EXHIBITION

特別陳列
重要文化財 法隆寺金堂壁画写真ガラス原板
―文化財写真の軌跡―

奈良国立博物館

  • 開催期間:2019年12月7日(土)〜2020年1月13日(月・祝)
  • クリップ数:2 件
  • 感想・評価:1 件
特別陳列 重要文化財 法隆寺金堂壁画写真ガラス原板 ―文化財写真の軌跡― 奈良国立博物館-1
重文 法隆寺金堂壁画写真ガラス原板 第六号壁 阿弥陀如来像(奈良・法隆寺)
特別陳列 重要文化財 法隆寺金堂壁画写真ガラス原板 ―文化財写真の軌跡― 奈良国立博物館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

焼損前の金堂壁画を昭和10年に撮影した写真ガラス原板を中心に、近代よりはじまった文化財写真の歴史をふりかえります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年12月7日(土)〜2020年1月13日(月・祝)
会場奈良国立博物館Google Map
住所 奈良県奈良市登大路町50番地
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※月曜日が休日の場合はその翌日。連休の場合は終了後の翌日
観覧料 一般 520円(410円)
大学生 260円(210円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
TEL050-5542-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://www.narahaku.go.jp/

奈良国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

奈良国立博物館 奈良国立博物館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

文化財を写真に残すということ。

メインは法隆寺金堂壁画写真ガラス原板ですが、それ以外にも貴重な写真や絵画が多数展示されています。
文化財を写真におさめることで、記録・保存することができ、
例えばそれらの写真が図録になることで、普段お目にかかることのできない秘仏などを私達が知ることができるのもありがたいことです。
同時開催の特集展示「新たに修理された文化財」と併せて、文化財修復や文化財保護について考える機会になり、
また、技術の進歩に伴う今後の展開に期待膨らむ展覧会でした。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
奈良県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE