美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」

国立民族学博物館

  • 開催期間:2019年8月29日(木)〜2019年11月26日(火)
  • クリップ数:2 件
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-1
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-2
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-3
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-4
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-5
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-6
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-7
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-8
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-9
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-10
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-11
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-12
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-13
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-14
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-1
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-2
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-3
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-4
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-5
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-6
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-7
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-8
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-9
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-10
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-11
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-12
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-13
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」 国立民族学博物館-14

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら▼

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

この展覧会には、世界各地の人々の想像の中に息づく生きものが展示されています。

人は、「あり得ない」生物や生理現象、物理現象(異常な音、光、モノの動き)にまれに出会ったとき、驚き・怪み・不思議・不気味を感じます。

馬には足が4本ある、投げたボールはいずれ落ちるといったような自然界の規則は、生物や物理現象に対する直観的理解として進化の過程で人間の脳の回路に配線済みであると言われていますが、生まれながらに備わっているこの自然理解からズレるものに出会ったときの混乱が、「びっくり!」、「怪しい…」なのです。

そして人は、その理解できない現象の原因を説明するために、霊、神/カミ、悪魔、妖怪などの、見えない力の存在を想定する精神メカニズムをも備えています。

しかし、人間の脳には限界があり、直接感知できない存在の姿は、知っている部品をなんとか駆使してイメージを思い描くしかありません。そこには、文化人類学者レヴィ・ストロースのいう「ブリコラージュ」(寄せ集め)の思考が見てとれます。

◆第一部:想像界の生物相
第一部「想像界の生物相」には、地球上の動物界、植物界、鉱物界に見出された素材をブリコラージュした多様な合成生物が並びます。ここでは想像界の「生態系」を水、天、地のセクションに分けていますが、例えば、水のセクションにいる人魚たちは、魚やアザラシなど、水に生きるヒレ動物と地上に生きる人間が組み合わさった合成獣です。また、中国や日本の龍は、水・天・地のすべてにまたがる、崇高なる存在です。つまり、想像界の生きものたちの多くは、境界領域に属する狭間(はざま)の不思議な生きもの(クリーチャー)たちなのです。

◆第二部:想像界の変相
第二部「想像界の変相」では、「聞く」、「見る」、「知る」、「創る」のセクションの順に、未知なる世界の驚異や常ならざる怪異が、どのように認識され、知識体系に整理され、創作のインスピレーションとなってきたのかを探ります。驚異や怪異が近代的理性の発展とともに、科学的に証明のできない「未確認生物」や「超常現象」として、ファンタジーやオカルトの域に閉じ込められてしまう以前には、不可知の世界があることを受け入れる謙虚さ、おおらかさをもった総合知がありました。人魚や河童はこの世のどこかにいるかもしれない、見たことがないからといって否定してはいけないという寛容な知の在り方には、われわれも学ぶべきところが多いように思います。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年8月29日(木)〜2019年11月26日(火)
会場国立民族学博物館 [MAP]
住所 大阪府吹田市千里万博公園10-1
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 水曜日 
観覧料 一般 880円(600円)
大学生 450円(250円)
高校生以下 無料
  • ※本館展示も観覧できます。
    ※期間中一部展示替えを行います。
    ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)
    ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程
    ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。
    ※大学生・一般の方は自然文化園(中央口、西口、北口)窓口で、観覧券を購入してください。同園内を無料で通行できます。
    ※高校生以下の方が自然文化園(有料区域)を通行される場合は、自然文化園(中央口、西口、北口)有人窓口で、みんぱくへ行くことを申し出ていただき、通行証をお受け取りください。
    ※東口からは、自然文化園(有料区域)を通行せずに来館できます。
    ※自然文化園(有料区域)をご利用になる場合は、要同園入園料
TEL06-6876-2151 (代表)
URLhttp://www.minpaku.ac.jp/

国立民族学博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立民族学博物館 国立民族学博物館

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様にご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトに感想・評価をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

※ご招待チケットのお申込みには、会員登録が必要です。ログインの上、ご応募ください。
新規登録はこちらから

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
大阪府で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE