美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展
―はにわもいっしょに古代のパレード―

岡田美術館

  • 開催期間:2019年10月5日(土)〜2020年3月29日(日)
  • クリップ数:5 件
  • 感想・評価:2 件
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-1
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-2
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-3
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-4
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-5
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-6
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-7
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-8
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-9
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-1
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-2
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-3
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-4
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-5
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-6
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-7
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-8
《特別展》DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 岡田美術館-9

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

本展は、岡田美術館では初めて「古代」に焦点を当てた特別展です。

力強さと繊細さを兼ね備えた造形美をもつ土器、愛らしい土偶や埴輪(はにわ)、威厳あふれる中国の青銅器など約80点を展示するとともに、中国との交流の中で発展したペルシア陶器を初公開します。

中でも、日本と中国の作品を並べて展示するコーナーは、幅広い東洋美術を収蔵する岡田美術館ならではの展示です。

縄文土器と青銅器、埴輪と俑(よう[中国の人形の副葬品])など、形や文様に注目しながら、違いや共通点を見比べることができます。

現代人である我々の想像をかきたて、好奇心をくすぐる不思議な魅力をそなえた古代のやきものを通じて、様々な「DOKI 土器!」に迫ります。

◆ みどころ
1.岡田美術館の土偶・はにわが勢ぞろい!岡田コレクションから未公開作品を含む名品が大集結

2.鑑賞のツボ=「文様」に注目!古代の人々が文様に込めた思いに迫ります

3..日本と中国の名品を見比べることができる貴重な機会!中国の美術品を多数収蔵している岡田美術館ならではの展示コーナー

◆常設展示
伊藤若冲など人気絵師たちの絵画も必見!
陶磁器もあわせて約400点を展示

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年10月5日(土)〜2020年3月29日(日)
会場岡田美術館Google Map
住所 神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
時間 9:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 12月31日(火)、1月1日(水)
観覧料 一般・大学生 2,800円(2,550円)
小中高生 1,800円(1,550円)
  • ※( )内は前売り料金。前売券(JTB レジャーチケット、チケットぴあ)は、主要コンビニエンスストア並びにチケットぴあにて販売
TEL0460-87-3931
URLhttps://www.okada-museum.com/

岡田美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

岡田美術館 岡田美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ 講演会
①縄文世界の土偶 -その多彩な造形と楽しみ方-
講演日:2019年12月1日(日)
講 師:原田 昌幸 氏
(文化庁 美術学芸課主任文化財調査官)

②土偶と埴輪の楽しさ
講演日:2020年3月14日(土)
講 師:小林 忠(岡田美術館 館長)
※いずれも 13:00~14:30/会場:5階ホール
定員:80名/参加費無料(要入館料)
【お申し込み方法】
直接美術館まで、電話にてお名前・人数・ご連絡先をお知らせください。定員に達し次第、応募は締め切りとなります。
TEL:0460-87-3931

◆ ギャラリートーク
◎小林館長によるギャラリートーク/13:30~
2019年10月17日(木)、11月7日(木)・21日(木)、
12月5日(木)・19日(木)
2020年1月3日(金)・15日(水)、
2月6日(木)・20日(木)、3月5日(木)・19日(木)
◎学芸員によるギャラリートーク/11:00~
2019年10月18日~2020年3月20日毎週金曜日開催
※いずれも申し込み不要/参加費無料(要入館料)

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

はにわの表情に癒されました

4

もっと早く行きたかったのですが、コロナ騒ぎで迷っているうち最終日になってしまいました。しかも、午前中から雪が降りだし、果たして箱根までたどりつけるのかとDOKI DOKI しながらの展覧会でした。
たどり着いた岡田美術館は、雪のためお庭は拝見できませんでしたが、自粛ムードの中人もまばらで、ゆっくり楽しみことができました。
ポップな黄色とピンクのパンフレットに、岡田美術館もちょっと雰囲気が変わったのかなと期待していたのですが、迎えてくれたのはいつもながらの荘厳な雰囲気でした。やっとたどりついた4Fの特別展も、ポップな雰囲気は全くなかったのですが、埴輪たちの笑顔(?)に癒されました。中国の俑はお墓の中に入れるために彩色も美しく丁寧に作られ、日本の埴輪はお墓の外に置くためにシンプルに作られたという解説に、納得しました。埴輪を描いた山口蓬春の「宴」なども展示されていて、興味深かったです。
岡田美術館だけの展示ではなく、ほかの美術館でも企画して、もっと多くの人に埴輪のかわいらしさを知ってほしいと思いました。

BY チムラビット

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

DOKI☆DOKI

4

岡田美術館、2019年度後期展覧会に行ってきました。

1~2階の中国、日本の陶磁は多少配置換えがある程度で出品作にあまり変わりなく
青磁、天目茶碗、仁清乾山を中心に楽しみました。

一番好きな3階は日本美術で曽我直庵、尾形光琳、下村観山など良いですね。
又兵衛みたいなスプラッタ表現の合戦図屏風が面白いです。
春画も良いものが出ています。

さて4階全体が今回のメイン土器になっています。
日本美術史の流れの中でスポット的に見てはいますが個人でこのコレクションはスゴイですね。
トーハク平成館東洋館のミニ版がひとつの美術館に収まっているかのようです。
でもまぁ次は普通に日本美術絵画を目一杯観たいところです。

小涌谷も結構冷えてきて足湯で温まりながら数時間楽しみました。
次は春かなぁ。

BY 黒豆

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
神奈川県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE