EXHIBITION

特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」

東京国立博物館

  • 開催期間:2016年6月21日(火)〜2016年9月19日(月・祝)
  • クリップ数:11 件
  • 感想・評価:5 件
特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 東京国立博物館-1
特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 東京国立博物館-2
特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 東京国立博物館-3
特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 東京国立博物館-4
特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 東京国立博物館-5
漁夫のフレスコ画 前17世紀 テラ先史博物館蔵 ©The Hellenic Ministry of Culture and Sports-Archaeological Receipts Fund
アルテミス像 前100年頃 アテネ国立考古学博物館蔵 ©The Hellenic Ministry of Culture and Sports-Archaeological Receipts Fund
牛頭形リュトン 前1450年頃 イラクリオン考古学博物館蔵 ©The Hellenic Ministry of Culture and Sports-Archaeological Receipts Fund
ギンバイカの金冠 前4世紀末期 テッサロニキ考古学博物館蔵 ©The Hellenic Ministry of Culture and Sports-Archaeological Receipts Fund
赤像式パナテナイア小型アンフォラ ボクシング 前500年頃 アテネ国立考古学博物館蔵 ©The Hellenic Ministry of Culture and Sports-Archaeological Receipts Fund
特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 東京国立博物館-1
特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 東京国立博物館-1
特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 東京国立博物館-1
特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 東京国立博物館-1
特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 東京国立博物館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ギリシャの彫刻、フレスコ画、金製品などを展示します。新石器時代からヘレニズム時代までの各時代、キュクラデス諸島、クレタ島ほかエーゲ海の島々や、アテネ、スパルタ、マケドニアなど、ギリシャ各地に花開いた美術を訪ねる旅に出発しましょう。ギリシャ本国の作品のみによるものとしては、日本初の大規模なギリシャ美術展です。

エーゲ海諸文明からギリシャ本土のアルカイック期、クラシック期、アレクサンドロス大王のマケドニア、そしてヘレニズム時代まで、「時空を超えた旅」と見立て、古代ギリシャの歴史を約300件の作品で紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年6月21日(火)〜2016年9月19日(月・祝)
会場 東京国立博物館 Google Map
住所 東京都台東区上野公園13-9
時間 9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • ※土日・祝日は18:00(最終入場時間17:30)まで。金曜日および7、8月の水曜日は20:00(最終入場時間19:30)まで。入館は閉館の30分前まで。
休館日 月曜日 
※ただし7月18日(月・祝)、8月15日(月)、9月19日(月・祝)は開館。7月19日(火)は休館。
観覧料 ※未定。決まり次第お知らせいたします。
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://www.greece2016-17.jp/

東京国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京国立博物館 東京国立博物館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

島々を巡る旅

ギリシャ文明を島をたどる形式で構成されておりまるで旅をしながら
作品にふれているようでした
リオも終わりましたがオノンピックの原点を鑑賞でき、また感動もよみがえりました

5.0

物凄い量

夜間開館に行ったので、空いていましたが、先史時代から、アレキサンダー大王の遠征まで、膨大な歴史を、膨大な量の作品で辿ります。何故か、映像コーナーが、順路の最後の方にありました。

3.0

ギリシャの神髄を見た

2016年8月某日、とても暑い日だった。
上野に出向き、東京国立博物館に行き展示を観に行ったのである。
ギリシャの美術はとても美しものばかりであった。

4.0

ギリシャ文化の壮大さを感じた

エーゲ海のサントリーニ島は、紺碧の海と白い建物で有名な島だが、3600年も前にこんなに優れた文明が発達していたとは驚きだった。ポスターの「漁夫のフレスコ画」は、そのサントリーニ島で発掘されたものだそうだ。色や構図の美しさには目を見張るものがあり、海の豊かさをも伝えている。他にも、大理石の彫刻、古代オリンピックにまつわる遺物、そしてマケドニアの黄金など、素晴らしいものが数多く展示されている。かなり見応えがある特別展だ。

3.0

良かったです

最盛期以前の美術品は以外と見る機会がなかったので良かったです。硬貨や金細工などの小さな美術品も多いのでお早目の訪問を!

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都台東区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE