エッシャーが命懸けで守った男
メスキータ展

西宮市大谷記念美術館

  • 開催期間:2020年4月4日(土)〜2020年6月27日(土)
  • クリップ数:17 件
  • 感想・評価:1 件
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-2
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-3
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-4
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-5
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-6
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-7
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-8
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-9
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-10
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-11
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-12
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-13
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-14
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-15
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-16
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-17
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-18
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-19
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-20
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-21
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-22
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-23
ヤープ・イェスルン・デ・メスキータの肖像 1922 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
シマウマ 1918頃 木版 個人蔵 Photo: Martin Wissen Photography,Borken,Germany
ファンタジー:稲妻を見る二人 1914 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
ワシミミズク 1915 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
アルム 1919 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
鹿 第4ステート(全10ステートのうち) 1925 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
パイナップル 1928 木版 個人蔵 Photo: Martin Wissen Photography,Borken,Germany
椿 1910 エッチング、手彩色 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
ハールレムの市庁舎 1911 エッチング、手彩色 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
マントを着たヤープ 1913 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
うつむく女 1913 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
ユリ 第3ステート(全5ステートのうち) 1916-17 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
髭に手をやる自画像 1917 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
エクスタシー 第3ステート(全5ステートのうち) ※右足前 1922 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
トーガを着た男 1923 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
サボテンと自画像 1926-29 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
エンゼルフィッシュ 1914 木版 個人蔵 Photo: Martin Wissen Photography,Borken,Germany
オニアオサギ 1915 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
シロフクロウ 1927 木版 個人蔵 Photo: Martin Wissen Photography,Borken,Germany
ブレスボック 1931 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
ファンタジー:さまざまな人々(黒い背景) 1921 ペン、水彩、紙 個人蔵 Photo: Martin Wissen Photography,Borken,Germany
幻想的なイマジネーション:さまざまな人々 1925頃 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts
『ウェンディンゲン』第5巻11・12号 [特集:建築家プロジェクト(ルトマン、ブラーウ、クロウェル)] 1923(1924刊) 表紙:木版 個人蔵 Photo: Martin Wissen Photography,Borken,Germany
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1
エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展  西宮市大谷記念美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868-1944)は、19世紀末から20世紀初頭のオランダで活躍した画家、版画家、デザイナーで、この時代のオランダにおける最も重要なグラフィック・アーティストの1人と言われます。彼は美術学校で多くの学生を指導、M.C.エッシャーは彼の教え子の1人でした。エッシャーはメスキータから大きな影響を受け、彼を生涯の師として敬愛して止みませんでした。
 
メスキータ作品の最大の特色は、木版画のシャープで簡潔な表現にあります。モダン・デザインの興隆を背景に、日本の浮世絵版画などの影響を取り入れた彼の木版画は、計算し尽くされた構図と、効果的に用いられた明暗のコントラストによって、見る者に強い印象を与えます。

また、多くの時間を費やして無意識的に描いたドローイングは、シュルレアリスムの自動筆記にも通じる自由な発想に満ちており、メスキータの別の一面を示しています。1944年1月31日、すでに70歳を越えていたメスキータに悲劇が襲います。

ユダヤ人であったメスキータは、家族もろともゲシュタポに逮捕され、アウシュヴィッツで亡くなりました。アトリエに残された膨大な作品の一部は、エッシャーや友人たちが決死の思いで救い出し、戦時中も命懸けで守り抜きます。メスキータの名が今日まで残ったのは、エッシャーをはじめとする人々が、戦後に展覧会を開催するなど、その顕彰に努めたからでもあったのです。

本展は2019年東京ステーションギャラリーにおいて日本で初めての回顧展として開催され、多くの人々に感銘を与えた展覧会の巡回展です。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年4月4日(土)〜2020年6月27日(土)
  • ※2020年4月4日(土)~2020年6月14日(日)を予定していた本展の会期は、上記に延長となりました。
会場 西宮市大谷記念美術館 Google Map
住所 兵庫県西宮市中浜町4-38
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 水曜日 
4月30日(木)、5月7月(木)
※ただし4月29日、5月6月は開館
観覧料 一般 1,000円(800円)
高大生 600円(400円)
小中生 400円(200円)
  • ※( )内は前売・20名以上の団体料金
    ※前売券はローソンLoppi(Lコード56453)で取り扱い、または西宮市大谷記念美術館受付にて販売(1/10~4/3販売)
    ※西宮市在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
    ※ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
    ※心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
    ※割引付ちらしご持参の方は一般1,000円を900円に割引(複製不可)
TEL0798-33-0164
URLhttp://otanimuseum.jp

西宮市大谷記念美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

西宮市大谷記念美術館 西宮市大谷記念美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

輪郭線でなく彫り方で形作られる、すごいぞメスキータ!

東京での展覧会の時から注目、巡回を待ちに待っていました。が・・・4月4日に始まりましたが、「緊急事態宣言」が出れば休館となってしまいそうです。自転車で桜の名所”夙川”をチャリチャリと下って行ってきました。「メスキータ」知る人ぞ知るなのでしょう。ほぼ展示室は独占状態でした。ドローイングやエッチングもありますが、モノクロの木版画の圧は凄い!輪郭線で形を表すのでなく、彫りの線の肥痩や彫刻刀の使い分けによって対象物がそこに存在していました。繰り返されるステートの展示で、版画の出来上がる段階もよくわかり、メスキータは何を省き、何を彫ったのかがよく見えてきます。描かれたドローイングの世界は摩訶不思議。対象物がモノクロで浮き上がり、単純化され、メタもフォーゼしていく?「だまし絵」だけでないエッシャーを観た時に感じたものと繋がり、エッシャーがメスキータを守ったことが伝わります。彼の最期がアウシュビッツであったことも悲しい歴史を私たちに迫ります。会期は6月まで必見の展覧会お見逃しなく。

THANKS!をクリックしたユーザー
yukiphonさん、クロキネコさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
兵庫県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

ヤープ・イェスルン・デ・メスキータの肖像 1922 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts

シマウマ 1918頃 木版 個人蔵 Photo: Martin Wissen Photography,Borken,Germany

ファンタジー:稲妻を見る二人 1914 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts

ワシミミズク 1915 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts

アルム 1919 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts

鹿 第4ステート(全10ステートのうち) 1925 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts

パイナップル 1928 木版 個人蔵 Photo: Martin Wissen Photography,Borken,Germany

椿 1910 エッチング、手彩色 個人蔵 Photo: J&M Zweerts

ハールレムの市庁舎 1911 エッチング、手彩色 個人蔵 Photo: J&M Zweerts

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE