美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展

静嘉堂文庫美術館

  • 開催期間:2020年1月18日(土)〜2020年3月15日(日)
  • クリップ数:11 件
  • 感想・評価:3 件
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-1
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-2
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-3
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-4
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-5
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-6
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-7
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-8
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-9
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-10
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-1
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-2
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-3
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-4
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-5
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-6
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-7
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-8
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-9
―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展 静嘉堂文庫美術館-10

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

中国宋代(960~1279)の陶磁器は「宋磁(そうじ)」と称され、中国の工芸文化のひとつのピークを示すものとして世界的に 評価されています。

2020年は、近代における宋磁蒐集の契機となった北宋の町「鉅鹿(きょろく)」遺跡と磁州窯の陶器の再発見からおよそ100年にあたります。

磁州窯は河北省南部に位置し、五代(10世紀)以降現代まで日用の器物を大量に生産した民窯です。白化粧や黒釉 の技法を基本に、独特の「掻落し」と呼ばれる彫刻的な文様表現、鉄絵や紅緑彩(赤絵)、三彩や翡翠釉などを用い た多種多彩で装飾性豊かな陶器を生み出しました。

また同様の製品を焼造する生産地は、河南・山西・山東・安徽・ 陝西といった華北地域一帯に広がり、またその技術は国境を越えて契丹族の遼(916~1125)やタングート族の西夏 (1038~1227)にまで伝わっていきました。

本展ではまとまって公開されることの少なかった館蔵の磁州窯とその周辺の陶磁器(磁州窯系陶器)を紹介します。 あわせて国宝「曜変天目(稲葉天目)」をはじめとする宋磁の名品を展示します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年1月18日(土)〜2020年3月15日(日)
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、当面の間、休館となります。詳細は、公式サイトにてご確認ください。
会場静嘉堂文庫美術館Google Map
住所 東京都世田谷区岡本2-23-1
時間 10:00〜16:30(最終入場時間 16:00)
休館日 月曜日 
2月25日(火)
※ただし、2月24日は開館
観覧料 一般 1,000円
大高生および障害者手帳をお持ちの方(同伴者1名含む)700円
中学生以下 無料
  • ※20名以上の団体は200円割引
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)
URLhttp://www.seikado.or.jp/

静嘉堂文庫美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

静嘉堂文庫美術館 静嘉堂文庫美術館

感想・評価REVIEWS

渋いが華やかな焼き物

4

黒と白のコントラストが美しい作品展。モノトーンなので色味自体は渋いが、その文様は牡丹や虎など華やか。どうでもいいが、焼き物の枕って寝心地がどうなのかとても気になる。

BY Toshino

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

稲葉天目見られます

3

こちらの国宝曜変天目は常設並に展示されていますね。
空いていますので曜変も油滴もじっくり鑑賞出来ます。
所狭しと作品が展示されていてキャプションも丁寧でした。

BY 黒豆

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

磁州窯の素敵さを再認識!!

5

いままで青磁・白磁くらいざっくりとした知識しかなかったのですが、今回の展示では宋時代の磁器、特に民間窯で作られていて生活に密着していた者たち焦点が当てられています。
今回発掘された鉅鹿というものも、初めてその歴史を聞いたのですが、泥に埋もれていたとで出来上がった美しさやすばらしさを実感することができました。
高級な観賞用ではない、生活の中で作られてきた面白い作品が多く、とても身近に感じることができて面白いです。
他の博物館でもここまで磁州窯としてあつまっての展覧会はめったにないとか!!必見です。
今回の展覧会のために、新作の手ぬぐいも発売されています!!ぜひぜひ!!

BY sasaneko0211

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE