EXHIBITION

美男におわす

埼玉県立近代美術館

  • 開催期間:2021年9月23日(木・祝)〜2021年11月3日(水・祝)
  • クリップ数:10 件
  • 感想・評価:1 件
美男におわす 埼玉県立近代美術館-1
美男におわす 埼玉県立近代美術館-2
美男におわす 埼玉県立近代美術館-3
美男におわす 埼玉県立近代美術館-4
美男におわす 埼玉県立近代美術館-5
美男におわす 埼玉県立近代美術館-6
美男におわす 埼玉県立近代美術館-7
美男におわす 埼玉県立近代美術館-8
美男におわす 埼玉県立近代美術館-9
美男におわす 埼玉県立近代美術館-10
美男におわす 埼玉県立近代美術館-11
川井徳寛 《共生関係~自動幸福~》 2008、鎌苅宏司氏蔵
© Tokuhiro Kawai, Courtesy of Gallery Gyokuei
高畠華宵 《月下の小勇士》 1929、弥生美術館[後期展示]
山村耕花 《梨園の華 初世中村鴈治郎の茜半七》1920、島根県立美術館[後期展示]
木村了子 《男子楽園図屏風 − EAST & WEST 》(左隻) 2011、作家蔵 撮影:宮島径
木村了子 《男子楽園図屏風 − EAST & WEST 》(右隻) 2011、作家蔵 撮影:宮島径
森栄喜 《"Untitled" from the Family Regained series》 2017、作家蔵 Courtesy of KEN NAKAHASHI
絵師不詳 《大小の舞図》 17世紀、板橋区立美術館[後期展示]
市川真也 《Lucky star》 2021、作家蔵 写真提供:ギャラリイK
山本タカト《Nosferatu・罠》 2018、個人蔵
三宅凰白 《楽屋風呂から》 1915、京都市立芸術大学芸術資料館
入江明日香 《廣目天》 2016、丸沼芸術の森
美男におわす 埼玉県立近代美術館-1
美男におわす 埼玉県立近代美術館-1
美男におわす 埼玉県立近代美術館-1
美男におわす 埼玉県立近代美術館-1
美男におわす 埼玉県立近代美術館-1
美男におわす 埼玉県立近代美術館-1
美男におわす 埼玉県立近代美術館-1
美男におわす 埼玉県立近代美術館-1
美男におわす 埼玉県立近代美術館-1
美男におわす 埼玉県立近代美術館-1
美男におわす 埼玉県立近代美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「美男におわす」は、絵画をはじめとする日本の視覚文化に表された美少年、美青年のイメージを追い、人々が理想の男性像に何を求めてきたかを探る試みです。

日本美術史において「美人画」とよばれることの多い女性像は、江戸時代の浮世絵や近代絵画において隆盛をきわめ、現在も高い人気を誇っています。一方、男性像に目を向けると、その時々の社会情勢や流行、男性観などが反映された作品が数多く存在するものの、「美男画」といった呼称でひとくくりにされることはありませんでした。

与謝野晶子が鎌倉の大仏の姿に自分なりの「美男」を見いだしたように、人々は男性像に理想を投影し、心をときめかせてきました。あるときは聖なる存在として、またあるときは憧れのヒーローとして、あるいは性愛の対象として、さまざまな男性像が制作され、受容されてきたといえます。

しかしながら、美術史の分野において、男性を美しいものとして表現すること、見ること、そして語ることには、まだ十分な光が当たっているとはいえません。ライフスタイルや嗜好が多様化した現在、果たして「美男画」との出逢いはどのようなものになるでしょうか。

いざ、増殖する美男の園へ。美男をめぐる旅をはじめましょう。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年9月23日(木・祝)〜2021年11月3日(水・祝)
  • ※会期中、一部作品の展示替えがあります
    前期:10月10日(日)まで
    後期:10月12日(火)から
会場 埼玉県立近代美術館 Google Map
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
時間 10:00〜17:30 (最終入場時間 17:00)
休館日 月曜日 
観覧料 一般 1,200円(960円)
大高生 960円(770円)
  • ※( ) 内は20名以上の団体料金
    ※中学生以下、障害者手帳等を提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料です
    ※併せてMOMASコレクション (1階展示室) も観覧できます
TEL048-824-0111
URLhttps://pref.spec.ed.jp/momas/

埼玉県立近代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

埼玉県立近代美術館 埼玉県立近代美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

肉食草食

美男におわす、良い展覧会でした!
ストーリーとメッセージ性のある展示構成がお見事です。
安田靫彦の美しい描線、松本楓湖、今村紫紅、写楽、国芳、芳年に聖闘士星矢まで楽しめます。
現代作家を中心に写真撮影可能作品あります。
楽しい展示でした。

THANKS!をクリックしたユーザー
doss55さん、TomTさん、Audreyさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
埼玉県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE