美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

第8回 郷さくら美術館 桜花賞展

郷さくら美術館

  • 開催期間:2020年2月29日(土)〜2020年8月23日(日)
  • クリップ数:12 件
  • 感想・評価:3 件
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-1
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-2
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-3
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-4
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-5
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-6
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-7
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-8
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-1
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-2
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-3
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-4
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-5
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-6
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-7
第8回 郷さくら美術館 桜花賞展 郷さくら美術館-8

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「郷さくら美術館 桜花賞展」は、「桜」を描いた現代日本画を多くの方々に紹介し、日本画の素晴らしさを再発見してもらうと同時に、出品作品を郷さくら美術館のコレクションとして収蔵・展示することで、日本画の魅力を後世へ伝えていくことを目的としたコンペティション形式の展覧会です。

本展では、気鋭の新進作家30名による「桜」を紹介しています。日本美術でおなじみの「桜」という大変難しいモチーフを相手に、作家それぞれの持ち味を生かした個性的な素晴らしい桜の絵画をどうぞご堪能ください。

◆ 出品作家
淺埜水貴、阿部 穰、岩谷晃太、魚住侑子、大島亜弓、岡﨑夏海、奥山加奈子、加藤千奈、兼 未希恵、岸田尚子、幸山ひかり、小杉侑未、近藤 仁、坂本藍子、菅原道朝、鈴木靖代、立尾美寿紀、玉井伸弥、手塚 華、富永晃代、外山 諒、中島綾美、曵地聡美、藤城正晴、古石紫織、増田舞子、松岡勇樹、松原亜実、宮﨑 優、山本 瞳

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年2月29日(土)〜2020年8月23日(日)
  • ※本展が会期途中で休館となったため、5月24日(日)まで予定の会期が8月23日(日)まで延期が決定しました。尚、現在の開館状況は公式サイトをご確認ください。
会場郷さくら美術館Google Map
住所 東京都目黒区上目黒1-7-13
時間 10:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • 当面の間、開館時間が通常と異なり、上記の時間帯での開館となります。
休館日 月曜日 
5月7日(木)
※但し3月23日・3月30日・5月4日は開館
観覧料 一般 500円
シニア(70歳以上) 400円
大高生 300円
中学生 100円
小学生以下 無料(要保護者同伴)
TEL03-3496-1771
URLhttps://exhibition.localinfo.jp

郷さくら美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

郷さくら美術館 郷さくら美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

作家によるトークイベントを開催予定。
詳しくは、公式サイトの 関連イベント欄 をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

桜溢れる展示室

5

コンパクトな美術館ながら、天井までいっぱいのサイズで描かれた桜の絵画がずらりと並び、圧巻です。描き手によってこうも桜の描き方が違うのかと、とても面白かったです。

BY K10526

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

多種にわたる感性と表現、新進気鋭作家が描く様々な桜

5

会場入りすぐ、中島千波「櫻雲の目黒川」屏風が迎えてくれます。一階は昨年の受賞作品、現代日本画を代表する作家の大作に圧倒されます。那波多目功一画伯第102回再興院展出品作品「古都の春」西田俊英画伯の新作「近衛桜日月」屏風は必見です。2・3階は新進気鋭作家の珠玉の作品30点、見入ってしまいます。

BY TK

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

桜満開。

4

桜の時季に中目黒に行くと、すごい人出で、癒されるために花見に行くのに、イライラして帰ってくる感じになる。

郷さくら美術館は年間通して桜の絵を鑑賞できる場所で、混み合うこともないし、とてもいい時間を過ごせる。目黒川の花見に嫌気が差したら、ここに逃げ込めばいい。

初日に行っだけど、コロナウイルスのせいで館内10人もいなかった。濃厚接触の危険はないので、こんな時に開館してんじゃねえよ!とか言う人がいたとしたら100%クレーマーと認定します。

今回の展示の中で一番良かったのは「たゆたう」という、水面に桜が浮かび、小魚が涼しげに泳いでいる作品。桜だけど、初夏の雰囲気。この絵、本当に家に飾りたい。夏も冷房なしで過ごせそう。

今回のが終わっても、夏にも再展示して欲しいなあ。

BY cronista

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都目黒区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE