:ブリンキー・パレルモ《無題》1974年 gigei10蔵
VG Bild-Kunst, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2021 E4044
ヨーゼフ・ボイス《ユーラシアの杖》1968/69年 クンストパラスト美術館、デュッセルドルフ © Kunstpalast - Manos Meisen ‒ ARTOTHEK
VG Bild-Kunst, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2021 E4044
ブリンキー・パレルモ《無題》1977年 個人蔵
VG Bild-Kunst, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2021 E4044
ボイス+パレルモ 豊田市美術館-1
ボイス+パレルモ 豊田市美術館-1
ボイス+パレルモ 豊田市美術館-1
ボイス+パレルモ 豊田市美術館-1
ボイス+パレルモ 豊田市美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ヨーゼフ・ボイス(1921-1986)、第二次世界大戦以降の最も重要な芸術家のひとり。彼は「ほんとうの資本とは人の持つ創造性である」と語り、ひろく社会を彫刻ととらえ社会全体の変革を企てました。本展では60年代の最重要作品である《ユーラシアの杖》をはじめ、脂肪やフェルトを用いた作品、「アクション」の映像やドローイングなど、彼の作品の造形的な力と芸術的実践にあらためて着目します。

ボイスは教育者として多くの芸術家を育成したことでも知られています。ブリンキー・パレルモ(1943-1977)もその教え子のひとりです。この早世の画家が60年代半ばからの短い活動期間に残したささやかで抽象的な作品は、絵画の構成要素を再構築しながら、色彩やかたちの体験をとおして私たちの認識や社会的な制度に静かな揺らぎをもたらそうとするものでした。ボイスはのちにパレルモを自身にもっとも近い表現者だったと認めることになります。

一見対照的な二人のドイツ人作家の作品は、しかし、芸術を生の営みへと取り戻そうと試みた点で共通していました。両者の1960-70年代の作品を中心に構成される本展は、約10年ぶりとなる日本でのボイス展であり、公立美術館としては初めてのパレルモ展です。

二人の作家それぞれの特徴をうかがいながら、両者の交わりや重なりに彼らの実践の潜勢力を探る本展が、社会と芸術のかかわりについてあらためて問いかけ、芸術の営為とはなにかを見つめなおす機会となることを願います。

◎巡回情報
埼玉県立近代美術館
2021年7月10日(土)~9月5日(日)予定

国立国際美術館
2021年10月12日(火)~2022年1月16日(日)予定

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年4月3日(土)〜2021年6月20日(日)
会場 豊田市美術館 Google Map
住所 愛知県豊田市小坂本町8-5-1
時間 10:00〜17:30 (最終入場時間 17:00)
休館日 月曜日 
※ただし5月3日(月・祝)は開館
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
高校・大学生700円(500円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障がい者手帳をお持ちの方(介添え者1名)、豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内在住の75歳以上は無料(要証明)
    ※その他、観覧料の減免対象者及び割引等については美術館の公式サイトをご確認ください。
    ※感染症拡大防止のため、会期等を変更する場合があります。美術館の公式サイトから最新情報をご確認ください
TEL0565-34-6610
URLhttps://www.museum.toyota.aichi.jp/

豊田市美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

豊田市美術館 豊田市美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

3.0

難しい。でも、2人は響き合う

豊田市美術館の広い展示室をほぼ全館使用した展覧会となるかなりのボリューム。解説も冊子でわたされるなど、しっかり。
好きな方なら、文句なしに5つ星かも?ただ、難解な現代美術でもあると思う。それでも、この師弟の作品は全く違うタイプながら、どこか響き合い、うまくはまっているなぁとは感じた。

3.0

理解するのは難しいが、見応えはあり。

抽象的な作品なので、何を意味しているのか理解するのが難しいのですが、
造形物や、ドローイング、そして映像の作品もあり、色々な種類の作品を見られて、それは楽しめました。
会場がかなり広く、全く密にならず、
美術館の建物が近代的で、美術館自体も芸術作品の一部の様で、展覧会と、美術館の美しい建物、二重に楽しめました。
アートショップも充実していますし、
オシャレなレストランもあり、美術館の庭(噴水)なども、美しく芸術的で良かったです。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
愛知県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

ヨーゼフ・ボイス《そして我々の中で⋯我々の下で⋯大地は下に》1965年のアクション
bpk | Sprengel Museum Hannover, Archiv Heinrich Riebesehl, Leihgabe Land Niedersachsen / Heinrich Riebesehl / distributed by AMF
VG Bild-Kunst, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2021 E4044

ブリンキー・パレルモ、1973年ハンブルクにて bpk | Angelika Platen / distributed by AMF
VG Bild-Kunst, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2021 E4044

右:ヨーゼフ・ボイス《直接民主制の為のバラ》1973年 左:ブリンキー・パレルモ《無題》1974年 gigei10蔵
VG Bild-Kunst, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2021 E4044

ヨーゼフ・ボイス《ユーラシアの杖》1968/69年 クンストパラスト美術館、デュッセルドルフ © Kunstpalast - Manos Meisen ‒ ARTOTHEK
VG Bild-Kunst, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2021 E4044

ブリンキー・パレルモ《無題》1977年 個人蔵
VG Bild-Kunst, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2021 E4044

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE