EXHIBITION

館蔵品展 狩野派学習帳
今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう

板橋区立美術館

  • 開催期間:2020年7月11日(土)〜2020年8月10日(月・祝)
  • クリップ数:11 件
  • 感想・評価:3 件
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-1
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-2
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-3
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-4
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-5
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-6
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-7
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-8
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-9
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-10
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-11
狩野探幽「富士山図屏風」左隻 板橋区立美術館蔵
狩野探幽「富士山図屏風」右隻 板橋区立美術館蔵
狩野惟信「菊慈童図」板橋区立美術館蔵
狩野典信「大黒図」板橋区立美術館蔵
河鍋暁斎「浮世絵大津之連中図屏風」板橋区立美術館蔵
逸見一信「七福神図」板橋区立美術館蔵
逸見一信「布袋唐子図」板橋区立美術館蔵
逸見一信「源平合戦図屏風」左隻 板橋区立美術館蔵
逸見一信「源平合戦図屏風」右隻 板橋区立美術館蔵
逸見一信「龍虎図屏風」左隻 板橋区立美術館蔵
逸見一信「龍虎図屏風」右隻 板橋区立美術館蔵
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-1
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-1
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-1
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-1
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-1
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-1
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-1
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-1
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-1
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-1
館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう 板橋区立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

近年、奇想天外で刺激的な画風の江戸絵画がますます人気を集めています。しかし、幕府や諸大名の御用として圧倒的に支持され、江戸絵画の正統であり続けたのは「狩野派」でした。

狩野派とは、室町時代から幕末まで実に400年にわたり、血縁関係でつながり幕府の仕事を行ってきた絵師の専門集団です。

江戸時代には、徳川幕府に仕えるため京都から江戸へ活動の本拠地を移した狩野探幽(1602~1674)が、狩野派の活動を一層堅固なものにしました。新たな時代様式をつくった探幽をはじめ、その一門は「江戸狩野派」と呼ばれています。

狩野派は、個人の才能による「質画」よりも、模写を重ね伝統を守り伝える「学画」を重視し、和漢の古典を学び画風の継承につとめてきました。そのため、江戸狩野派の作品は、強烈な個性や目新しさを競うのではなく、確かな実力を蓄えた安定感のある筆づかいに特徴があります。その一方、時代の変化や好みに寄り添い変容して発展してきました。

本展では、たっぷりの余白と軽妙な筆致による作品の探幽をはじめ、力強い輪郭線により狩野派の原点を示した典信や、水墨表現から細密描写まで幅広い画技に長けた栄信や養信、さらに近年注目が集まる女性絵師の清原雪信や幕末に活躍した逸見一信まで、江戸狩野派の魅力をご紹介し学べる機会とします。

また、近年収蔵した江戸絵画も初お披露目します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年7月11日(土)〜2020年8月10日(月・祝)
会場板橋区立美術館Google Map
住所 東京都板橋区赤塚5-34-27
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
観覧料 無料
  • ※記載内容について変更する場合があります。
    ※新型コロナウイルス感染症拡大防止等のため、マスクを着用されていない方は入場できません。
    ※原則としてグループでの観覧はできません。
    ※館内では係員の指示に従ってください。
TEL03-3979-3251
URLhttp://www.itabashiartmuseum.jp/

板橋区立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

板橋区立美術館 板橋区立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

江戸狩野を楽しむ

狩野派に焦点を当てた江戸絵画展です。
長年の真摯な取り組みの成果なんですね、とても良かったです。

某日本美術史家が探幽を貶しているせいか低く見られがちな江戸狩野派ですが
河鍋暁斎、小林永濯、逸見一信といった異質な画家を育む狩野派の土壌は改めてスゴイなと。

入館料無料、写真撮影OK、露出展示有り、新収蔵品お披露目あり。
会期が短いのがお早めにどうぞ。

4.0

評価されるべき正統

とかく人気がない狩野派の正当な絵画。面白いとか変わっている所は少ないかもしれないが、正統派あっての変わり種。まず正しい狩野派の作品を見てから他も見てみよう。

5.0

定評ある狩野派コレクション展示

充実した江戸絵画コレクションの名品展です。特に最近注目をあびてきた、幕末狩野派の展示、さらには信収蔵品も展示、狩野一信、暁斎、蹄亭北馬等の魅力的な作品も必見です。ちなみに、展覧会メインビジュアルの「菊児童」も新収蔵品です。これだけのコンテンツで無料、撮影可です。

  • 0
  • BY TK

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都板橋区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE