美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華
ー大様式の形成と変容

東京富士美術館

  • 開催期間:2019年10月5日(土)〜2020年1月19日(日)
  • クリップ数:17 件
  • 感想・評価:3 件
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-1
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-2
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-3
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-4
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-5
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-6
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-7
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-8
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-9
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-10
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-1
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-2
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-3
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-4
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-5
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-6
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-7
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-8
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-9
ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容 東京富士美術館-10

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

本展では、ヴェルサイユ宮殿美術館やオルセー美術館、大英博物館、スコットランド・ナショナル・ギャラリーなど、フランス、イギリスを代表する20館以上の美術館の協力のもと、フランス絵画の最も偉大で華やかな3世紀、すなわち17世紀の古典主義から18世紀のロココ、19世紀の新古典主義、ロマン主義を経て、印象派誕生前夜にいたるまでの壮大なフランス絵画の流れをたどります。

ヨーロッパ絵画の規範の確立と絵画芸術の自律的な確信をもたらした不断の芸術思潮とその源流を回顧します。

また、東京富士美術館では、開館以来、フランス絵画の収集に力を注ぎ、17世紀から19世紀の重要なコレクションを形成してきました。本展ではそれらの代表作も出品します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年10月5日(土)〜2020年1月19日(日)
会場東京富士美術館:本館・企画展示室1~4Google Map
住所 東京都八王子市谷野町492-1 [MAP]
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※祝日の場合は開館。翌日火曜日が振替休館
観覧料 大人 1,300円(1,000円)
大高生 800円(700円)
中小生 400円(300円)
未就学児 無料
  • ※新館常設展示室も観覧できます
    ※土曜日は中小生無料
    ※( )内は各種割引料金[20名以上の団体・65歳以上の方・東京富士美術館メルマガ登録者ほか]
    ※障がい児者、付添者1名は半額。証明書を要提示
    ※誕生日当日に来館の方は本人のみ無料。証明書を要提示(休館日の場合は適用できません)
TEL042-691-4511
URLhttp://www.fujibi.or.jp/

東京富士美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京富士美術館 東京富士美術館

感想・評価REVIEWS

「ルネ·ユイグのまなざし」って?

4

1月16日、13時頃到着。
今週で終了だからか、平日なのに結構混んでた。

とりあえず、サッと見て常設展へ移動。

約30,000点のコレクションから、81点を展示。
ルブランの「マリー・アントワネット」も見られる。

「時代を拓いた女性フォトグラファー」展と、
「マネ 銅版画作品 ポートフィリオ」展も開催。
マネの珍しいエッチング。「オランピア」があった。

疲れたら、ラウンジで無料コーヒで休憩。
お土産コーナーやビデオコーナーで気分転換。

本腰を入れて、もう一度企画展へ。

ところで、タイトルの「ルネ·ユイグ」って?

世界的な美術史家で、第二次世界大戦中、ルーヴル美術館の絵画部長として《モナ・リザ》をナチスから守った人物。そして、東京富士美術館創立者、池田大作氏とも深い関係があったらしい。

フランス絵画の歴史だけではなく、
いろいろ勉強になった。

BY シンディ

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

フランス絵画もなかなかです。

4

こちらの美術館は、特別に話題の企画展でない限り、平日ならたいていゆっくり見ることが出来、常設展もなかなか内容があります。アクセスが悪いのが玉に瑕ですが。今回の企画展も、こちらの美術館さんのコレクションが中心の様でしたが、この時代(17世紀から19世紀)のフランス絵画の大規模展覧会はちょっと珍しいですよね。当時は田舎、のフランスで多くの画家たちが、芸術先進イタリアに負けじと、フランス絵画の確立に力を注いだ変遷がわかり、なかなか面白かったです。作品が大きいものが多く、会期末でたとえ混雑しても、十分にゆっくり見ることが出来る筈です。フランソワ・コルソン「休息」、ルブランの「ポリニャック夫人」はやはり美しかったですね。他、気に入りはアンブロワーズ・デュボワ「フローラ」やラ・トゥールの「煙草を吸う男」。これを見るといつもルーヴルの「大工聖ヨセフ」を思い出します。ごめんなさい、もうすぐ会期末ですが、寒い日でも暖かな美術館でゆっくりしてみられてはいかがでしょうか。こちらの美術館は、休憩室では無料のコーヒー紅茶も飲めて、ショップのグッズもバラエティーに富みなかなかです。

BY ぷーりっちゅ

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

細かな筆致

4

日曜日の日中に訪問。それなりに人は多いですが、1点が大きく、キャプションの文字も大きめでそれほど気になりません。やや専門的な観点のもので、あまり一つの作品にじっくり見入る人が多くないのでスムーズです。様式ごとに章が形成され、出品リストによると東京には展示されないものもあるようでした。どれも写真のような精密な筆致で生き生きと表現されています。撮影可能な場所に3点ほど絵画があり、特にポリニャック公爵夫人は大変美しいです。休憩場所もあり、常設展も充実しているのでじっくり時間をかけて鑑賞したいです。

BY setagayaart23

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都八王子市で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE