EXHIBITION

小村雪岱スタイル
江戸の粋から東京モダンヘ

岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)

  • 開催期間:2019年12月21日(土)〜2020年2月16日(日)
  • クリップ数:3 件
  • 感想・評価:1 件
小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)-1
小村雪岱《盃を持つ女》絹本着色 一幅 清水三年坂美術館蔵
小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

大正から昭和初期にかけて装憤、挿絵、舞台美術など多岐にわたるジャンルに新風を吹き込み、大衆を魅了した小村雪岱(1887-1940)。いまその再評価の機運が高まっています。

東京美術学校で下村観山に学び、卒業後に入社した国華社では古画の模写に従事しました。大正3年(1914)雪岱28歳の時、泉鏡花著『日本橋』の装幌を手掛け、その後、鏡花が言葉を紡ぎ、雪岱が意匠を与えることにより、多くの名作が生まれました。

人気装幀家として活躍するなか、日本画家として画壇へ作品を発表し、発足まもない資生堂の意匠部で商品や広告のデザインにも携わりました。

本展は江戸の粋を受け止め、東京のモダンを体現した「意匠の天才」である雪岱の作品を中心とし、その「江戸の粋」の系譜を生み出した鈴木春信、柴田是真、鏑木清方らの絵画や工芸作品、そして彼らの遺伝子を引き継ぐ現代作家の作品も併せて展示します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年12月21日(土)〜2020年2月16日(日)
会場 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO) Google Map
住所 岐阜県多治見市東町4-2-5(セラミックパークMINO内)
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
月曜が休日の場合は翌平日
年末年始(12月29日~1月3日)
観覧料 一般 900円(800円)
大学生 700円(600円)
高校生以下 無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
TEL0572-28-3100
URLhttp://www.cpm-gifu.jp/museum/

岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO) 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

2.0

清水三年坂美術館はええもんもってはるなぁ。

山下裕二先生の監修、山下先生押しの「小村雪岱」という事ではるばる出かけてきました。美濃焼の故郷でもあり、美術館にも興味津々。ところが中部地方にある美術館は基本公共交通機関で来ることが想定されていない。美術館も大きく改装中で全体像が見えず、山の上で寒い!!春とかに来ればいい眺めだったろうと思いました。展覧会のほとんどは私が足繁く通っている清水三年坂美術館さんの所蔵で、おぉ-ここまで来るほどの事はなかったかと。それにしても清水三年坂美術館さんええもん持ってはります。京博とセットでまた伺いたい。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん、かるび@主夫アートライターさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
岐阜県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE